スライスを治すなら、吉本巧の改善率99.97%の理論『ドローボール・マスタープログラム』

など、短期間でスライスが改善し、飛距離アップする人が続出しています…!


実際に60分のレッスンで、スライスを改善し、
飛距離アップした方の感想です。

はじめて30分で、
スライスは完全になくなりました。

友利様


約7ヶ月前に、吉本コーチのレッスンを初めて受けました。 それまでは近所のスクールでレッスンを受けていましたが、あまり効果が出なかったのでやめました。 そんな中、インターネットでゴルフレッスンを検索したら、吉本コーチに辿りつきました。

吉本プロの理論は、今までのゴルフ理論とは違って非常にわかりやすく、エクササイズも簡単で、体も無理なく動かせました。毎回のレッスンごとに、スイングをビデオで撮影するので、自分のスイングがよくなってきているのがわかりました。 初回のレッスンは60分でしたが、30分を過ぎた頃には、スライスは完全になくなりました。

そして、今まで治せなかった「トップからダウンスイングの切返しの変な動き」もなくなり、スイングがよりスムーズになりました。

それまで私のドライバーの平均飛距離は220yぐらいでした。飛んでも240yだったのですが、レッスン後のコンペでは、300y近く飛んで、ドラコンを獲得しました。そのホールでは「イーグル」も取りました!

いつも、ティーグラウンドに立つと「またスライスが出たらどうしよう」と思っていたのですが、もうその心配もなくなりました。ティーショットに自信がつき、セカンドショットもフェアウェイから打てるようになりました。

なんといってもスイングが良くなったことで、アイアンショットで「ターフ」も取れるようになりました。ダフリと違って、ターフが取れるとプロになった気分になり、取れたターフを戻すのもうれしいものです!

次の目標は、飛距離のばらつきをなくして、毎ショット280y飛ばせるようにしたいです。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

ゴルフスクールの代表達も
この「吉本理論」を絶賛しています!

引掛けで安定しなかったショットが解決!
ターフも取れるようになり飛距離もアップ!

STEPBYSTEPゴルフスクール代表
金岡和彦 様


私は極度の引掛けにとても悩まされていました。いわゆるチーピンでとにかくショットが安定しませんでした。そこを修正して頂いたのが吉本さんです。それからは、どれだけ頑張っても取れなかったターフが取れるようになりそして飛距離もかなり伸びました。

今現在こうしてゴルフコーチをさせて頂いておりますが吉本コーチから教えていただいた「吉本理論」を元にレッスンさせていただいております。今現在、私がゴルフコーチとして皆様の上達のお手伝いができているのも吉本コーチに出会い教えて頂けたからです。本当に感謝しております。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

世の中には断片的な理論が沢山あり混乱を招くが、吉本理論はそれによる悩みを払拭できる

JIN・ゴルフスクール代表
水野善仁 様


現在、世の中にはゴルフ雑誌だけでなくyoutube等ネットでも様々なゴルフ理論を見聞きする事が出来ます。「腕の三角形キープして振りなさい」「両脇を絞めてを振る」「体重移動をしっかりしよう」など断片的な理論が沢山のメディアに紹介されアマチュアの皆様に誤解を与えてしまっています。

情報に流され「本当は何が正しいのか」と悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。吉本理論は、それらの悩みを払拭し今まで自分で悩んで出せなかった答えも、この教材で正しく分かりやすく導いてくれます。この教材をもとに、一人でも多くの悩んでいるアマチュアの皆様が、遠回りをし時間を無駄にする事無くゴルフが上達するのを願ってやみません。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。


もし、あなたが以下のようにお悩みであれば…

スクールに通っても、一向にスライスが治らない
今までフェードと思っていたが、実はただのスライスだった
ドライバーの弾道が低い
ボールの上っ面を叩き、チョロが出る
真っ直ぐ飛んでも、テンプラで飛距離がまったく出ない

ぜひ、このページを読み進めてみてください。きっと現状から脱却できると思います。

なぜならこのページの中で、スライスからの悩みを一気に解消する、スライス改善率99.97%の実績の「吉本理論」をお伝えするからです!


スライス改善スペシャリスト 吉本 巧の実績No.1
「スライス改善理論」とは?


プロ・アマ問わずのべ24,100人のゴルファーを
上達へと導いた『スライス改善のスペシャリスト』

吉本 巧(よしもと たくみ) 

元ジュニア選手(世界ジュニアマスターズ4位入賞)
元プロゴルファー(米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63)
現プロゴルフコーチ、99ゴルフスクール 代表


11年間、アメリカで最新のゴルフ理論を学び、独自メソッド「吉本理論」を構築。

その理論により累計のべ24,100人以上のゴルファーをゴルフ上達・スライス改善に導き、特にスライス改善率99.97%の実績を持つことから『スライス改善のスペシャリスト』と呼ばれる。

>ゴルファーとして…

かつてプロゴルファーを目指し、14歳からゴルフ修行のために単身渡米。その後11年間、アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手といった選手実績を積み重ね、プロコーチも経験する。

アメリカ滞在中は、世界中のツアープロ選手が所属する名門『ブルーミングデイル・ゴルフクラブ』に所属。そこでアメリカPGAツアーを4勝したマイケル・ブラッドリー選手の父であり、多くのPGAツアー選手を育てた『PGA終生会員、ジョン・ブラッドリー氏』に師事、最先端のゴルフ理論を学ぶ。

ジュニア選手時代は、宮里優作選手や貞方章男選手らとともに日本代表に選出され、アメリカでもフロリダ州代表に選抜される。1998年アメリカニューヨーク州で開催された世界ジュニアマスターズでは日本代表として出場、4位入賞と確かな実績を残した。プロゴルファー転向後はアメリカのミニツアーに参戦し通算3勝、ベストスコア63を記録。

>コーチとして…

帰国後、日本のゴルフレッスンがアメリカよりも遥かに遅れていることに愕然とし、正しいゴルフレッスンを広めるべく、『99ゴルフスクール』を設立。選手からコーチへ専念し、日米20年の経験から「吉本理論」を遂に完成させる。

体系立てられた「吉本理論」に基づいて、これまでプロ選手・アマチュア選手への技術指導だけでなく、フィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチ、クラブフィッティングアドバイザーとして、ゴルファーを総合的に指導。日米を通してのべ24,100名以上のゴルファーを上達に導くなど、確固たる評価を得てきた。

その合理的で再現性の高いレッスンが各方面から評価され、テレビから雑誌まで数多くのメディアから取材が殺到するなど、今、最も注目を集めるプロコーチ。





180分でスライス改善!
4時間で飛距離80yアップ!

N.N様(山形県 男性)


「5年でドライバーを10本以上買い替えても治らなかったのに、アドレスを変えただけで1日で克服できました」

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

1日で、スライス克服!
飛距離170y200y

Y.K様(東京都 女性)


「70歳の知人に、このやり方を2時間教えただけで、スライス球が治って、飛距離も190yから230yまで飛ぶようになった!」

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

120分でスライス改善!
180分で自己ベスト10打減!

鈴木健一様(東京都 男性)


「14年目にして初めて、スライスせずに打球が飛んだ時は、相当感動しました!」

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

180分で弱いスライスを克服!
更に飛距離220y→270y

久保田敬様(神奈川県 50代 男性)


「このスイングは風に強いしランも出る!打ち方もまるでプロのような動きになり、驚かされます。」

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

もしあなたが、スライスを本気で
治したいと思うなら、今やっている
練習は一旦脇に置いて、
この手紙の続きを読んでください…

まず、あなたにお伝えしたいことがあります。

それは、スライスが治らない原因は、
決してあなたの努力不足ではないということです。


何度打ってもスライス、思うように飛距離が出ない、たまにチーピンやチョロのミスショットを打つ問題はいろいろあると思います。

結論から申し上げますと、これらの原因のほとんどは これまで「常識」と言われてきた、既存のゴルフ理論にあります!

これまでのゴルフ理論が、すべて間違っていると言っているのではありません。

アマチュアの方がゴルフを始める時、ほとんどの人が会社の上司や知人から手ほどきを受け、ある程度打てるようになると、今度は、ゴルフ雑誌(今はyoutubeでしょうか?)などから情報を得ているでしょう。

その中には不要な理論が多く、気づかないうちにドツボにはまり、スライス地獄で飛距離が落ち、さらにセカンドショットもうまく打てず、スコアの停滞につながっているのです。


事実:私のレッスンを受けられた人には、
ゴルフ歴が浅いゴルファーの方もたくさんいますが、
短期間でスライスが改善され飛距離がアップしています。

「初心者でスライス改善?どう考えてもありえない…」
「たまたまいい結果がでたのを、大げさに言っているだけだろう?」
「元々、運動神経が良かったからできたんじゃないの…」

あなたは、このように思われているかもしれません。

しかし、決して彼らが持って生まれた特別な才能に恵まれていたのではありません。 はたまた懸命な努力をしたわけでもありません。 もちろん、お金をかけてゴルフ留学に行ったわけでもありません。

普通のサラリーマンのゴルファーと同じです。
週1の打ちっ放し、月1のラウンドという方々がほとんどです。

ではなぜ、彼らは、これまでの常識では考えられない圧倒的なスピードで、スライスを改善し、飛距離が伸びるようになったのか?

これから、その秘密を公開します…


あなたは、こんなゴルフ理論を
やり続けていませんか?

バックスイング始動の時、クラブヘッドをまっすぐ引く
バックスイングでは、顎の下に左肩を入れる
ダウンスイングの時、右肘を落として、脇をしめる
インパクトの時、手首を返さない
振り遅れないように腕を振る

などなど、、、挙げるとキリがないですが、もし、あなたがこれらの「昔のゴルフ理論」をいまでも実践しているのなら、スライスが治らないのは当然の結果です!

これらすべて、スライスを改善するにはまったく必要はありません!

「インパクトはアドレスの再現!」
まったくの間違いです

このほかにも「常識」とされている理論が、逆にスライスを助長している例はたくさんあります。

一つ例をあげてご説明します。

あなたは、スイングをするとき「インパクトはアドレスの再現!」と聞いたことありませんか? しかし、この打ち方はまったくの間違いです。すべて忘れてください。

この打ち方をすると、腰と肩の回転の妨げになり、手打ちのスイングになります。 そうなると、スライスやフック、チーピン、チョロ、テンプラが出やすくなり、最悪シャンクも出るでしょう。

こういう理論を鵜呑みにすると、自分でも気づかないほどに負のスパイラルにはまり、スイングが崩れイップスが始まります。

なぜ、ドライバーでスライスばかりの
42歳のゴルファーが、
たった60分のレッスンでスライスが改善したのか…?

私が実際にレッスンをした、ゴルフ歴22年のゴルファーの話です!

彼はとてもゴルフが好きで、私のレッスンを受けるまでに、ゴルフスクールに通ったり、クラブも買い換えたり、ゴルフ雑誌も定期購読し、DVD、練習器具もいくつか買っていました。

彼の平均スコアは95前後。ドライバーの飛距離は240y、持ち球はスライスでした。

彼が私のレッスンを受けに来た理由は、「スライスを治したい」「もっと遠くに飛ばしたい」というものでした。

彼にはいつものスイングをしてもらいました。

彼のスイングは、インパクトでアドレスの再現をするスイングでした。 このスイングでは、腰と肩の回転の妨げになるので、回転の不足した手打ちのスイングになります。

そうなるとスイング軌道もバラバラになるので、スライスのほか、フックやチーピン、トップ、ダフリなども出ます。


飛距離が60ヤードも伸びるなんて…!

そこで、彼の手打ちスイングを治すために「腰と肩をできるだけ回すように」と指導しました。

たったそれだけです。

その結果、「腰と肩」がレッスン前よりスムーズに回るようになり、彼は見違えるほどのスイングになりました。

次のラウンドでは300y近く飛ばし、アイアンショットでもターフが取れるようになったのです。

彼は、前述した「昔のゴルフ理論」を実直に守っていたせいで、スライスばかりが出ていたのです。もしかしたら、あなたのスライスもこれが原因かもしれません…

このように、「スライスを治したい」「飛距離を伸ばしたい」「スコアの停滞を打破したい」と悩んでいる方を短期間で目標達成させる方法が、私、吉本巧の実績No.1の「スライス改善理論」です!


のべ24,100人以上が効果を実感した
「飛距離アップ」、「スコアアップ」に
つながるスライス改善理論とは…


今、お話しした彼のようにすぐに上達する方は、決して珍しくありません。

もちろん、正しいスイングで練習すれば、あなたもすぐにスライスを克服できます。
これから、ゴルフ歴の浅い初心者ゴルファーやゴルフ歴の長いベテランゴルファーが、
短期間でスライスを改善するための「スライス克服メソッド」をあなたにもお伝えします。

私の理論は、とてもシンプルで簡単です。
スライスを改善する方法はたった1つ!

それは…


ズバリ、『ドローボール』を打つことです!!

ボールにドロー回転をかけること。
ドローボールを打つことこそが、スライスを根本から治してくれます!

「ドローボールを打とうとするとフックやチーピンになるからイヤなんだよ!」
「だから、スライスの曲がりを抑えたフェードボールの方が安心できるんだ!」


その気持ちはよくわかります。 でも、カット軌道のスライス系の球ばかり打っていると、
ここ一番で「シャンク」
が出ます。
シャンクが出ると、ゴルフやめたくなりますよね。

私の理論では、アマチュアの方でも、簡単に、いつでもドローボールが打てます。



アマチュアでも簡単に打てる ドローボールとは…?

簡単といっても

・インサイドアウトに振る
・インパクトの時に手首をこねる
・グリップをストロンググリップにする

そんなものではありません。

しかし、こういった要素があることは否定しません。ドロー回転をかけるわけですから、当然こういったテクニックが要求されます。ただし、手首をこねるやり方は、手先で回転をかけようとする、文字通り「小手先」の打ち方です。

小手先に頼らないで ドローボールを打つ方法とは…?

「小手先」で打つと、ドロー回転がかからずそのまま右にプッシュしたり、スライスしたり、その逆にドロー回転がかかりすぎるとフックやチーピンになってしまい、コントロールが定まらない不安定なギャンブル的なショットになってしまいます。

ドローボールを安定して打つには、手首をこねる打ち方ではなく、「幹となる身体を使った」打ち方になります。身体を使った打ち方で打ったドローボールは、限りなくストレートに近い理想的なドローボールになります。

タイガーウッズ、石川遼など8割のプロが選んだ ”持ち球”は、ドローボール!!

今、ゴルフツアーのトレンドは「限りなくストレートに近いドローボール」です! プロが選んだドローボールとは、ストレートに飛んで、落下する時に”スッー”と左に落ちる球筋です。 ここ一番のときに、狙った弾道で狙った場所にボールを運べます!

男子ツアーの石川遼選手、女子ツアーのイ・ボミ選手、PGAツアーのタイガー・ウッズ選手やマキロイ選手、松山英樹選手といったスター選手たちの持ち球は、すべてこの「ドローボール」です。

私のスライス改善法を実践された方から
たくさんのお声を頂いています!

120分で芯で打てない弱いスライス球からドローボールに!7番アイアンで180ヤード超えの初めて見る当たりが出ました!

T.T様(大阪府 30代 男性)


打ちっ放しに行って復習してたんだが、飛距離が伸びてる!!打球も初めて見る当 たりが出てました!!

(別日にて)今日もラウンドしてました。

飛距離がヤバイくらい伸びてます。今のクラブでピッチングで135ヤードくらいは 飛んでました。9アイアンは150ヤードです。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

わずか60分で弱いスライス球からドローボールに!半年でコンペでハーフ35、ベスグロゲット!

N.I様(神奈川県 50代 男性 CHIGASAKI SURF & TURF 代表幹事)


ゴルフ歴25年 平均スコア85 ベストスコア72

的確な指導をしていただけるので素直、かつ客観的にイメージでき、分かりやすい ですね。また、従来の理論とは違い欧米の最新メソッドを体験できるので、毎回新 しい発見があり楽しいです。

おかげでショットが安定しコンペでハーフ35!ベスグロゲット!

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

なんと何回打っても7番アイアンで170ヤード超え!のドローボール!

T.H様(千葉県 男性)


ゴルフ歴約20年。平均スコア100。

弾道測定器で計測するとこれまで150ヤード前後だった飛距離が、先日久しぶりに 計測すると、なんと何回打っても7番アイアン170ヤード超え!のドローボール!

思わすクラブを間違ったかと疑ってしまうも間違いなくいつもの7番アイアン。成果 を実感できた瞬間でした。

吉本コーチの指導は、どのポイントもどのレッスン書にも書かれていない独自のや り方、表現で私にとっては一つひとつとても的を得た貴重なアドバイスになってい ます。

時にはこれまで考えていたことと全く逆のことを言われて半信半疑で試してみるこ ともありますが、言われたとおりやってスイングを見てみると「あら、不思議!」 見違えるようなカッコスイングに変身しているのです。

今の自分にとって最適なアドバイスがいただけ変化が視覚で実感できるので毎回と ても楽しみになっています。

※個人の感想であり、効果には個人差があります。

冒頭でもお伝えしましたが、スライス改善率99.97%…つまり、裏を返せば、私の指導によるドローボールの習得率は99.97%になります。

なぜ、ここまで高い習得率を実現できるのか?その理由は、、、

「スライスが治らないのなら、死んでしまえ!」
そんな常軌を逸した場所だからこそ
完成した再現性の高い習得法だからです

「スライスが治らないのなら、死んでしまえ」

あなたは、このようなことを言われる場所があるのをご存知でしょうか。

これは、ジュニア時代にアメリカで選手としてゴルフを学んでいた時に、同い年の仲間達から吐き捨てるように言われた言葉です。プロになるために日本を離れ、一人孤独に練習に明け暮れていた私にとって、この言葉は今でも忘れられません。

これまで自己流を貫き通してきた私も、悔しくて、専門書・ビデオ・レッスンなど、あらゆる方法でスライス改善を試みました。しかし一向にスライスは治りませんでした。ストレートボールを覚えても、一定の確率でスライスしてしまいますし、やはりどうしても飛距離が出ませんでした(当時は180yが限界でした)。

そんな試行錯誤の日々の中で、ある真実に気付いたのです。



「変化をかけてあげれば、
そもそもスライスで悩まずに済むのでは…?」

それからというもの、ドロー回転を研究し続け、ついに

【限りなくストレートに近い変化をするドローボール】

を習得しました。一流のプロゴルファーのようにインパクト音が心地よく響き、狙い通りの方向へ280yも伸びていく、そんな “理想のボール”を手に入れたのです。

それ以来、スライスばかりだったのがまるで嘘のようにスコアを上げ続け、ジュニアマスターズでは世界4位に輝きました。更にその後、このドローの習得法をアメリカ・日本でのレッスンでそのまま行ったところ、これまでのべ24,100人以上の方々を、スライス改善・飛距離UP・スコアUPに導くことができました。



このドローボール習得法は、
初心者でも簡単に習得できるプログラムです!

もしかしたら、あなたは、私が苦労して身につけたこの習得法は、私に特別な才能が元々あったからと思っているかもしれません。

それは全く違います。

渡米したころ、私の平均スコアは「160」、ドライバーの平均飛距離は「180y」、持ち球はスライス。

パワーのある300yを軽々と飛ばすアメリカの選手の中で生き残るためには、何が何でも「ドローボール」を打って飛距離をアップさせる必要があったのです。

そんな中で、このドローボール習得法を身につけたのです。

ということは、私が身につけた習得法を、プログラムのとおり1から練習すれば、あなたにドローボールが打てないはずはないと思いませんか?

今回、あなたに公開するのは、そんなドラマと上達実績のあるドローボールの習得法です。この習得法は、実際に映像で解説しなければわからないため、今回そのすべてをプログラムとしてまとめました。

それでは、いよいよそのプログラムの内容について、詳しくお伝えいたします。


DISC1(36分23秒)

>Lesson1
座学・基礎知識編

・ドローボールの基礎知識
・スライス球になるメカニズム
・スライス球の傾向と対策

…など

DISC2(41分11秒)

>Lesson2
アドレス バックスイング編

・アドレスの3つのポイント、注意点
・バックスイングのポイント、注意点

…など

DISC3(64分54秒)

>Lesson3
ダウンスイング編

・ダウンスイングの始動と注意点
・腰の動き(移動・回転)
・始動後の右足について

…など

DISC4(35分09秒)

>Lesson4
インパクト フォロースルー編

・インパクトでの手首のねじり方
・フォロースルー&フィニッシュ

…など

DISC5(38分44秒)

>Lesson5
練習ドリル編①

・インパクトの腕と手首の解説
・グリップアップドリル
・インパクトドリル

…など

DISC6(19分36秒)

>Lesson6
練習ドリル②編

・インパクトイメージ・ドリル
・球筋の調整方法

…など


…など、のべ24,100人以上のゴルファーをスライス改善・スコアUPに導いてきた
効果実証済みの『ドローボール習得プログラム』を、
約4時間にわたって公開しています。

今回あなたに公開するのは、これだけではありません。

さらに、習得したドローボールを活かすプロ直伝のコースマネジメント術も公開します

「ドローを覚えたのはいいけど、ドローボールでラウンドしたことないからどうやって攻めよう」

もしかしたら、このような疑問を持たれたかもしれませんが、そこはご安心ください。『打ち方だけ教えて終わり』という中途半端なことは決してしません。

本プログラムでは、多数のプロゴルファーを指導してきた私が、ドローボールを100%有効活用するために欠かせない『コースマネジメントの方法』もお伝えします。

・狙い通りの場所にボールを運ぶための『ティーグランドの使い方』
・ドロー特有の『スイートスポットの使い方』
・ドローボールの特性を活かしたコースの『攻め方』


といった要素についてしっかり解説していますので、ぜひご覧いただき、ドローボールを有効に活用してください。


本プログラムの価格について

それではここで、スライス克服のための最新教材『ドローボール・マスタープログラム』の料金についてお伝えします。

私がコーチとして指導する際は、入会金100,000円に加え、通常60分のレッスンにつき、10,000円のレッスン代を頂いています。本教材は3時間55分57秒の収録時間となっていますので、通常の入会金・レッスン代金にならうと、今回の内容を知るためには、137,500円の金額が必要となります。

そのため当初はこの金額でのご提供を考えていましたが、「DVDの価格に入会金まで含めてしまうとなかなか手が届きにくい」という意見も実際にありましたので、本DVDの価格は、入会金100,000円分をそのまま差し引いた37,500円(税込40,500円)とさせていただきます。

ただし…


1つだけ約束してくれるのならば
あなただけに特別なご案内をいたします

「スライスが治らないのなら、死んでしまえ」

先程お伝えしたこの経験から、私はスライスの悔しさ・辛さについては誰よりも理解しているつもりでいます。ですので、スライスについて本気で悩まれているのであれば、ぜひ真っ先にこの教材を試してみて欲しいのです。

そこで、もし1つだけ約束して頂けるのであれば、あなたに特別なご案内をさせて頂きたいと思います。 決して難しい約束ではありません。それは…

「必ずこの教材の内容を継続して実践する」という約束です。

ご存知の通り、ゴルフをやっていれば誰もが、スライスという不安を抱えていますし、『ドライバーで飛距離を出す』という夢を持っています。 そして、この教材をしっかりと実践すれば、成果が出る確率は非常に高いです。それは私のレッスン生の声からも証明済みです。

だからこそ、ぜひこの教材を実践してスライスを克服して頂き、『ドライバーで飛距離を出す』という夢を叶えてほしいのです。

ですのであなたがもし、本教材を継続して実践していただけるのであれば…

このページからお申し込み頂いた場合に限り、このスライス改善率99.97%の理論・練習法が詰め込まれたプログラムを、販売価格40,500円(税込)の約半額にあたる19,900円(税抜・送料込み)でご提供します。

なお、今このプログラムにお申込いただければ…



「『ドローボール・マスタープログラム』を手に入れたい!」とお思いのあなたに朗報です。

本編のDVD教材には収録できなかった、『ティーグラウンドでの立ち回り』、『クラブの芯の使い方』を紹介した特典DISCを無料でプレゼントします!

この2つのテクニックは、ゴルフを心から楽しみたいと思っているあなたには必見の内容です。なぜなら、本編DVDでスライスを克服し、ドローボールという大きな武器を手に入れたあなたが、その武器の威力を最大限発揮するために知っておくべき知識やテクニックを公開しているからです。

実際にどのような内容を収録しているのか、



ドローを持ち球とするゴルファー特有のコースマネジメント術
ドローボールの使い手には専用のコースマネジメント・ティーグラウンドでの立ち回りがあります。ここでは、「フェアウェイのどこを狙うのなら、どこにティーを立てて…」など、実際の場面を想定しながら解説します。
プロゴルファーのみが知っている『スイートスポットの錯覚現象』とは?
ほとんどのゴルファーが、実はクラブの芯でボールを捉えられていません。その理由は、視覚を惑わすある現象が起きているからです。ですがご安心ください。家にある小道具を使えば、簡単に・的確に、芯で捉えることができるのです。
「コースでドローが打てない病」を解決する米国式コース戦略
実は練習場ではドローが打てているのに、コースではドローが打てなくなるという方が多くいます。ここでは、習得したドローをコースで活用するためにどうすればいいかお伝えしています。もし、コースに苦手意識があるのであれば必見です。
【クイズ】ドローボールマスターが絶対にティーを挿してはいけない場所はどこでしょう?
ここにティーを挿してしまうと、とたんにドローボールが打てなくなってしまいます。その答えと理由・正しいティースポットを併せて紹介しているので、ぜひご覧ください。
ドローがスライスに逆戻りしてしまう危険なコースマネジメントとは?
間違ったコースマネジメントは、頭と体を混乱させ、すぐにイップスに繋がります。ここで公開している方法でイップスを避け、常に狙った場所に気持ち良く、ドロー回転がかかったボールを運んでください。
ドライバーを買い替える前に知っておきたい、あなたの打球の飛距離が伸びない本当の理由
アドレス時にどれだけ緻密に位置を合わせても、クラブについての『ある知識』がなければ本来の飛距離を出せません。あなたがもっと飛距離を出そうとドライバーを買い直す前に、必ずこの知識を手にいれてください。



このような内容をはじめとした、本編DVDの内容を最大限に生かすための映像を、特典として無料で差し上げます。

どれも非常に即効性の高いものですので、ぜひお役立てください。

※特典DVDは商品と同時にお送りします。


私は、既にのべ24,100人以上をスライスから救ったこのメソッドに、自信があります。

ですが、もし万が一、あなたが120日の間しっかりとこの教材の内容を実践しても結果が出なかったとしたら、それは全て私の責任です。お支払い頂いた代金は、全額お返しいたします。

『全額返金保証』ご利用の流れ

  • ご購入から120日以内であることをご確認の上、株式会社プロスポーツ出版のホームページにある【返金保証のページ】までアクセスして下さい。

  • そちらから【保証申請用紙】を印刷して頂き、内容をご確認の上、必要事項をご記入下さい。

  • ご記入いただいた保証申請用紙を、DVD教材一式と共に同封の上、弊社までご郵送下さい。商品が到着し、内容確認が完了次第、弊社からご連絡を差し上げます。

  • お客様の口座番号など、必要情報を頂きましたら、10営業日以内にご指定の口座までご返金いたします。


※保証適応については、株式会社プロスポーツ出版のホームページの『返金保証について』のページ
( http://prosports-pub.com/guarantee.html )にて詳細をご確認頂きお手続きをお願い致します。
※商品郵送時の送料はお客様のご負担となります。 また返金事務手数料として、1,000 円を返金額から差し引かせて頂きます。 ※起算日は弊社からの商品発送日(配達票の伝票受付日)とし、 起算日から120日以内に弊社必着である場合に限り保証の対象となります。

 注意 

他ではこの理論を学ぶことはできません

この教材では、日米合わせてのべ24,100人以上の方が実践し、そのうちの99.7%がスライス改善に成功しているメソッドを公開しています。

だからこそ、いますぐあなたにも活用して頂きたいのですが、今回あなたに公開している内容は、ここでしか手にできない情報です。雑誌・TVはもちろん、ビデオレンタル店、家電量販店などのDVD売り場、アマゾンさん、楽天さんで探しても手に入れることはできません。

私のスライス克服メソッドを手に入れる方法は、
今のところ、この教材以外には存在しないのです。

「スライス改善」に必要なことだけを
厳選して収録しました!

いかがでしたか?

この教材は、これまでありがちなスライス改善法を解説したものではありません。

私が、これまでのべ24,100人以上を教えた経験から生み出した、短期間で「スライス改善」を達成するための情報だけを厳選して収録しています。

あなたも、この教材に収録されたプログラムをマスターすることで、もうスライスに悩まされることは少なくなります。 そして、大事な場面でもミスショットすることなく、思い通りのゴルフができるようになるでしょう。

また、今回のプログラムをマスターすれば、スライス改善だけでなく、飛距離もアップし、さらにスコアUPも間違いないでしょう。

これは、私の教え子24,100人以上が効果を実感しています!

今回のご案内では、【120日間の全額返金保証】を用意しています。 あなたのリスクは最小限に抑えました。
少なくとも、保証期間にあたる120日…約4ヶ月の間、『試す価値』はあるはずです。


想像してみてください・・・

会社のコンペで、あなたは今、1番ティーでアドレスをとっています。あなたの周りには、次のスタートを待つ同僚たちが、あなたを見ています。 あなたがドローボールを打てるなんて誰一人思ってもいません…でもあなたは、その期待を裏切り、プロのような弾道のドローボールで、フェアウェイど真ん中に運びました!

その日から…もうあなたは羨望の眼差しで見られるでしょう。同僚たちから「いつの間にドローボールが打てるようになったんだ」と、羨ましがられるでしょう。

この現在進行形で成果を出し続けているこのメソッドをあなたに試してもらうために、今回、出来る限りのことをしました。私は結果を出すことに大きな自信があります。あとはあなたが決断するのみです。


通常価格40,500円 19,900円(税抜)

以下の内容に同意の上、申し込みます ( 下記のご確認事項を必ずお読み下さい。)
登録する

よく頂くご質問と回答

〈ここまでご覧いただいた上で、ご不明な点があれば、
『よくある質問と回答』を以下にまとめましたのでご覧ください。〉



通常価格40,500円 19,900円(税抜)

以下の内容に同意の上、申し込みます ( 下記のご確認事項を必ずお読み下さい。)
登録する

追伸


今回、私がこのプログラムを公開した目的は、 「スライス」に悩む多くの方に、スライスを改善して、飛距離を伸ばし、今よりも、もっとスコアをアップして、楽しくゴルフをしてほしいからです。

このプログラムで、のべ24,100人以上の方がスライスを治し、飛距離を伸ばし、100切り、90切り、80を切って、ベストスコアを更新しています。その方法だけでも今一度ご確認ください。

追伸 2


私は、それほど体が大きくなく、生まれながらに飛ばし屋タイプの選手ではありませんでした。

14歳で渡米し、プロを目指しゴルフをはじめましたが、当時の私のスコアは「160」前後でまったく、ゴルフの才能がありませんでした。

しかし、私はゴルフに真摯に向き合い、人よりも真剣に上達方法を考え、いろんなことを試してきました。そして、日本代表選手に選ばれたり、アメリカのミニツアーで優勝したり、ベストスコア63を出せるようになりました。

才能がない分、いろんな無駄な時間や労力を費やしてきたと思います。でも、あなたには、遠回りをしないでほしいと思います。

「スライス改善理論」は、私がゼロから構築したゴルフ理論です。ですので、これまでの理論とは少し違うところがあると思います。あなたが、これまで習ってきたゴルフ理論を一度脇に置いてリセットしていただき、取り組んでいただけたらと思います。