ゴルファボ TOPスライスを直すドローボールの秘密を大公開!

スライスを直すドローボールの秘密を大公開!

こんにちは。フリーゴルフライター川上です。

本日は、プロからアマチュアまで延べ24,100人以上のゴルファーを指導してきたゴルフコーチ「吉本巧」の理論が詰まったレッスンDVDの秘密を探ってみようと思います。

スライスを治すヒントは、ドローボールにあった!

「スライスを治すには、インサイドインの正しい軌道で振ること。この形が間違いなくスライスを止め、飛距離が出せるドライバーショットです。なかでも根幹をなすのはドローボールを打つこと」

そう力説するのは、GOLFavoレッスンでおなじみの…

吉本 巧プロ

元ジュニア選手(世界ジュニアマスターズ4位入賞)
元ツアープロ(米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63)

プロ・アマ問わずのべ24,100人のゴルファーを上達へと導いたゴルフコーチ。アメリカで11年間、ツアープロとして活躍。ゴルフの本場で最新理論を学び、独自のメソッドを構築。選手時代は、宮里優作選手や貞方章男選手らとともに日本代表・フロリダ州代表に選抜される。

現役引退後は芸能人・著名人だけでも合計100名以上のレッスンを担当。これまで約30名のトーナメントプロやレッスンプロ、インストラクターがお忍びで理論を学びに来るなど、芸能界・プロゴルフ業界からも厚い信頼を受ける。

スライス克服をもう諦めていた…そんな人「大歓迎」

トッププロからアマチュアゴルファーまで「ドローボール習得プログラム」が、「スライス・フック」「ミスショット」でドライバーが上手くいかないゴルファーから注目を浴びるスライス改善の新メソッドです。

スライスが改善したゴルファーの声まとめ

まさ様(長野県 男性):ゴルフ歴12年 平均スコア95

  • 月例杯で、ベストスコア90で優勝!
  • レッスンを受ける前の平均スコア112 →平均スコア 95にアップ!
  • 初めて行ったコースでも100切り達成(スコア93)!
  • 148Yards Par3で、ホールインワンを達成!

吉本プロのレッスンは非常にロジカルなレッスンで、体の動きをどう動かせばよい か、そのときにどこがきつくなるか、などを説明してくれます。

ドライバーも、基本的にアイアンと同じスイングで、クラブの特性の違いによる打 ち方の違いなので、ドライバーとアイアンとで全く違う打ち方をしなくてもよく、 ラウンドを通して、スイングが崩れにくいと思います。

T.H様(千葉県 男性):ゴルフ歴約20年。平均スコア100。

弾道測定器で計測するとこれまで150ヤード前後だった飛距離が、先日久しぶりに 計測すると、なんと何回打っても7番アイアン170ヤード超えのドローボール!

思わすクラブを間違ったかと疑ってしまうも間違いなくいつもの7番アイアン。成果 を実感できた瞬間でした。

吉本コーチの指導は、どのポイントもどのレッスン書にも書かれていない独自のや り方、表現で私にとっては一つひとつとても的を射た貴重なアドバイスになってい ます。

時にはこれまで考えていたことと全く逆のことを言われて半信半疑で試してみるこ ともありますが、言われたとおりやってスイングを見てみると「あら、不思議!」 見違えるようなカッコスイングに変身していました。

注目を浴び続けるスライス改善の新メソッド

昨年から大流行したスイングメソッドがあります。その名も「ドローボール習得プログラム」。アマチュアでもプロ顔負けのドローボールを放つことが出来るようになると話題に!

そのメソッドは、女子プロ横峯さくらや初心者からアベレージゴルファー、トップアマまで多くのゴルファーから支持を受けています。

なんでもわずか60分でドローボールが打てるようになりスライスが改善してミスが激減。飛距離+30ヤードアップするポイントをこれから詳しく解説していきます。

吉本巧プロ曰く、

吉本コーチ

ドローボールほど短時間で習得できる打ち方はありません。

雑誌やTV・インターネットで、ドローボールの打ち方が紹介されていることがありますが、放送時間や掲載スペースが限られていますので、しっかりお伝えしきれていないんですね。

ドローは難しいという先入観を持つ人が多い原因は、『4つの正しいドローの習得法』を知らないからなんです。

『正しいドローの習得法』の4つのポイント

ポイント1:アドレス

ドローボールを打つ上でアドレスはとても重要です。ボールにドロー回転を変えるにはヘッドの軌道が重要と思われがちですが、実はアドレスの構え方次第でドローになるかどうかがほぼ決まります。

ポイント2:バックスイング

アマチュアの苦手にしている部分です。楽なバックスイングだとクラブヘッドの軌道がブレてパワーがボールに伝わりません。窮屈に感じると思いますが、これが真のバックスイングです。

ポイント3:ダウンスイング

自動的にインサイドから降ろせる方法があります。自然に右脇も締まりスライスが防止できます。

ポイント4:フォロースルー

スライスは体が開くことも原因のひとつです。右腰の使い方を知ればインサイドアウトにならないフォロースルーが取れます。方向性が劇的によくなります。

この4つのポイントを踏まえたドローボール習得法を身に付けるとスライスが改善していきます。

実録!飛距離アップしている40代ゴルファー

★20代でゴルフをはじめたころはまだ下手くそでした。ティーショットはスライスばかりで、飛距離も200ヤードくらいでした。このDVDを見て練習するとドローボールが打てるようになり、今では230ヤードは飛ぶようになりました。アイアンも同じく飛ぶようになりました。M.U様(千葉県 43歳 男性)

★ドライバーが安定したことで、80台も見えつつあります。ウッドはこのままでアイアンとアプローチを頑張ります。(宮城県 47歳 男性)

★吉本プロのレッスンはとても分かりやすく、実践しやすかったです。ドロー回転がかかり飛距離も15ヤードは伸びています。練習の前にはDVDを見てこれからも練習に励んでいきます。(広島県 44歳 女性)

★ドライバーのティーショットでほとんどOBがなくなりました。そのおかげで先日100切りを達成しました。スコア「98」でした。一緒に回った人から「きれいなフォームですね」と褒められました。(福岡県 41歳 男性)

吉本プロ自身の悩みを克服するために生まれたスイング理論

吉本プロ自身も過去に重度のスライスに悩まされていたようで、このように話してしまいた。

吉本コーチ

「私もゴルフを始めたばかりの頃、スライスがひどくて、まともにドライバーをフェアウェイに落とすことができませんでした。そんなとき、ゴルフ留学先の外国人選手達からバカにされた悔しさを、今でも覚えています。

そんな中で作り上げたのが、このドローボール習得法なんです。あなたの『ドライバーが上手くいかずに悔しい』という気持ちは、痛いほどわかります。ぜひこのドローボールの打ち方を試してみて、ドライバーの苦手意識を克服してください」。

「ドローボール習得マニュアル」は、公式サイトで限定販売中!!

ご自身の経験、さらには結果を求められるプロの選手・指導者の現場で編み出された理論だけあって、延べ24,100人という多くの人が結果を出ているのはうなずけます。そんな『ドローボール習得マニュアルDVD』は、公式サイト限定で販売されています。

公式サイトはこちら

スライス改善の新メソッドをぜひ試してみよう!

今回、ご紹介した吉本プロ監修のDVDですが、現在キャンペーン中で特別価格2,000円割引きの3,980円(税抜)、30日間の全額返金保証付きで販売しています。

また、購入者全員にドローボールの使い手が必ず知っておくべき「コースマネジメント&スイートスポット・トリック」の特典DVDが無料で付いています

DVD本編の内容を最大限に生かすための特別レッスンが収録されています。この特典DVDもご覧になりドローボールという”新たな武器”を、効果的に活用してください。

吉本プロ監修のDVD公式サイトを見る

- Official Sponcer -

OfficialSponcer

OfficialSponcer