ゴルファボ TOPドライバーヤマハゴルフ『RMX218』ドライバーの評価と音へのこだわりとは

ファボる (お気に入りへ追加)

YAMAHA

RMX218

リミックス

最高の打感と打音で
ティーショットが楽しくなる!

RMX218

スペック

ドライバー

ヤマハゴルフ『RMX218』ドライバーの評価と音へのこだわりとは

RMX218

スペック

  • 高弾道

  • 打音◎

  • ボール初速UP

  • 広反発

YAMAHA

RMX218

リミックス

メーカー
:YAMAHA
発売日
:2017年11月3日

Product Features 商品の特徴

RMXは音楽用語「リミックス」の略。すべての良い部分をまとめて1本に集約したドライバ―です。RMX218は「つかまえてもっと飛ばす」をコンセプトとし、より遠くへ飛ばすための性能とボールのつかまりやすさの両面を追求、初級者からアベレージゴルファー、中級者まで幅広く支持を得ています。もうひとつのモデルRMX118は「ストレート弾道で飛ばす」をコンセプトに、サイドスピンを減少させまっすぐなライナー軌道で飛距離を出せるドライバーで、主に中級者以上のゴルファーをターゲットとしています。

ゴルファボ今川

commented by
ゴルファボ今川

10秒で分かる
「RMX」の概要

RMX218、RMX118ともに新発想の「ヘッドターンエネルギー構造」を採用。これは、シャフト軸から遠い部分でインパクトをするほうがエネルギーが大きくなることに着目、フェースセンターを前作よりもさらにトゥ側に移動し、ボールの初速をより高めている。前モデルとの比較でもヘッドスピードと飛距離のどちらも確実に向上する作りとなっており、より「飛ばせるドライバー」に仕上がった。

RMXドライバーの特徴

RMX218は前作よりもヘッドに入ったスリットを増やしボールを叩く際にボディをたわませることで、インパクト時のエネルギー充てんを可能にした「スーパーデュアル弾力ボディⅡ」を採用。これにより飛距離がアップしただけではなく、つかまりやすく打ち出しからボールが高く上がることも特徴。さらに、直進安定性がより高まったことにより、幅広いゴルファーがロスなく飛距離が出せる作りになっている。

YAMAHA
独自の設計
について

特許出願済の「アルティメットフェース」は、YAMAHA独自のもの。スーパーコンピューターによる数万通りのシミュレーションから生まれた究極の広域反発フェースで、一般的なドライバーに比べて格段に反発エリアが広くなっている。これによって、ミスによる飛距離ダウンを最小限に抑え、ゴルファーの飛ばしをアシストする。

重さについて

RMX218ドライバーのヘッド体積は460㏄(RMX118は445cc)、クラブヘッドはチタン製。総重量はFUBUKI AiⅡ 50シャフトのフレックスRで295g(RMX118は297g)。シャフト長は45.5インチ。構えたときに安心感のあるヘッド形状でもあり、柔らかく振りぬくことができる。

素材について

ヘッドは6-4チタンCNC精密加工、ボディは811チタンの精密鋳造で低重心かつ耐久性の高さを実現。弾力のあるボディはインパクトの瞬間にたわんでボールとの接触時間を増やし、エネルギーをボディ全体に充てん、それを一気に解放することによってボールの初速を高める仕組みになっている。

【ヘッド素材・製法】フェース:6-4チタンCNC精密加工フェース、ボディ:811チタン精密鋳造ボディ

【シャフト】※4タイプのカスタムシャフトを用意
・FUBUKI AiⅡ 50・Speeder661 EVOLUTION Ⅳ・TOUR AD IZ-6・Diamana RF 60

【グリップ】オリジナルラバーJ100

PICK UP

他ドライバーと比較しての
優位性

直進安定性や飛距離などはもちろん◎だが、他ドライバーと比較してもっともユニークなポイントが「打音」だ。ゴルフの打感は打音!一般的にドライバーをしっかりミートした時、手への衝撃は少なくなる。ナイスショットして「打感が良かった!」と感じるのは「音」を聞いて体が判断するのだとか。(メーカー談)

RMX218ドライバーの難易度

EASY

つかまりがいい上に飛距離も出るRMX218は初心者から上級者まで幅広いニーズに応えるやさしいドライバーとなっている。フェース配置の工夫によりボールに伝わるエネルギーが増し、初速が大幅にアップ。ヘッドのウエイトを後方に配置することでつかまりとボールの安定性も確保している。多くのゴルファーが安定して飛ばせるような技術が盛り込まれている。

RMX218が
向いている人・向いていない人

向いてるゴルファー

向いていないゴルファー

  • 高弾道で打ちたい
  • ナイスショットの感覚が欲しい
  • 多少のミスでも飛ばしたい
  • フェードボールが打ちたい
  • ボールが高く上がる

RMX218は、球の弾き感がしっかりしていて高い弾道が出しやすいため、ドライバーで打つときに球が上がりにくくて困っている方や、230~240ヤード以上飛ばしたいと思っているゴルファーの方にお勧め。初級者の方にとっても、多少のミスはカバーしてくれる性能が備わっているためにかなり扱いやすいドライバーに仕上がっている。

またRMX118は低スピン、ライナーで飛ばせる設計となっており、球が上がりすぎて困っているゴルファーや、力があってしっかりと振りぬけるゴルファーにはお勧めだ。

RMXを実際に
打ってみた

動画をCHECK!

今回の試打動画はゴルファボ・ディレクターの今川。スイングスピードや押し込みの力は人それぞれなので、あくまで参考程度にご覧ください。

おすすめのヘッドスピード40m/s 前後、ミート率1.4~1.5 の数値で試打。動画ではインパクト時の音、飛距離や弾道を確認することが出来ます。

ゴルファボ今川

試打者プロフィール

ゴルフメディアサイト「ゴルファボ」のディレクター。
3度の飯よりゴルフ好き。理論武装しているが、実力が伴っていない。最近ドローヒッター。
平均スコア:90
ドライバー平均:250Y
年齢:37歳

ゴルファボ今川の感想

「打感とは打音」メーカー談のとおりナイスショットした時の音は他にない最高のものです!高めの音が嫌いな方もいるかもしれませんが、RMXは高めの音でも、締まった固い音がするので、ボールを強く叩いた感覚が味わえます。さすがは世界のYAMAHA、音のクオリティは断トツです。

「 飛距離性能も抜群!」

アベレージモデルとしてどんなゴルファーにもマッチします。飛距離、高弾道、で軽く振っても高く遠く飛んで行ってくれます。打音がよいから気分が上がるのでしょうか、気持ちよく振りきれて直進性の高い球が多かったように思います。

YAMAHA担当者に
インタビューしてみた

ヤマハ株式会社
設立:1897年10月
本社所在地:東京都港区高輪2-17-11
事業内容:楽器・半導体・音響機器やスポーツ用品、自動車部品製造販売を手掛ける。ピアノ生産台数は世界一。さまざまな楽器を生産する世界最大の総合楽器メーカー。ゴルフクラブは同社のゴルフHS事業部が展開している。

RMX218および118はこれまでのクラブと何が違って、どんな特徴やメリットがあるのか?東京・品川にあるヤマハ株式会社東京事業所にて取材をさせて頂きました。

この方にお話を聞きました

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ヤマハ株式会社/ゴルフHS事業推進部/マーケティンググループ主事 藤崎さん
RMXの企画・製作から発売後のマーケティング戦略を担うYAMAHAゴルフのフロントマンにお話を伺ってまいりました。

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

ヤマハといえばやはり楽器を作っているというイメージがあります。何かそういったところがゴルフクラブのテクノロジーに生かされたり、ということはあるのでしょうか。
弊社は浜松に本社工場があります。ゴルフクラブはもちろんクラブ制作のプロが先頭に立って作りますが、デザイン自体は「デザイン研究所」という楽器やゴルフクラブなど、すべてのYAMAHA製品のデザインを担う専門の部署が手掛けています。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

RMXは218、118共に非常にデザイン性が高い理由はそういったところにあったのですね。このドライバーは実際にボールを打ったときの音もすごく気持ちがいいものでした。
そう言っていただけるのはうれしいことです。弊社では「打音」に非常に力を入れています。そもそもの考え方として打感は打音という考え方を持っています。今回のRMXについてもショットをしたときの感触がいいこと、すなわちいい打音がするという設計にしています。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

確かにRMXの高くしまった音はゴルファーの気分を上げて、気持ちよい感覚を持たせてくれますね。
楽器メーカーという一面もありますので、弊社は他社に先駆けて打音にこだわってクラブ作りを進めてきました。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

今回のモデルは所属している藤田寛之プロからの要望がきっかけで開発が進められたとお聞きしました。
はい、もともとは藤田プロからの「もっと低スピンで飛ばせるドライバーが作れないか?」というリクエストから始まったものです。飛距離と直進安定性を兼ね備え、無駄なスピンをすることなく真っすぐ飛ばせるドライバーというものを描いていました。それをコンセプトに開発を進めてきました。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

プロも納得のものができあがったということですね。
はい。藤田プロの想像を超えるドライバ―を作ることを意識しましたし、それがこのクラブでは実現できたと思います。我々は常にいい意味で藤田プロを裏切れるように努力しています。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

言われたとおりのクラブを作るより、えっ!なにこれ!すごい!と言ってもらえたほうが製作側としてもうれしいですよね。
プロが驚くものが出来れば、一般のアマチュアゴルファーのかたにも必ず満足していただける製品ができると信じております。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

ゴルファボ今川ゴルファボ
今川

最後にRMXシリーズが気になっているゴルファーの皆さんにメッセージをお願いします。
RMXシリーズはストレート弾道で飛ばす、つかまえてもっと飛ばす、という2つの大きな特徴があるシリーズです。それぞれの狙いにあった幅広いゴルファーの方に使ってゴルフを楽しんでいただければと思います。

ヤマハ株式会社
藤崎さん

RMX
まとめ

  • RMX218ドライバ―はつかまりが良く高弾道の球が打てる
  • 打感とは打音のこと!YAMAHAが作った最高の音でナイスショット!
  • オールチタン製でインパクト時のたわみアップ

RMX218

スペック

  • 高弾道

  • 打音◎

  • ボール初速UP

  • 広反発

YAMAHA

RMX218

リミックス

メーカー
:YAMAHA
発売日
:2017年11月3日
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
キャンセル
送信

レビューを書く

平均:  
 4 レビュー
  by こてつ
年齢: 33
平均ヘッドスピード: 37~m/s以下
平均スコア: 95~100

打感が心地よい。振りやすい。

  by misamisa
年齢: 39
平均ヘッドスピード: 37~40m/s
平均スコア: 95~100

スライサーだった私が、ドローまでは行かずとも、まっすぐな球に変わりました。ただ、9.5なんですが、少し上がりすぎる傾向があります。

  by もっちゃん
年齢: 47
平均ヘッドスピード: 40~43m/s
平均スコア: 80~85

RMX 218ドライバーを使っています。直進性がかなり高まっています!

1
2