プロをも虜にしている
ライフルスコープ・テクノロジーとは?

パターで重要なのは、常に正しいスイングで打つことですよね?

ストローク中やインパクト時にバランスが乱れれば、方向性がズレたりして、パッティングがうまく決まりません。

その点、このシーモアパターがツアー優勝者やシード選手から初心者まで幅広い方に(とりあえずの一本)として選ばれているのには理由があります。特許も取得した独自の構造に答えがあります。

シーモアパターには、パターヘッドに『Red Dot』と呼ばれる赤いドットが記されています。
この印をシャフトで隠す様にセットアップし、 左右に配された2本のホワイトラインが均等に見える様にしてからスイングすることで、パットが安定する理想のフォームを実現できるようになっているのです!

驚くほどシンプルで簡単なのに、フォームが乱れなくなりパットの精度が上がるということで、ツアープロを中心にアメリカで大きな話題となっています。

シーモアパターを実際に使ってみるとどうなる?!

動画で検証!

百聞は一見に如かず。ということで、実際にシーモアパターで打ってみました。

筆者はスコア90台のアベレージゴルファーです。 通常のパタークラブを使った場合、最初の数球は綺麗に打ち出しができました。しかしシチュエーションを変えて何回か打つと、自分では気づかなかったのですが、感覚が麻痺したのかストローク中にフォームが乱れてしまっているのが分かります。

特に顕著だったのが、傾斜があるグリーンやロングパットのシチュエーション。
いつもと勝手が違うので、少し意識してしまっていたのか、フォームが崩れてしまう傾向が強かったです。

これに対して、 シーモアパターを使うとどうなるでしょうか?
本当に驚くことに、 赤い印を隠して打つだけを意識することで、フォームの乱れが起きない!
(もちろんスタンスがスクエアになっていなければ方向性はズレるが、そういった初歩的なミスがなければかなり精度の高いパッティングができると感じました)

ラウンドで以下のような体験をしたことがあるのなら、

『シーモアパター』を
試す価値があります!

いわゆるパッティングのミスというのは上記に集約されるかと思います。
もし、あなたがこれらのミスがなければスコアがもっと上がるのに!とラウンド中やラウンド後に一回でも思ったことがあるのなら、 このシーモアパターは本当にオススメです。

その理由と3つのミスの原因を次に説明します・・・
シーモアパターに興味がない場合も、上記のミスの原因について解説しているので、興味があれば続きをご覧ください。

『パターが難しい理由』
→そして、シンプルすぎる攻略法・・・

パターが上手く行かない理由。それは、結局「正しいフォーム」で打ててないからです。
もちろん、あなたのスイングが悪いと言いたいわけではありません。ご存知の通り、ゴルフというスポーツは正しい動きを再現していくのが重要なのですが、それが何より難しいですよね?

特にパターでは、ロングパット、傾斜など、様々なシチュエーションで打っていると、自分の体の感覚が崩れていき、普段練習ではできている正しいフォームを再現し続けるのが難しくなります。
そして、当然フォームが崩れていれば右に切れたり、強く打ちすぎたり、弱くなってしまったり、、、というミスが出てしまうのです。

事実、自分の撮ったスイングをビデオで見返してみると・・・

『これが俺のスイング?!』

とフォームが思っていたよりもズレており驚いた、なんて経験はありませんか?
もしパッティングをしている場面をビデオに撮ったことがなければ一度試してみてください。自分ではうまく打っていると思っても意外とうまくいってないものです。
それだけ同じフォームで打つのが難しいんですね…
だからこそ、スコアアップのために3パッド、ミスショットを減らすためには…

結論:パターが上達するために
必要なたった1つのこと

常に正しいフォームで打つこと(あるいはその感覚)が重要な訳なんです。
ただし、常に正しいフォームで打つなんて、そう簡単にはできませんよね?
それでも、もし、自分のストローク中に修正してくれる人がいたら、
自分のスイングが合っているかどうか分かるような目印があったら・・・
あなたのパッティングは劇的に改善するはずです。

そして、そんな思いに応えるために作成されたのが、 『シーモアパター』なんです。

シーモアパターとそれ以外のパターでは大きな違いがあります。

一般的なパターでは、打感が変わっていたり、シャフト、重さ、グリップ
だったりと「打ちやすくする」ために頑張っています。
一方、シーモアパターでは 打ちやすい+正しいフォームを再現する設計
になっています。

具体的には・・・

シーモアパターには世界初の技術「RIFLE SCOPE TECHNOLOGY(ライフルスコープテクノロジー)」が実装されています。

パターヘッドに 『Red Dot』と呼ばれる赤いドットが記されており、この印をシャフトで隠す様にセットアップし、左右に配された2本のホワイトラインが均等に見える様にしてからスイングすることで、パットが安定する理想のフォームを実現できるようになるという構造です。

これによって、他のクラブと比較した時に、圧倒的なスイングの安定性を実現し、ミスパットの確率を大幅に減少し、距離のコントロールを容易く実現できるようになっています。

歴代チャンピオンも認めた圧倒的性能

全英優勝者、マスターズ優勝者、トレジャーツアー優勝者、など錚々たるメンバーも愛用するシーモアパター。
それは、RIFLE SCOPE TECHNOLOGY(ライフルスコープテクノロジー)がもたらす「スイングの安定性」に理由があります。この構造によって、ミスパットの確率が大幅に減り、距離のコントロールも容易く実現できるようになっています。

スイングを安定させパッティングを向上させる、という点において、 現在、世界でもっとも高性能なモデルがシーモアパターといえるでしょう。

初心者でもスイングが安定する『扱いやすさ』

「RIFLE SCOPE TECHNOLOGY(ライフルスコープテクノロジー)」のもう一つの魅力として、クラブを使うゴルファーのレベルを選ばない汎用性があります。

気をつけるべきことは、 「スイングの際にパタークラブに記載されている赤い印が隠れるように打つ」だけなので、初心者の方にもご愛用頂いているのです。

他のクラブを扱う際には、クラブの重さやスイートスポットの把握など、慣れが必要になってくることがありますが、シーモアパターではそういったものは不要です。
手に入れたその日から、高いパフォーマンスを発揮できるのも全米で人気の理由の1つです。

『まさに 神の見えざる手』

2007年マスターズ、2015年全英を制覇したザックジョンソンなど、トッププロらもこう語ります。

「スイングが安定していることがこんなにパットの安定に繋がるとは信じられなかった。シーモアパターを手に入れたら、あと気にするべきは自分が間違った場所に立っていないかだけだね(笑)」

シーモアパター発症の米国では、歴戦のツアープロらも練習用に一本は必携、本番で愛用している人も少なくないと言います。スランプでも感覚が狂ってしまった時でも、シーモアパターを使うことでスイングの安定性を取り戻すことができ、スコアの安定に繋がるからだといいます。
まさに “見えざる手”によって、スイングを矯正してもらっているのですね。

ゴルフを心から愛する職人達が最高品質にこだわって作りました

「世界最高のパターを製作しよう。」

シーモアパターの製作者、ジェイソンとジムはこの決意のもとアメリカで製作を行っています。
シーモアはまだ世界では名が知れていないパターブランドですが、全てのゴルファーの希望に応えられるように フィール(感覚)、素材、デザインを考え、またオンリーワンにするために、シャフトのレングス、ライ角、グリップ、スタンプや彫、シャフトにこだわって製作しています。

そして、ジェイソンとジムは常にお客様に満足してもらえるように、進化とカスタマーサービスに力を入れています。 シーモアパター(ライフルスコープ)を使うことで、簡単にパットが改善し、スコアが改善していけば、よりたくさんの人がゴルフへもっと熱中することになり、ゴルフ人気の高まりに繋がると本気で考えているのです。

今回のシーモアパターはそんな彼らが作ったシリーズの中で最新の人気モデルです。
ぜひ、アメリカの情熱のある職人が作った傑作を体験してみてください。

打感が違う…!

K・K様(54歳)
男性 茨城県在住

ゴルフ歴:22年
スコア:93~100
選んだパター:US Tour Series ラッセル・ノックスモデル

べストスコア95を達成!
★★★★★

投稿日 2018/06/27

今までいろんなパターを取り替えましたがなかなか合わず、友人に勧めてもらったこのパターに鞍替え。先日の社内コンペでは、48,47の95でベストスコアを達成しました。次は目指せスコア85!?


ゴルフ歴:22年
スコア:93~100
選んだパター:US Tour Series ラッセル・ノックスモデル


9人中 7 人が「役に立った」と投票しています。

U・T様(66歳)
男性 神奈川県在住

ゴルフ歴:34年
スコア:93~100
選んだパター:M5

3パットを叩かなくなりました
★★★★★

投稿日 2017/09/16

これは驚きのパターですね。なぜ、もっと早く出会わなかったのか…と少し後悔。打ち出しの角度が安定するので、外しても次で決められます。距離感だけに集中できるのは、このパターだけの特徴でしょう。現役ツアープロが使うのも頷けます。


ゴルフ歴:34年
スコア:93~100
選んだパター:M5


23人中 19 人が「役に立った」と投票しています。

S・O様(62歳)
男性 千葉県在住

ゴルフ歴:36年
スコア:83~92
選んだパター:M5

今までのパターの中で一番良い!
★★★★☆

投稿日 2018/02/05

オデッセイ、ピン、ベティナルディなど、様々なマレットを試してきましたが、今までで一番良いように思います。赤いマークを隠すだけでアライメントを気にしなくても良いというのは、ストレスが無くて良いですね。


ゴルフ歴:36年
スコア:83~92
選んだパター:M5


17人中 16 人が「役に立った」と投票しています。

サイズやカラー、形は
あなたの好みに合わせて
選べます。

シーモアパターでは、グリップカラー、シャフトカラー、長さ、形にレパートリーがあります。
このページでは、ザックジョンソンが愛用しているモデル(ブレードタイプ)を紹介していますが、マレットタイプなどもございます。
色味もブラックではなくシルバーもありますので、お好きなものを選んでいただければと思います(個人的にはマレットタイプが打ちやすかったです)。

See More Putter【ジャイアント】 の詳細をお送りします

※商品の詳細や使い方など、お役に立つ情報をお送りします。入力間違いにご注意ください。

See More Putter【マレット】 の詳細をお送りします

※商品の詳細や使い方など、お役に立つ情報をお送りします。入力間違いにご注意ください。

日本唯一の正規代理店が販売
発送からサポートまでしっかり対応させて頂きます。

シーモアパターの発送やサポートはアメリカのショップではなく、全て国内唯一の代理店であるテイクバック株式会社/ツインベアーズ・マーケティング合同会社が行います。

シーモアパターの製作者、ジェイソンとジムは世界最高のパターを作ろうという思いで会社を立ち上げました。彼らはシーモアの事をもっとよりよく世界に知って頂くために常に一つ心がけていることがあります。それは、シーモアのカスタマーサービスチームが常に最高である事。私たちも彼らのそんな思いに共感して、シーモアパターを取り扱っています。

自信を持っておすすめできるクラブですので、どうか使ってみてください。
ご質問・ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:tsukuma123@gmail.com

件名に「シーモアパターについて」と入れてご質問頂ければと思います。

    商品詳細ページ

    ※商品の詳細や使い方など、お役に立つ情報をお送りします。入力間違いにご注意ください。

よくあるご質問

『赤いマークを隠すだけ』で方向性とアドレスが自然と正しい形になる点が他のパターとの大きな違いです。ラウンド中のパッティングでは“真っすぐ構えられているか”を確認するのが難しいですが、シーモアパターを使えばそのストレスなくパッティングをすることができます。意識していない傾斜があったとしても、赤いマークに合わせるだけで傾斜に合わせて簡単に定まりますので、距離感だけに集中してパッティングをすることができます。

3パットを減らすことで1ラウンドで最低でも4~5打スコアを減らすことが可能です。もし、1ラウンドに50打以上パットにかけているゴルファーであれば、10~14打スコアが減る場合もあります。

重めのパターがお好みであれば、ピンタイプの『US Tour Series-ラッセル・ノックスモデル』をオススメします。このパターはジャイアントと呼ばれる大きなヘッドを採用しておりますので、スイートスポットが広く、ボールを捉えやすくなっています。また、ヘッド部分が350gと重めに作られていますので、安定して転がりを出すことができます。 さらに重みを感じられたい場合は軽めのパターグリップ(ROSEMARKGRIPなど)を装着するとバランス的にさらに重みを感じるようになります。

ピンタイプとマレットタイプの好みがない方は、マレットタイプの『M5』からお試しされるのが良いでしょう。特に初心者の方はライフルスコープテクノロジーをより体感しやすい『M5』の方が打ち出しが真っすぐになりやすく、安定されるというお客様が多いです。もし、ピンタイプとマレットタイプ、どちらかしかお持ちでない場合は、逆のタイプを持つ上級者も多くいらっしゃいます。直線的なストロークと曲線的なストローク、日によって調子が変わることも多いため、両タイプを持つこともスコアをより安定するためには有効です。

ベテランからビギナーまでどのレベルの方でもお使いいただけますが、特にパターを苦手としている方には有効です。傾斜などがあったとしても真っすぐ構えることができるので、パターの感覚がついていない初心者でも、打ち出しが曲がったりすることがありません。もちろん、上級者の方でも、芝目や距離感により集中できるので、理想のパッティングを簡単に打つことができるでしょう。

練習で感覚を養っていただく必要はありますが、距離感についても通常のパターよりも感覚を掴みやすいとの声を多くいただきます。シーモアパターの技術により方向性がブレないことや、センターシャフトであるために、パッティングの経験値や意識を距離感に結びつけることが簡単にでき、初心者から上級者までパッティングが自然と上達すると評判です。

シーモアパターにも型に流し込む鋳造モデルもありますが、ご紹介しているパターは、経験豊富な職人が手作りする『削り出し』です。現在も全てのクラブが本場、アメリカのカリフォルニアで製造されており、ツアープロも認めるほどの高い質を誇っています。大量生産品にはない、削り出し特有のミーリングは非常に美しい表情と独特の打感は、多くのゴルファーから評判を頂いています。

シーモアパターには、標準的には左利き用のご用意がございますが、今回の対象商品は限定モデルということもあり、残念ながら左利き用はございません。

原則としてお客様のご都合による返品、交換はお断りしておりますが、商品には自信をもっておりますので、ご安心ください。(使用後の返品、交換は受け付けておりません)配送中の破損や不良品などは早急にご対応させていただきます。輸入総代理店(テイクバック株式会社 北関東オフィス 028-348-3519 平日10:00-18:00)までご連絡ください。

シャフトの長さ、カラー、グリップなど、全てをお好みのものに変更可能です。シャフトは32インチ~35インチまで0.5インチ刻みでご注文可能です。また、シャフトは全6色、グリップは標準グリップからオプションである人気のROSEMARKGRIPまで全12種類をご用意しております。(ご購入時点で国内在庫が無いものもありますので詳細はご確認ください)

商品詳細ページに進む 詳細ページに進む