ゴルファボ TOPアプローチで100切り!初心者でも驚くほど寄せられるショットの秘密とは…

アプローチで100切り!初心者でも驚くほど寄せられるショットの秘密とは…

こんにちは。フリーゴルフライターの田中です。

今回は、”たった3つのポイント”を押さえるだけで、ベタピン率を大きく上げることができる「アプローチ上達術」について深掘りしていきたいと思います。

シーン別、状況別で打ち方を変える、といった従来のアプローチ法とは違い、体の3つのポイントを固定して打つだけでアプローチが驚くほどうまくいきます。

飛距離が出ないからスコアが上がらない…得意なショットが一つもない…、そんなあなたの悩みを一気に解決できる可能性がありますので、ぜひ最後までご覧になってみてください。

アプローチを安定させる3つの基本ポイント

まずはアプローチにもっとも重要な基本ポイントを解説いたします。

アプローチスイングを安定させるためには3つの基本ポイントがあります。

まず押さえるべき基本は「頭」「腰」「手首」の固定です。スタンスや前傾角度などのポイントもありますが、それは枝葉の話。あれこれやる前にまずは土台となるこの3点の固定が重要です。

上記3点をしっかり固定できれば、自然とアプローチスイングは安定します。

頭を固定するときのコツ

アプローチでは頭の固定が重要です。しかし、アマチュアの多くは頭を意識しすぎて、顔まで正面を向いたままでバックスイングがし辛い状況を作ってしまいます。

あなたはクラブを上げるとき窮屈さを感じていませんか?適度な窮屈さであれば問題ありませんが、窮屈すぎるなら顔の向きに注意してみてください。

動かしてはいけないのは「顔」ではなく「頭」。頭部そのものが動かなければ顔は動いてもOKです。コツは「首の付け根の出っ張った骨を動かさない」こと。首の付け根の骨を意識することで、いつでも自然な形で頭部がロックされます。

腰を固定するバランス比率

数ヤード単位でピンに寄せるアプローチでは、腰の固定が重要です。

前後左右に腰が動いてしまうと、全身がブレてしまい、再現性の高いショットを打つことは難しくなります。バックスイングで腰が右に流れてしまわないように、あらかじめ左側に体重を寄せましょう

腰の移動が少なくなれば、状況、距離、体調、フィーリングに関係なく同じスイングをすることができます。

危険!手首を固定する間違った意識

アプローチでは手首をできるだけ使わないことがポイントですが、ガチガチに握ったり、腕に力を入れ過ぎてしまうと全身が固くなりスムーズに振れなくなってしまいます。

コツは「ハンドファースト」です。手首に力を入れて固定するのではなくハンドファーストの状態を作ることで自然と手首が動きにくい状況を作りましょう。

グリップがヘッドよりも前にあるハンドファーストの形をキープしたままスイングしてください。過度にやり過ぎるとロフトが立ちすぎてミスに繋がるので注意です。

なぜ?3つのポイントに絞るメリットとは

練習時間が限られたアマチュアゴルファーは、培った経験値をいろいろなポイントに振ってしまうとなかなかうまくなりません

プロゴルファーのようにたくさんの練習時間を設けることができれば別ですが、多くのアマチュアがゴルフに割ける時間は限られています。

時間が経てば経つほど練習していないスキルは忘れやすいので、上記画像の項目が多くなればなるほど、どこを変えて、どんな打ち方をすれば、どれくらい飛ぶのかが、分かりにくくなっていきます。

アマチュアゴルファーこそ実践すべきなのが、獲得した経験値を幅広く分散させることなく集中させることです。

なので、まずアプローチに重要な3点に経験値をどんどん貯めていってください。

基本となるスキルが身に付けば、上級者並みのテクニックが最短最速で身に付きます。初心者は、まず「頭」「腰」「手首」の固定です。

シンプルに強化されたスイングはどんな状況でもブレることなく、あなたのゴルフの強い味方となるでしょう。

3つのポイントを強化するための方法

頭・腰・手首を固定するために生み出された、「トリプル・ホールド・アプローチ」というアプローチ専用の打ち方をご紹介します。

このアプローチ法は、体の3点を固定するだけ。米ミニツアーで3勝を挙げたプロが試行錯誤のうえ完成させたシンプルな理論です。

複雑な要素がないからこそ、初心者でもかんたんにマスターすることができ、どんな状況、どんな距離にも対応することができます。さっそくスイングの秘密に迫りましょう↓

トリプル・ホールド・アプローチとは?

その名の通り【体の3点を固定してスイングする】ことで、スイングの再現性を極めて高い状態にし、“スイングの経験”を体に覚えさせやすくするアプローチ専用の打ち方です。

全く同じスイングの経験値を積み重ねることで、体が勝手に適切なスイングを覚えてくれます。体が動作を覚えると、自然とどんな状況にも対応できる対応能力が養われます。

普通のアプローチと何が違う?

ドライバーでもパターでもシンプルになればなるほどショットの精度は上がります。

トリプル・ホールド・アプローチは体の3点を、”ある方法”で固定するだけで、アプローチに必要な動作を自動的にカバーしてくれます

気にするポイントは3点だけ。毎回同じ動きがしやすくなるので、ショットの経験値がどんどん貯まります。多くの経験値を手に入れたスイングは、崩れにくくいつでも精度の高いショットを打つことができます。

アマチュアでも実践できる?口コミ・評価

ショートゲームに悩んでいた多くのゴルファーのベタピン率を上げることに成功しているようです。実際に試したゴルファーの声の一部をご紹介します。

グリーンオンさせる技術が向上したことで、パーオン率UPや大叩きしなくなったという声が数多くありました。

また、ティーショットやセカンドショットで失敗しても、アプローチで取り戻せる自身がついたことで、思い切ってクラブを振り切れるようになり、結果的にドライバーの精度・方向性がアップしたという相乗効果の声もありました。

実践!SWアプローチを極める5ステップ

サンドウェッジでアプローチするときの構え方・打ち方の基本(目安)を解説いたします。ご紹介する内容を実践することで、3点を固定し、安定したスイングをすることができます。

目安は四分の一!グリップを握る場所

グリップは四分の一を目安に短く持ちましょう。

フルスイングで目いっぱいグリップを長く持ったときと比例して60y、40y、20yと、狙う距離にあわせて短くしていくことで、飛距離を調節することができます。

グリップを持つ位置は人それぞれ異なりますが、大事なことは距離に比例して短く持つこと。まずは、四分の一を基本にして自分なりのグリップ位置を見つけてください。

スタンス幅は靴1.5~2足分

スタンス幅でも飛距離が変わります。狭すぎれば届かずに、広すぎれば飛び過ぎてしまいます。

スタンス幅はその人の体型やスイングで変わりますが、おすすめの目安は、靴1.5~2個分。この広さを基本としてあなたの好みに合わせて調整してみてください。

注意!”過度な左腰”バランスは失敗の元

トリプル・ホールド・アプローチでは腰を若干左(画像では右)に寄せましょう。過度に寄せすぎると不安定になるので、あくまで少しでOKです。

回転させないよう平行に移動させてください。最初から左にバランスを作っておくことで、バックスイングで後ろに流れることを防ぐことができるので、ブレにくい理的なフォームを作ることができます。

注意点

腰が移動した分だけグリップ位置も少し左にしてください。腰だけ移動してグリップが後ろに残るとうまく打てないので注意してください。

人によっては左側にバランスをもってくると違和感でうまく打てないことがあります。そんな人は無理に寄せる必要はないので、真ん中バランスのままショットして問題ありません。

頭の位置はセンター!軸は傾いてOK

腰をグリップを移動させても頭はセンターに残しましょう。

頭だけが後ろに残るので、上体が斜めに傾いたような形になります。最初は違和感があるかもしれませんが、上半身が若干傾いているのが理想の形です。

ボールをジーッと見続けるよりも首の後ろの出っ張った骨を動かさない意識を持つことで、自然と頭の位置をセンターに保つことができます。

短い距離はライ角を少なくする

フルスイングするときはトゥ側を少し浮かせてショットしますが、狙う距離が短くなるにつれ、上げている幅を狭く(ライ角を小さく)してください。

短い距離のアプローチではソール部分をすべてペタッと地面に着ける形で問題ありません。

このライ角も人によって理想の度合いが変わるので、フルショットからだんだん小さくして調整してください。

ここまではアドレスに関して解説いたしました。「構え方」に続いて「打ち方」も知りたい方は、トリプル・ホールド・アプロー本編をご覧ください。↓↓↓

吉本巧監修トリプル・ホールド・アプローチを見る

20yがうまくなる!ダフリをなくす練習ドリル

アプローチのダフリを防ぐ効果的な練習ドリルをご紹介します。

ダフリの原因になる、手首の返し過ぎや、フォロースルーの形を改善することができます。

まずは、上記画像のようにクラブを2本重ねて、一本の長いクラブがあるようにしてください。

そのまま構えます。脇の下をクラブが通っている形です。

そのままショットして、クラブが脇の下に当たらなければOKです。もし脇に当たってしまった場合は、ハンドファーストの形をキープできずに手首をコネてしまった証拠です。

この練習法を繰り返すことで、トリプル・ホールド・アプローチの「手首」を固定するポイントを習得することができます。物理的に確認しながら練習できるので、とても効果的です。

その他にも「手首をしっかり固定」するための練習法はたくさんあります。頭・腰を固定させる練習法とあわせてもっと詳しく知りたい方はDVDをチェックしてみてください。↓↓↓

吉本巧監修トリプル・ホールド・アプローチを試してみる

もっと詳しく知りたいかたはこちら

今回、解説したアプローチ上達法は、吉本巧プロが監修する『トリプル・ホールド・アプローチ』から抜粋しています。

本編はDVD3枚に特典ディスクも付いてボリューム満点。ご紹介したSWの打ち方以外にも、ボールを止める高い球を打つ方法や、効果的な練習ドリルを数多く収録しています。

アプローチを自分の武器にしたい方はぜひご覧になってみてください。飛距離を伸ばさなくても-5打、-10打するためのヒントが見つかります。

期間限定!60%割引+今なら90日間の返金保証付き↓↓↓

実際に手にしてみたけど効果がなかった…ゴルフに行く時間が取れない…そんな方でも安心です。

試してみて効果がなければ全額返金が保証されています。今なら期間限定でまず60%オフになっているので、まずは試してみて効果を実感してください。

監修者のプロフィール

プロ・アマ問わずのべ24,100人のゴルファーを上達へと導いたゴルフコーチ。アメリカで11年間、プロとして活躍。ゴルフの本場で最新理論を学び、独自のメソッドを構築。選手時代は、宮里優作選手や貞方章男選手らとともに日本代表・フロリダ州代表に選抜される。

現役引退後は芸能人・著名人だけでも合計100名以上のレッスンを担当。これまで約30名のトーナメントプロやレッスンプロ、インストラクターがお忍びで理論を学びに来るなど、芸能界・プロゴルフ業界からも厚い信頼を受ける。