ロングパットの距離感をあわせる持ち方と打ち方のコツ

ロングパットでしっかり寄せられるとパット数を大きく減らすことができます。ロングパットに必要なのは距離感です。打ち方のポイントとして左手の小指、薬指、中指が緩まないようにしてください。スイングを安定させるための持ち方と打ち方のコツをご紹介します!

その他のおすすめRECOMMEND

鎌田ハニーの動画をもっと見る

編集部:今川

編集部:今川

ロングパットを打つ時に鎌田プロが注意しているポイントをご紹介します。クラブの重量や打ち方のポイントをぜひ参考にしてみてください。

講師紹介TEACHER

この講師の動画を見る

Honey Kamata

レッスン概要ABOUT

鎌田ハニープロから直接ラウンドレッスンを受ける事が出来ます。
しかし、鎌田ハニープロは現在もツアーへ参戦するなどバリバリの現役アスリートです。試合間隔が空いている時期やオフシーズン期間に限ってラウンドレッスンを受け付けております。
詳しい情報は個別にお送りいたしますので、問い合わせからお気軽にお申し込みください。

この講師に関して問い合わせるCONTACT

申し訳ありません。ご利用のWEBブラウザはサポート外です。

ゴルファボにアクセスいただき有難うございます。
大変申し訳ありませんが、お使いのブラウザで閲覧することはできません。
現在ご利用のブラウザは古いため、WEBサイトを正しく表示できず、
セキュリティ対策が最新でないため、個人情報の流出やウイルスの感染を招く恐れがあります。
お手数ですが、下記いずれかの最新ブラウザの導入をご検討ください。

Microsoft Edge のダウンロード Google Chrome のダウンロード Mozilla Firefox のダウンロード