ドライバーのスライスを防ぐ「右肩」の正しい使い方

ドライバーのスライス原因は「右肩」にあり!スライスに悩むゴルファーのほとんどは構えた時点でスライスが出てしまう形になっているようです。右に曲げたくない人は右肩を○○してみてください。あっという間にスライス球が無くなるでしょう。

その他のおすすめRECOMMEND

わたり哲也の動画をもっと見る

編集部:今川

編集部:今川

ドライバーのスライスには右肩の位置が大きなポイントです。構えた時点で右肩が前に出ていると、自然とダウンスイングがアウトサイド軌道になりスライスに繋がります。アドレスしたときは、肩のラインがターゲットに対して平行になっているか必ず確認してみてください!

講師紹介TEACHER

この講師の動画を見る

Tetsuya Watari

レッスン概要ABOUT

申し訳ありません。ご利用のWEBブラウザはサポート外です。

ゴルファボにアクセスいただき有難うございます。
大変申し訳ありませんが、お使いのブラウザで閲覧することはできません。
現在ご利用のブラウザは古いため、WEBサイトを正しく表示できず、
セキュリティ対策が最新でないため、個人情報の流出やウイルスの感染を招く恐れがあります。
お手数ですが、下記いずれかの最新ブラウザの導入をご検討ください。

Microsoft Edge のダウンロード Google Chrome のダウンロード Mozilla Firefox のダウンロード