ドライバーで低い弾道を打つ時の3つのポイント

絶対に曲げたくない!アゲインストの風が強い!そんなときに役に立つ低弾道のドライバーショットを打つときのポイントをご紹介します。

アドレスの仕方やイメージ、向ける視線でも低弾道の球への精度が変わります。

いつものように打ってしまうと弾道が上がってしまうので、右肩が寝ないように気をつけてください。

また体重は左に寄せて手首を返さずに打つこともナイスショットするためのポイントです。

その他のおすすめRECOMMEND

馬場ゆかりの動画をもっと見る

今川

今川

低い球が打てるようになると、狭いホール、絶対に曲げたくないホールで役に立ちます。ポイントさえ押さえればそれほど難しくはないのでぜひトライしてみてください。

講師紹介TEACHER

この講師の動画を見る

Yukari Baba

レッスン概要ABOUT

ただいま企画中!乞うご期待!

申し訳ありません。ご利用のWEBブラウザはサポート外です。

ゴルファボにアクセスいただき有難うございます。
大変申し訳ありませんが、お使いのブラウザで閲覧することはできません。
現在ご利用のブラウザは古いため、WEBサイトを正しく表示できず、
セキュリティ対策が最新でないため、個人情報の流出やウイルスの感染を招く恐れがあります。
お手数ですが、下記いずれかの最新ブラウザの導入をご検討ください。

Microsoft Edge のダウンロード Google Chrome のダウンロード Mozilla Firefox のダウンロード