プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル初心者【初心者必見】ゴルフの素振りはこの5点に注意すべし

【初心者必見】ゴルフの素振りはこの5点に注意すべし

初心者

素振りはフォームを安定させるために最も効果的な練習法です。

 

ゴルフでナイスショットを連発するためには再現性の高いスイングを身につける必要があります。そして再現性の高いスイングを身につけるには安定したフォームが必要となります。

 

安定したフォームは何度も同じ動きを繰り返すことによって体に定着していきます。しかし間違ったフォームが安定してしまっては良いショットは打てません。素振りで正しい動きを確認しながら繰り返し振っていくことがナイスショットの確率を上げる近道です。

 

ゴルフの素振りってなにを意識すればいいの?

目の前のボールを打とうと意識し過ぎるとフォームは崩れてしまいます。初心者のうちはこの意識がなかなか払拭できません。崩れたフォームを体が覚えてしまうとナイスショットの確率は低くなってしまいます。

 

素振りで「このポイントに気を付けて振る!」という意識を大切にして素振りをしましょう。初心者ゴルファーが素振りで気を付けるポイントは以下でご紹介します。

 

ゴルフの素振りポイント:手首

手首の位置や角度に注意しましょう。アドレスで構えた時にグリップエンドが自分のベルト付近を指している角度が理想的です。

 

初心者はコックの過度な使い過ぎにも注意です。

 

テイクバックから始まる一連のスイングの中でコックを使い過ぎていないか、左手のコックの角度にも気を付けましょう。コックを倒す方向は親指側方向です。前や後ろに倒れてしまうとミスショットの原因になります。

 

ショットの安定性を確実にしたければ初心者のうちはコックは使い過ぎない方が得策ですが、使わないつもりで振っても多少のコックはかかりますので使い過ぎないという意識を持つことが大事です。

 

飛距離を伸ばしたければダウンスイングの途中で早々に手首(コック)がほどけないように気を付けましょう。飛距離をアップさせるにはタメが必要です。グリップが体の正面にくる前後で手首をほどくことが出来ればタメのある力強いスイングが可能になります。

 

~気を付けるポイント~

  • アドレス時の手首の角度
  • スイング中のコックの角度

 

ゴルフの素振りポイント:スイング軌道

初心者にもっとも多い悩み「スライス」の原因になるポイントです。

 

理想的な軌道はダウンスイングで適度に内側から下りてインパクトを迎えた後、またインサイドに抜けていく形が理想的です。

 

初心者ゴルファーにもっとも多いスライスの原因はアウトサイドから下ろしてきていることです。外側からクラブを下ろしてしまうとこすって打つような形になってしまいカット回転がかかりスライス球になってしまいます。

 

素振りでは適度に内側から振り下ろせているか、そしてインサイド→インの形になっているかに注意しましょう。インサイド→アウトの形になるとプッシュアウトになり右打ち出しになったまま右に飛んでいってしまいます。インパクトにかけてターゲット方向に押し出す形を心掛けそのあとまた内側に振り抜くことを意識してください。

 

~気を付けるポイント~

  • クラブヘッドを内側から下ろしていく
  • こすり打ちにならないようにヘッドを真っ直ぐ押し出す

 

ゴルフの素振ポイント:下半身のブレ

下半身のブレは体全体のブレに繋がります。特に初心者ゴルファーの場合は上下左右に体が動いてしまいがちです。フラフラしないように両足をしっかり踏ん張りましょう。母指球(足裏の親指の付け根にあるふくらみ)を意識し太腿の内側に力を入れることがポイントです。

 

テイクバックでは右ひざが後ろに流れやすくなるので形が崩れないように注意して素振りをしましょう。

 

~気を付けるポイント~

  • 母指球を意識し踏ん張る
  • 右ひざの崩れに注意する

 

ゴルフの素振りポイント:体重移動

初心者がもっとも苦戦するポイントが体重移動です。

 

正しい体重移動をスムーズに行うことによって飛距離はアップし力強い球が打てるようになります。トップの位置で右足に乗せた体重をダウンスイングと共に左足(ターゲット方向)に移動させましょう。この時右から左へ体重移動する際に、顔の位置が前後上下にブレないよう注意が必要です。

 

理想的なスイングは下半身リードです。体の左側にある壁に腰をぶつけていくようなイメージで下半身主導のスイングにすることによって、上半身も自然と付いていき体重の乗った強い球が打てるようになります。

 

この時リバースピボットにならないよう気を付けましょう。リバースピボットとはトップの位置で左足に体重が乗り、その後右足に体重が移動していく真逆の現象で、初心者に気を付けていただきたいポイントです。

 

顔や体の軸がブレずに体重移動出来ているか確認しながら素振りしましょう。初心者は鏡などで逐一確認しながら行うことで効率の良い練習が可能になります。

 

~気を付けるポイント~

  • 右側にのせた体重を左の壁にぶつけるイメージ
  • 下半身リードでターゲット方向に向かっていく

 

ゴルフの素振りポイント:スイングの加速

初心者だけに限らず多くのアマチュアゴルファーはインパクト前に最大スピードを迎えています。大切なことはヘッドを加速させることです。ボールの数十センチ先を振る様なイメージで素振りをしてください。正しく加速出来ていれば体の左側で「ブンッ」と音が鳴るはずです。

 

飛ばし屋と呼ばれるゴルファーは全員体の左側で音が鳴ります。右側で鳴っている場合はヘッドが減速している証拠です。ターゲット方向で音が鳴るように素振りをしましょう。この形が出来れば自然とフォロースルーも大きくなります。

 

~気を付けるポイント~

  • 体の左側で音が鳴るように素振りする
  • 大きなフォロースルーを心掛ける

 

練習:素振りでヘッドスピードを上げる

素振りでヘッドスピードを上げるには重いものと軽いものを交互に振っていくことが効果的です。重く作られた練習用のゴルフクラブや野球のバットが最適ですが、無ければアイアンを2本ほど持って振りましょう。

 

この時にゴルフクラブの重さに負けて体がグラつかないようにしっかり踏ん張りましょう。またフォームの崩れにも注意です。フォームがあまりにも崩れるようであれば重すぎる可能性があります。軽めのアイアンを2本持って素振りをしましょう。

 

重いもので素振りをした後は、軽めのもので振ります。軽く作られたゴルフ練習用品もありますが、無ければなにか棒のようなものでも結構ですしクラブを逆に持って行っても効果的です。

 

重いものを使った素振りで遠心力や重さに負けない筋肉やブレないフォームを作り、軽いものを使った素振りではヘッドの加速や振り抜く感覚を養うことが出来ます。

 

練習:素振りでフォームを安定させる

下半身と頭を一切動かさずに、左右同じ軌道同じふり幅で素振りをします。使用クラブは特に指定はありませんが7番アイアンあたりが一番良いかと思います。

 

この時に体の軸を一切動かさず足も微動だにしないことを意識して、柱時計の振り子の様に均等に素振りしてください。この時大事なポイントはリラックスです。ガチガチに固まらず、力を抜いた状態で何度も繰り返しましょう。安定したスイング軌道を体にインプットすることが出来ます。

 

まとめ

  • 手首(コック)の角度を意識する
  • クラブヘッドを内側から下ろしていく
  • 母指球を意識し踏ん張る
  • 右側にのせた体重を左の壁にぶつけるイメージ
  • ヘッドを加速させ体の左側で音が鳴るようにする

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

初心者必見!真っ直ぐ飛ばないゴルファーはコレ試してください!

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。