ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ飛距離の目安は?番手ごとの平均値を総まとめ

知識

ゴルフ飛距離の目安は?番手ごとの平均値を総まとめ

どのクラブで打ったらどのくらい飛ばせるか、しっかり把握ができていますか?今回はドライバーやウェッジなどの飛距離の目安をお伝えするとともに、それらの役割や使用する際の注意点をまとめました。ゴルフの上達を目指して、ぜひチェックしてみてください。

あなたは自分のクラブごとの飛距離(ヤード数)を把握をしていますか?

ドライバーはわかるけど、ほかはあまり…というゴルファーも結構多いのではないでしょうか。特にアイアンは番手ごとにどのくらいの差があるのか、平均を把握するのは少し難しいかもしれません。

しかし、自分の平均飛距離を知る事はゴルフを組み立てるための基礎のようなもの。

どんな状況でも自分の平均を基準にプレーを組み立て、ゴルフコースの特性や気象条件を加味してクラブ選択をすることが上達への第一歩です。

今回はアマチュア選手のクラブごとの飛距離の目安と、それに合わせた番手ごとの役割についてご紹介していきます。

ウッド

あなたのドライバーはどのくらい飛びますか?一般的なアマチュアゴルファーはどのくらい飛ばすのか、そしてウッドの使い分けはどうしたらいいのか、ポイントを紹介していきます。

ドライバーと飛距離の目安

ドライバーはゴルフの中で唯一、遠くへ飛ばすことを狙うものです。第1打を打つのに使うこともかなり多いでしょう。できるだけ遠くまでボールを運ぶことで、第2打以降を有利に進めることを狙います。

男性アマチュアゴルファーの平均は230Y前後。ゴルフでは、ご自身のドライバーの平均をつかんでおくことで、第1打をどのあたりに運べるのか、そして第2打以降はどうなりそうか、マネジメントすることが可能になります。

ドライバーの場合はミート率やヘッドスピードによってもどれくらい飛ぶかがある程度、計算できます。一般的にはヘッドスピードに5.5をかけることで飛距離がわかります

たとえばヘッドスピードが40(m/s)だとしたら40×5.5=220Yが目安となります。プロであればアイアンでアマチュアのドライバ―と同じくらい飛ばせたりします。

フェアウェイウッド

ドライバー以外のフェアウェイウッド(FW)は、ティーイングエリアから第1打を打つときやフェアウェイからのショットで使用するものです。

3Wで一般男子の場合は215ヤード、一般女子の場合は150ヤードくらいが目安です。

フェアウェイウッドは飛ばしやすいですが、練習などで慣れるのには多少の時間がかかります。以下で紹介するユーティリティで代用してもいいでしょう。

↓↓↓ゴルフ初心者がドライバーで240ヤード飛ばすための3つの鉄則とは?

ユーティリティ

ユーティリティ(UT)は、もともとロングアイアンに代わるゴルフクラブとして開発されたものです。ロングは打つのが難しく、かといってフェアウェイウッドよりも短いヤードを打つとき、以前はほかに選択肢がありませんでした。

そこでより易しく扱えるクラブとしてユーティリティが開発されました。ユーティリティは重心が低くフェアウェイウッドよりも短いため、初心者ゴルファーでも比較的、当てやすくかつボールが飛びやすいことが特徴として挙げられます。

目安は男性ゴルファーの5UTで170ヤード、女性ゴルファーで110ヤード程度。4Iとほぼ同じようになります。

ユーティリティとアイアンやフェアウェイウッドで飛距離が重なる部分がありますが、これについてはご自身の好むゴルフのスタイルや、打ちやすいほうを選択すればOKです。

↓↓↓ユーティリティがうまく打てない人必見!確実にまっすぐ飛ばすためのコツを紹介します。

アイアン

アイアンは番手ごとに細かく長さやロフトが異なっています。理由は、できる限り狙った位置にボールを近づけること、もしくはピンに近づけることが目的のためです。だからこそ、自分自身がどれを使うと、どのくらいのヤードが出るのか、明確に把握しておく必要があります

ロングアイアン

ユーティリティと飛距離が重なる部分がありますが、どちらにするかは好みやゴルフのスキルにもよるところがあります。

特徴としては方向性が確かなこと、ラフでもしっかり打つことができること、他の番手と併用することでゴルフクラブのセッティングでの打ち分けが楽になります。

ミドルアイアン

5Iから7Iが一般的にミドルと呼ばれるものです。方向性が安定しやすく、狙った場所に確実にボールを運ぶために使用します。

ピンポイントで狙うというよりは、一定の範囲内にボールを運ぶ、というイメージで使うのがベターなゴルフクラブです。

一般的な男性ゴルファーであれば140Yから160Y程度が通常です。練習も含めてこのあたりのヤードをうまく打ち分けられるようになってくると第2打以降のショットに自信がついてきます。

ショートアイアン

ロフト角もあり球も上がりやすく、ラフからの脱出などにも便利に使えます。初心者ゴルファーの方が最初に練習していくのにおすすめです。

ショートはピンの近くを狙って寄せたいときに使うものです。自然に打球が上がるような作りになっているので、無理に弾道を高くしようとゴルフスイングのバランスを崩さないようにすることが大切です。

一般男子のゴルファーの場合は8Iで130ヤード、9Iで120ヤードが目安になっていますが、スコアにも直結するためショートではどのくらい飛ばせるのか、詳しく知っておいたほうがいいでしょう。

ウェッジ

もっともロフト角があるもので、バンカーからの脱出やアプローチにも使用します。

これらの場合はフルショットで何ヤード出せるかという把握も大切ですが、どのくらいのスイングをしたらどの程度飛ぶのかという、スイングの加減と飛距離の関係を知っておくことも重要です。

↓↓↓ゴルフスコアを上げるには正確なヤード数把握が必須です!距離計測機を使えばアプローチでもミスしにくくなります。-5打するための秘訣をぜひチェックしてください!

飛距離目安の注意点

クラブごとの飛距離はどのくらいか、イメージをまとめることはできたでしょうか?ゴルフでは番手ごとにどのくらい飛ばせるかを知っておくことは、プレーを組み立てる上でもとても重要なことです。

ただ、注意点もあります。アイアンは、ゴルフメーカーごとに番手によるロフト角の違いがあります。同じ番手であってもロフト角が違っていたりすることもよくあります。

さらに近年は飛距離アップを目的として、ロフト角を立てた「ストロングロフト」のものが増えてきています。

遠くまで飛ばせることはゴルフで一定のメリットはありますが、ウェッジなどの場合は番手が一つ違うことでロフト角が大幅に違ってくる場合、調整をするのが難しくなってしまいます。

ゴルフメーカーが違う場合などは特に注意が必要です。

↓↓↓ゴルフスイングの基本をまとめました!あれこれ試す前にまずはこの記事をチェックしてみてください。


↓↓↓YouTubeでGOLFavoオリジナルのレッスン動画配信してます。

まとめ

今回は、アマチュアの飛距離の目安、ゴルフクラブの種類やその役割について一通りのご紹介をしてきました。

ゴルフは数百メートル先のカップを目指していくスポーツなので、自分の平均飛距離を知っておくことが非常に重要です。

それをもとに自分のセッティングを調整し、あらかじめプランニングをしたうえで実際のラウンドに臨むこと。そしてできるだけ、狙った場所にボールを運んでいくこと。それらを実践することがゴルフ上達、スコアアップへの近道です。

カテゴリごとの番手の特性なども含めてプレーの際はぜひ意識してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧