ゴルファボ TOP雑学ゴルフ距離計の使い方とおすすめランキングBEST5

ファボる (お気に入りへ追加)

雑学

ゴルフ距離計の使い方とおすすめランキングBEST5

ゴルフの距離計…実はとってもいいかもしれない…!ゴルフコースには、杭や樹木、カート積載のナビゲーションシステムで、ある程度分かるけど、自分のボールの位置は正確に計ってくれない…そんなあなたでも距離計を使うことで正確な位置が把握できます。

出典:Amazon

ゴルフは他のスポーツとは違い、ゴルフクラブで遠くにあるカップ(目標)を狙う競技です。

「グリーンエッジまでは残り100ヤード。エッジからピンまでは15ヤード。打ち上げだから125ヤードは打たないといけない…」などショットを打つまでには、いろいろなデータを集めて考えるものです。

読みが的中しすれば問題ありませんが、一度見誤ると、一気に感覚を失ってスコアが崩れてしまいます。そんなとき、ゴルフ専用の「距離計」があるととても便利です。正しく使いこなせれば、正確なピンまでの表示が分かるので、安心してショットできます。

今回は、ゴルフ距離計のメリット・デメリット、使い方やおすすめ製品をご紹介します。スマートに使いこなせれば、クラブ選択も迷わなくて済み、ゴルフのプレーも早くなり、リズムも良くなりなります。ぜひ参考にしてみてください!

ゴルフコースのヤード表示について

ゴルフコースには、コースの端に杭や樹木があったり、フェアウェイに表示板が打ち付けられたりして、カート道路にポイント表示されたりとグリーンまであと何ヤードあるのかを教えてくれます。

また、カートにはナビゲーションシステムが付いていたり、グリーンエッジからカップまでの位置を示すピンポジションの紙がカートに張り付けられたりと、ゴルファーがいつでもわかるようにしてあります。

ゴルファーはキャディのアドバイスや、この表示をポイントにしてラウンドしますが、ほぼ毎日カップの位置は変わりますし、ティーの位置も変わります。特に自分で分析するときは、表示杭などからカップまでの位置を計算して、風を読みながら…と非常に高度な知識が求められます。しかし、ゴルフの距離計は、そんなわずらわしさを一瞬にして解決してくれます。

↓↓↓ゴルフのヤード表示についてまとめみました!参考にどうぞ!

ゴルフの距離計とは?

出典:Amazon

ゴルフの距離計とは、「自分立っている場所やボールの位置から目標(ピンや狙いたい所)を測る機器」です。距離計測器(Distance Measuring Device)の頭文字をとって「DMD」とも呼ばれています。

距離計をつかうことによって、

・瞬時に分かるので、クラブの選択が早くなる

・正確な表示だから自信を持ってスイングできる

・ゴルフコースの罠に惑わされない

などのメリットがあります。

距離計を使用することにより、すぐにターゲットまでの表示がわかりますので、計算する必要がなく、また勘や経験に頼ることなく、実測数値がすぐにわかります。スイングの調子が良ければ、ゴルフスコアを伸ばすことはとても簡単になるでしょう。

ゴルフ距離計にはどんな種類があるの!?

距離計には「GPS」か「レーザー」を使用して計測する2つの種類があります。この2つは、それぞれ特徴がありますので、違いを理解してあなたが使ってみたいものを見つけてください。

GPSタイプ

ゴルフ用のGPS式距離計も、自動車のナビとほぼ同じ仕組みです。人工衛星から電波を受信し自分の場所がわかります。現在地から目標地点を算出してくれます。

GPS式の良い所は、各ホールを上空から俯瞰できるような図で見られることです。自分の立っている場所から見えないバンカーやハザードなどを確認することができます。ピンの位置は反映されませんが、ゴルフコース全体の情報は得られます。

★ゴルフコース表示型

出典:Amazon

ゴルフコースをディスプレイで表示しています。コースの全貌がすぐに分かり、イメージしやすくなるので、攻めやすくなります。打つ地点から見えない池やバンカーの回り込みなども一目瞭然で、ゴルフ場の罠にハマりにくくなります。カラー表示で見やすく、細かく刻んでヤーデージを教えてくれる距離計です。

★腕時計型

出典:Amazon

腕時計型モデルなので、ポケットやホルダーから取り出したりする手間が省けます。最近では軽量で薄くなり、ゴルフのスイング中も邪魔しません。機能もグリーン周りやハザードの情報などをワンタッチで切り替えられて、スマートフォンとも連動するなど充実しています。電話の着信やメールの受信なども分かる機能がついている距離計もあるようです。

★距離計アプリ

出典:App Store

GPS式のゴルフナビと引けをとらない、距離計測機能を備えたアプリです。スマートフォンに内蔵されているGPS機能を利用したものです。無料の体験版や有料版、ゴルフコース単位で課金されるタイプなどいろいろあります。

ゴルフGPSナビの専用の距離計よりも安く利用できる点が強みです。アプリによってはスマートフォンとの相性が悪い場合があり、電波を大量に使うことがありますので体験版などで相性を確かめましょう。GPSナビは、コース全体を把握しながらラウンドしたい方におすすめです。値段もお手頃です。

ゴルフのスコアも瞬時に計算してくれるアプリもあります。スコア入力からスイング診断してくれるものまで盛りたくさんです。

レーザータイプ

出典:Amazon

GPSゴルフ距離計は、衛星の電波を使うのに対して、レーザー距離計のモデルは、レーザーをターゲット(ピンや目標物)に照射して計測する機器です。ビデオカメラくらいの大きさで、望遠鏡のように覗いて、ピンや樹木などの対象物に標準を合わせます。ボタンを押してレーザーを照射して、レンズ内に残りヤーデージを表示してくれます。

ただターゲットまでを測るだけのタイプと、打ち上げ打ちおろしの勾配を加味しえ計算してくれるものもあります。日本は山岳のゴルフコースが多いので、後者の距離計の方が多く売れているそうです。

レーザーで正確に測ってくれるので、競技志向や、正確に知りたいゴルファーにはおすすめです。

「GPS」と「レーザー」どっちの距離計を選ぶべき?

正確性で選ぶなら…

レーザーは、誤差が1ヤード以内と言われています。GPSは、電波の状態やコースの改造などで変更があると、自動車のナビのようにズレが生じてきます。正確性を求めるゴルファーには「レーザー」がおすすめです。

操作性で選ぶなら…

手軽に操作ができるのは、覗いてボタンを押すだけのレーザー式です。GPS式は、ボタンがたくさんあるので、どうしても操作の慣れが必要になってきます。

レーザー式は、操作ボタンも少なく、ゴルフ場以外でも使えます。例えばゴルフ練習場です。練習場のヤーデージはアバウトなところが多いですので、きっちり練習したいのであれば活用できます。またゴルフ以外のアウトドアや工事の測量などでも使えそうですね。

練習場でのゴルフボールは飛ばないと言われています。知らないで練習すると下手になります。

レーザー式は、ビデオカメラくらい大きさで、CR2型の電池の交換が必要です。GPS距離計は、3~4時間の充電が必要になりますが、小型で腕時計型などがあり、持ち運びに便利です。

価格帯で選ぶなら…

レーザーは、高価になります。安くて10,000円位〜。高くて70,000円前後になります。平均で20,000~40,000円前後です。GPSは、6,000円位の手頃なものからありますが、腕時計型は20,000〜50,000円になります。

ゴルフ競技でも使えるの?距離計の使用上の注意

現在の日本プロゴルフ協会の規定の公式ルールでは、距離計は、ゴルフの競技では使うことができません。以下、「日本ゴルフ協会ゴルフ規則付属規則」を掲載します。

ルール:距離計測器(規則14-3) 

委員会がその使用を認めるローカルルールを制定している場合を除き、正規のラウンド中に距離計測器を使用することは認められない(規則14-3注および付属規則Ⅰ(A)7項参照)。そのローカルルールが制定されている場合であっても、その機器を規則14-3によって禁止されている目的で使用してはならない。

このローカルルールの違反となるのは次のものを含むが、これらに限定されない。

・勾配を計測したり、測定する。

・プレーに影響するかもしれないその他の条件(例えば、風速、風向)を計測したり、測定する。

・ストロークをしたりプレーする上で、プレーヤーの援助となるかもしれない推奨事項を提示する(例えば、クラブ選択、プレーするショットのタイプ、パッティンググリーンの読み、あるいはその他のアドバイス関連事項)。

・ショットの距離に影響を与える標高変化やその他の条件に基づく2点間の実効距離を計算する。

スマートフォンやPDAのような多機能機器は距離計測器として使用することができる。ただし、そうした機器をその使用が規則14-3に違反することになる他の条件を計測または測定するために使用してはならない。(出典:日本ゴルフ協会 ゴルフ規則付属規則 IV)

競技でも使えるのは?

上記ルールの重要なポイントとして、公式のルールでは認められていませんが、ローカルルールで制定されれば使用ができることになります。事実、シニアプロのツアーではローカルルールで制定し、距離計の使用が始まっています。これは2019年のルール改正が行われことに併せて実施されていると思います。

R&A(ゴルフ競技の世界的な総本山。セント・アンドルーズに本部があるゴルフ組織)とUSGA(全米ゴルフ協会)は、昨年の3月に大幅なルール改正案を発表しました。その中に距離計の使用についても盛り込まれていました。これはプレーの進行を速くするためと考えられています。

プロの試合では、ヤーデージブックを見ながら歩測していたので、時間がかかっていました。距離計があると瞬時に計測できるので、自ずとゴルフプレーは速くなります。

しかし、2019年に公式に使用が許可されても、勾配や風速、風向きなどを計測できる機能がついているものは使用できないと言われています。購入する場合は、直線のみが測れるレーザーのものが役に立つでしょう!

初心者ゴルファーでも簡単に分かるルールです!確認しておきましょう!

おすすめ距離計ランキングBEST5

ニコン:COOLSHOT 80iVR

出典:Amazon

日本を代表するカメラメーカーの技術を駆使してレーザー式の距離計を発売しています。COOLSHOTシリーズがゴルファーに人気です。特に「80iVR」は手ぶれ補正機能で簡単に標準が合うのがポイントで、計測が簡単です。高低差があっても問題なし。クラブの選択が早くなります。価格は2万~4万円前後です。

ブッシュネル:ピンシーカースロープツアーZ6ジョルト

出典:Amazon

ブッシュネルは、アメリカのメーカーです。長年培ったレーザー技術を活かし、スピードガン、双眼鏡などの商品を開発しています。

ピンシーカースロープは、ゴルフコースの打ち上げ・打ち下ろしの勾配を読み込み、推奨する打つべきヤーデージを表示します。最大1,300ヤードまで測定できます。天候、周囲の明るさなどのラウンド環境に合わせて4段階に明度を調整できるビビットディスプレイを採用しています。トッププロも使用しています。

ユピテル:ゴルフナビ YGN5200

出典:Amazon

ユピテルは日本の無線通信機器のメーカーです。カーナビやドライブレコーダー、トランシーバー、ゴルフ用スピード測定器などを製作しています。

「現在地」「画面をタッチした場所」「グリーン中央」の3点間の表示できるようになりました。これでゴルファーの戦略性がアップします。価格は、17,280円(税込)です。

ショットナビ:HuG ルコックモデル

出典:Amazon

日本全国100%のゴルフ場をカバーする、GPS距離計『ショットナビ』シリーズの開発・販売している日本のメーカーです。累計販売台数は国内No.1です。コースデータはゴルフ中継中のCGやトーナメントの公式計測器として採用されるなど実績があります。

ラウンド中の心拍数が計れる「HuG ルコックモデル」が話題です。心拍数が分かると緊張や体力の消耗などがわかってきます。価格は、23,760円(税込)です。

朝日ゴルフ:イーグルビジョン NEXT

出典:イーグルビジョン公式サイト

日本のゴルフ用品のメーカーです。ピンの位置を入力すれば、そこから左右のエッジまでのヤード表示がすぐにわかります。価格は、25,920円(税込)です。

ゴルフタイプ別!距離計選びのキホン

より正確性を求めるなら…

ブッシュネル:ピンシーカープロX2ジョルト

出典:Amazon

ブッシュネルのピンシーカーシリーズのモデルが大人気です。1000ヤードも計測できるとか…!最新シリーズは、ピントが合うと本体が振動します。5~125yは、「0.1ヤード」刻みで表示します。細かいゴルフ戦略が立てられます!価格は少し高く、70,000円前後です。

★キャディトークミニ

出典:楽天

なんとグリーンの傾斜が読めてカップまで計れます。サイズもコンパクトで軽くて、人間工学に基づいたデザイン設計がポイントで、ラウンド中でも疲れない、持ちやすさを追求しています。

簡単な操作で、手軽にゴルフで使いたいなら…

★ガーミン:Approach S60 Black

出典:Amazon

手軽に使えるのは、やはり腕時計型です。ポケットやケースから取り出すわずらわしさから解放されます。初心者ゴルファーからも人気があります。

表示には、高低差の勾配が加味されていますので、分かりやすくて迷わなく済みます。価格は、54,800円(税込)です。

とりあえず安いもので様子を見たいなら…

★ユピテル:ゴルフナビAGN1500

出典:Amazon

大きい文字と音声で案内してくれます。片手で簡単に操作できます。グリーンやハザードまでの情報をリアルタイムに表示してくれるので、戦略的にゴルフコースを攻めていけます。

「ゴルフで距離計を使ってみたいけど、使いこなせるかわからないから、あまりお金はかけたくない」という方にはおすすめです。

おまけ|弾道計測器:フライトスコープ ミーボ

出典:ゴルフポケット

フライトスコープ社は、弾道を計測する会社として設立しました。現在は、世界的ハイテク企業です。そんな会社から99,900円(税込)という破格の測定器「ミーボ」が発売され、プロゴルファーの間でも話題になっています。

小型ながら、ゴルフのスイングで大切な、ボール初速、ヘッドスピード、打ち出し角度、ミート率、キャリー、高さ、滞空時間、スピン量を計測することができます。

距離測定器を使ってある練習をすると、ゴルフのショット精度が格段に上がります!

あくまでもサポート役として使おう!

ゴルフの距離計は、スコアメイクをするにはとても有効なアイテムです。来年からルールで使用可能になるので、どれか一つは持っておいても損はないでしょう。特に競技志向ゴルファーにはおすすめです。

しかし、ゴルフを本当に上達したいのなら、機器に頼り過ぎず、自分の感覚を養うアイテムとして使ってみてはいかがでしょうか?プロよりも強いアマチュアゴルファーと言われた中部銀次郎は、「すべて自分で読まなければ、ゴルフは上達しない」と仰っています。

コースで自然を感じ、目測で自分の感覚を養っていくこともゴルフの醍醐味のひとつです。うまく最新技術も取り入れながらゴルフ上達を目指しましょう!

まとめ

ゴルフの距離計にはいろいろな種類があります!機能によって戦略的に攻められものから、スイングの上達につながるものまで科学技術の進歩には驚きです。

しかし、ゴルフは自然との戦いです。実際に肌に風が当たる感覚や目測などがとても大切になってきます。機器では計れないものを感じていかなければ、ゴルフは上達しません。ゴルフでは、距離計をフルに頼るのではなくて、あなたのサポート役として携えていくと威力をさらにアップさせてくれるでしょう!

今回ご紹介したことをご参考に、自分に合ったモノ、用途に合ったモノを探してみてください。ベストスコアの更新が期待できます!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧