ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP雑学ゴルフのGPS付き腕時計おすすめ人気ランキングTOP5

雑学

ゴルフのGPS付き腕時計おすすめ人気ランキングTOP5

スイングの邪魔にもならず、いつでも手軽に使えるのがゴルフのGPS付き腕時計です。残りが正確にわかって、番手選択の迷いもなくなります。今回はGPS付き腕時計を使うときのコツとおすすめの5選を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

出典:amazon

ゴルフの距離計、使っていますか?

2019年1月1日のルール改正で、競技でもゴルフ用のGPSナビなどを使って残り距離を測ることがOKになりました。

距離計の中でも特に手軽で便利なのが腕時計タイプです。わざわざバッグから取り出したりする手間もなく、紛失するリスクも少ないのがメリットです。しかし、種類が多くて、どれにしようか迷ってしまうことも…。

そこで今回はゴルフのGPS付き腕時計の選び方と、おすすめランキング5選を紹介します。あなたに合ったモデルを選ぶためのポイントが詳しくわかりますのでぜひ参考にしてみてください。

GPS付き腕時計とは

出典:amazon

ゴルフでグリーンやピンまでの残りヤード数を最新技術で計測してくれるものです。

特に衛星を利用しGPSの仕組みを使ったウォッチ型タイプは、最近ゴルファーの間で人気が急上昇。メーカーの技術向上もあって、より軽量になり、手軽に使えるようになりました。

腕につけていてもスイングの邪魔にならず、いつでも瞬時に距離が計れるというのが魅力です。

GPSタイプがおすすめの理由

出典:amazon

計測器には2つのタイプがあります。

ひとつはGPSタイプで、打ち上げられた衛星によって位置情報を正確に把握できるシステムのことです。車についている「カーナビ」と同じ原理になっています。

このシステムを利用してゴルフ場でも自分が立っている場所と、グリーンやバンカーなどの間を測ることができます。端末にはあらかじめグリーンセンターなどの情報が入力されているので、素早く計測することが可能です。

出典:amazon

もう一つはレーザータイプというものです。こちらはレーザーを発射してピンなどのターゲットに当たって跳ね返ってくるまでにかかる時間を計算。距離を割り出す仕組みです。

ゴルフ場で使ったとき、GPSは誤差が3Y程度、レーザーのほうが誤差は1Y程度というのが目安。しかし、レーザーの場合は打ち上げなどでピンがブラインドになっていると測れないというデメリットがあります。

一方でGPSタイプはブラインドになっていても計測OK。ゴルフ場にある高低差が測れるという利点もあります。

腕時計型のメリットとデメリット

出典:amazon

衛星を使って計測するものとしてはスマホのような形をした「端末型」があります。端末型は大きな画面で見やすく機械に弱くても使いやすいのが特徴。

一方、腕時計型はつけてしまえば、バッグなどから出し入れする面倒もなく、なくしてしまう恐れもほぼありません。プレーの邪魔にもならず歩数計などほかのスポーツでも使える機能が備わっているものもあります。

デメリットとしては、文字などが小さめになりがち。ゴルファーの中には見にくいと感じる人もいます。

使用するときの注意点

ルール改正で使用自体はOKになりました。しかし、競技のときには「コースの高低差」を測ることはできないので要注意。もちろん仲間同士でプレーをするときには、楽しく自由に使いましょう。

また、思ったよりも早いタイミングでバッテリが切れることもあります。ラウンドする前日などにしっかり充電して備えておきましょう。

↓↓↓ゴルフスイングの基本を徹底解説!ドライバーからウェッジまで使い方を総まとめしましたので、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめランキングベスト5

ガーミン アプローチS60

出典:amazon

たくさんのスポーツでナンバー1の地位を確立しているウォッチメーカー、ガーミンのゴルフ用モデルです。

見やすい液晶表示にフルカラーでコースが掲載、任意の位置までのヤード数もわかります。高低差を自動的に計算して何ヤード打てばいいのかを教えてくれる機能も搭載。アプリと連携すればショットした位置・番手・どれだけ飛んだかを自動で記録することもできます。

デザインも洗練されていて、すみずみまでコースレイアウトを正確に把握できます。価格は高めですが、機能満載で人気のハイエンドモデルです。

ショットナビ W1-FW

出典:amazon

グリーンまでの残りがわかるのはもちろん、自分が打ちたい位置のフェアウェイセンターまでのヤード数がわかる機能もあり。ドッグレッグやブラインドでも大活躍してくれます。大きめサイズで表示が見やすいのも特徴。

他のモデルに比べてやや重量はありますが、コストパフォーマンスも高くて長く人気になっています。ゴルファーが最初に買うならこれ、というおすすめの商品です。

ユピテル ゴルフナビYGブレスレット

出典:amazon

58グラムと軽くて着け心地が快適、ブレスレット型のナビゲーションです。グリーンセンター、エッジまでの距離や高低差、ショットがどれだけ飛んだかをボタン操作一つで表示してくれる優れもの。

操作がとてもシンプルなのでゴルフのラウンドでも集中力を切らさずにプレーができます。衛星を利用してワンタッチで現在地のホールを自動検索。スタートホールも確認できるので安心のアイテムです。

GreenOn ザ・ゴルフウォッチスポルト

出典:amazon

スポーティなデザイン、軽量なので装着してもゴルフの妨げにはならないというメリットがあります。日光の下でも見やすい液晶を採用。左右についたボタンは高さを調整することで押し間違いによる誤作動を防ぐ設計になっています。

ベルトもやわらかくフィット感も抜群。大きめの画面表示でわかりやすいのもうれしいポイントです。

朝日ゴルフ イーグルビジョンEV-717

出典:amazon

ボタン一つのかんたん操作でスタート、現在地とグリーンセンターまでのヤード数や高低差が自動的に表示されます。ペナルティエリアやバンカー位置の表示もあり。防水機能もついているので雨天でのゴルフにも安心して使えます。

国内2577コースに対応。どこにでも持っていける軽快なモデルになっています。

↓↓↓ゴルフの距離計のうちレーザータイプについて詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

↓↓↓ゴルフで番手ごとの平均は?ドライバー、アイアンなどクラブ別にまとめましたので比較してみてください!

まとめ

今回はゴルフのGPS付き腕時計について紹介しました。各モデルともこれまで進化してきてワンタッチでスタートできるなど、操作も簡単になっています。

機能のほか、デザインや値段などこだわりのポイントはゴルファーによってさまざま。気になるものはぜひネットやショップなどでチェックしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×