ゴルファボ TOP知識ゴルフのヤードとは?基本の数え方と杭の読み方

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのヤードとは?基本の数え方と杭の読み方

プレー中、ピンまでの距離を調べるためにあなたはどうしていますか?目測ですか?それともデジタル機器ですか?実はゴルフコースのヤード杭を活用するとゴルフのスキルがアップします。ぜひコースマネジメントの1つとして知識をストックしてください。

「あれっ、これ本当に100ヤード?ナイスショットしたのに~」と、あなたはゴルフコースの距離表示に疑問を持ったことありませんか?

ミスショットしたわけでもないのに、まったく合わない…実はヤーデージの法則を理解せずに誤りを起こしているのが原因です。せっかくナイスショットを打ったのに距離を間違えるとショックですよね。

今回は、ゴルフのヤードの数え方と杭の読み方のポイントをご紹介します。

コースやゴルフ練習場以外ではあまり馴染みのない単位なので、特に初心者ゴルファーは戸惑うかもしれません。ゴルフでは基本的な単位ですので覚えておきましょう。

また、杭の見方にもコツがありますので、もしかしたらスコアアップのキーポイントになるかもしれません!

ゴルフの「ヤード」とは?

ゴルフ競技で用いられる単位です。正確には、長い距離では「ヤード」、グリーン上の短いときは「メートル」が使われています。

同じスポーツで単位が違うのは何とも不思議な話ですが、日本では短い場合には、わかりやすいように馴染みのある「メートル」の表記が使われています。ちなみに「1ヤード=91.44㎝」、約90㎝と覚えておくと便利でしょう。

ゴルフ場の「ヤード杭」は何のためにある!?

グリーンまでの残りの距離を示している標識です。フェアウェイではなくコース脇に設置されています。自分のゴルフボールがどれだけ飛んでいるのか、ピンまで残りどれくらいあるのかを測る目安になります。

ヤード杭の種類

種類は、ゴルフ場によって様々です。

・数字で表示されているもの

・線の数で示しているもの

・色で示しているもの

・小さな植木で表しているもの

一般的には、残り100、150、200ヤード地点に設置されています。ゴルフコース内には、排水溝やスプリンクラーなどにも記載されている場合もありますので、参考にしてください。

60歳で300ヤードを飛ばす秘訣です!パー5のホールで2オンできるとかっこいいですよね!

ヤーデージの基準

ゴルフ場で表示されているヤーデージの基準は2通りあります。

・センター(グリーン中央から計測)

・エッジ(グリーン手前から計測)

この2つのポイントを把握しないでショットを打つと、ピンまでまったく合わなくなってきます。

<センター表示>

グリーンのセンターまでを表しています。注意すべきポイントとして、例えばピンがセンターより手前に切られている場合、残り100yから打つとき、100yピッタリ打つとピンを大きくオーバーしてしまいますので気をつけましょう。

<エッジ表示>

グリーンの最前方までの長さです。残り100yから100yピッタリの距離を打つとオンすることができません。ピンを狙うとき、1~2番手大きいクラブを選択しないといけなくなるので注意が必要です。

ラウンドしているゴルフ場が、どの基準ポイントで表示しているかを知らないままプレーすると、まったく距離感が合わなくなります。スタートする前には、スタート(マスター)室かキャディーさんに聞くことをオススメします。

最近のゴルフ場はセルフプレーが多くなってきましたので、カートまたはカートに乗っているピンポジション用紙に、「センター」か「エッジ」の記載があると思います。

もし無かったときは、「手前・中央・奥」とピンの位置が大まかに分けられている場合、中央を基準としているので、「センター表示」を採用している確率が高いです。逆に「縦30y、横4y」とピンの位置が決められているときは、「エッジ表示」を採用していることが多いです。

<2グリーンの場合>

ひとつのホールに左右に分かれて2つのグリーンがある場合は、右のグリーンは、右側に設置された杭、左側の場合は左の杭で確認できます。

位置によって左右のヤード杭の位置が大きく異なることがありますので、間違えて反対側を確認してしまうと、ピンまでまったく合わなくなりますので気をつけしましょう。

これは、一般的なヤードの読み方です。ゴルフ場によって表示方法が異なる場合もありますので、ゴルフ場に確認することをおすすめします。プレーの前に確認すると、コースマネジメントで効果を発揮できますのでスコアアップが期待できます。

ゴルフがもっと楽しくなる!アイアンの飛距離がアップする体の使い方をご紹介します。ぜひスイングに取り入れてみてください。

実は正確ではない!?ワンアップ活用術

杭をもっと上手く活用するためのポイントをご紹介します。ゴルフ場のヤード杭は、プレーの邪魔にならないようにコース脇に設置されている関係で、100%正確な距離を示すことができません。

実際には、グリーンから杭ではなく、フェアウェイとの直線距離を基準として設置しています。

上記イラストをご覧になると分かりやすいと思いますが、「残り100y」を設置する場合は、フェアウェイの100yの地点の両サイドに設置します。ストレートなホールだと、杭の周辺のゴルフボールはグリーンまで少しだけ長くなります。知らずに打つとショートしてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

ゴルフ練習場のヤード表示

これまで、ゴルフコースの見方をお伝えしましたが、ゴルフ練習場のヤーデージのポイントもご紹介します。

ゴルフ練習場の表示も「ヤード」がほとんどですが、注意しなければいけないことが1つあります。練習場のゴルフボールはコースボールより飛ばないので、ヤーデージ板も飛ばないことを考慮して短くしている可能性があります。目測と実際の違いに戸惑うかもしれませんので気をつけましょう。

練習場のゴルフボールはこんなに飛ばないんです!知識があるだけでも練習が有意義になります!

まとめ

最近は、セルフプレイが増えていてゴルファーが自分自身で測ることが多くなっていきます。そのため、正確にピンまで計測してくれるレーザー測定器やGPS機能で計測するデジタル機器が発売されていてゴルファーにとても強い武器になっています。

しかし、自分で測ることができたら、ショットやアプローチの感覚も身につくので確実にゴルフのレベルがアップします。今回ご紹介した方法をぜひ参考にして、スコアアップにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧