プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル知識【喝】パターの長さについてプロが一言物申す?!

【喝】パターの長さについてプロが一言物申す?!

知識

パターの長さで何が変わるのか。

 

長さによるメリット・デメリットって何なのでしょうか?

 

よく「自分に合ったパター」というフレーズも聞きますが、これも実際どういった事なのでしょう?

 

今回はそんな疑問を解決すべく、パターの長さについてプロゴルファーの方々に調査をして参りました!

 

是非パター選びの参考にしていただければと思います。

 

パターには短尺から中尺・長尺のものまであります。
しかし、背の高い人なら長いものを使えばいいというわけでもありません。

 

現に、フィル・ミケルソンなどの海外のトッププレイヤーも180cmをこえる長身ながら33インチのパターなどを使用しています。

 

中尺・長尺の歴史はそれほど長くなく使用するプロも年々増えていましたが、2016年にアンカリング(体に固定して打つ方法)が禁止されてからは一般的なものに戻りつつあります。

 

一般的なパターの場合31インチ~36インチ程度があります。

 

パターの長さによるボールの位置

プロの方からいただいた意見の中でもっとも多かったのは、

 

「パターは長すぎてはいけない」

 

という事です。

 

なぜ長すぎるといけないのでしょうか?

 

それは自分の体に対してパターが長すぎる場合、ボールが遠くになってしまうからです。言い換えると自分の目の真下にボールをセット出来ないという事です。

自分の真下にボールをセットできないと安定したストロークが出来ません。

 

肘をいつもより曲げて打つなどの方法もありますが、それではフォームが安定しません。

 

適切な長さはフォームによっても変わる

スイングフォームには大まかに、腕で五角形を作るパターンと三角形を作る2種類があり、それによって適切な長さも変わってきます。

 

  • 肘を曲げて五角形を作る形
  • 肘を伸ばして三角形の形

 

日本人の平均身長ならば五角形=34インチ、三角形=33インチが適切と言われていますが、人それぞれ膝の曲げ具合や体の作りも違うので一概にこれが正解とは言えません。

 

自分の体形やフォームに合わせて選ぶことが大切ですが、その際はボールが必ず目の真下にくるようにしましょう。

 

メリットとデメリット

長いパターは微妙な調整が難しくなります。

 

スイングをするときは大振りにならないようにコンパクトに振るよう心掛けましょう。

 

反対に短いパターは細かい動作をしすぎてしまう可能性があります。

 

思っているよりもスイングテンポが速くなってしまうのでゆったりとしたフォームでスイングすることが大切です。

 

プロから見るとやはり長いパターを使い過ぎている人が多い傾向があるそうなので、パターがなぜか安定しないという方は自分のパターが適切かどうか確認してみましょう。

 

まとめ

  • 長すぎるパターを使うと適切なポジションにボールを置けない
  • フォームによって扱いやすいものを選ぶ
  • 背の高さ=パターの長さではない

 

<この記事を読んだ方にオススメの記事>

5分でできて効果抜群のパター練習法とは・・・

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。