Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法諸藤プロ直伝!アドレスの正しい構え方2つのポイント

上達法

諸藤プロ直伝!アドレスの正しい構え方2つのポイント

アマチュアのアドレスでもっとも多いミスは、右重心で構えていることだそうです。

構えた時点で重心が右側になり過ぎていると、なぜミスショットが多くなってしまうのでしょうか。今回は、飛ばし屋としても有名な諸藤将次プロが実際に行っているアドレスを正しく構えるためのルーティンとコツをご紹介します。

もしもあなたのアイアンショットが不安定ならぜひこの方法を試してみてください。スイングのあれこれを変えるよりも、かんたんにナイスショットの確率を上げられるかもしれません。ラウンド中に急に調子が悪くなった時も効果的です!

諸藤プロおすすめ!アドレスの作り方

アマチュアによくあるNG例

上記の例がアマチュアによくあるNG例です。

腰が右側にズレています。軸は体の中心になければいけないのですが、構えた時点で重心が右側にズレている人が非常に多いそうです。

腰が右側にあると、左側が開きやすくなります。また、この状態でテイクバックするとスウェーしてしまう可能性が高くなるので、力を溜められずに飛距離・方向性ともに低下してしまいます。

こちらが良い例です。体の軸はしっかりと中心にあり、バランスが崩れにくいアドレスになっています。

上級者は構えた時点で「上手そう!」と分かりますよね。これはこのアドレスのバランスの正しさにあるといえます。アマチュアで右に行きやすい人は少し左側にポイントを持ってくる意識で構えると丁度良い位置で構えることが出来るでしょう。

👇アドレスに関してもっと詳しく知りたい方はこちら

正確に構えるための2ステップ

構え方

まずは通常の7番アイアンのアドレスを取ってください。

そして、そこからゴルフクラブを真上に上げてください。上げる方向が右左にブレないように、まっすぐ上に上げましょう。そのままクラブを下ろします。その位置が理想的なクラブの位置になります。

グリップの位置が右過ぎても左過ぎてもよくありません。自分の最適な位置を見つけましょう。

グリップ

クラブを真上から下ろしたら、一度クラブを置いてください。その位置のまま手をブラブラさせて両手を合わせます。その位置が理想的なグリップの位置です。感覚を持ったままクラブを手に取りスイングしてみてください。

もし体が後ろに倒れすぎていた場合強く両手を合わせられません。逆に前かがみ過ぎると背中や腰などに力が入り過ぎてしまいます。リラックスした状態で両手を合わせられる位置が理想のポジションです。

👉7番アイアンの基本の打ち方はこちらで解説いたします。

まとめ

アドレスをいつでも正しくセットすることは簡単そうでかなり難しいポイントです。

いつのまにかバランスがズレてしまって、ミスショットが続いてしまう…ラウンド中そんな経験があるかたも多いかと思います。ぜひ諸藤プロのアイアンのセットアップを参考にして、正しい構えを実現してください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 87

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 127

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 832

【東京都内】ゴルフレッスンおすすめスクール特集!初心者に人気 …

東京都内おすすめのゴルフスクールBEST7をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんな ...
  • 雑学
  • 151

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!名門トーナメン …

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!ということで日本が世界に誇る名門トーナメントコースをプレーしてきました!なぜ長年にわた ...
  • その他
  • 126

特集一覧

- Official Sponcer -

OfficialSponcer

OfficialSponcer