ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法ドライバーを上手く打つためのポイントをプロが解説

上達法

ドライバーを上手く打つためのポイントをプロが解説

ドライバーを上手く打つためには最後までバランスよく立っていることがポイントです。ガチガチになるのは良くないといいますが、脱力し過ぎもNGです。どれくらい緩く握ればスムーズに振り切れるかを解説いたします。

ドライバーを上手く打つためのポイントは「バランスよく振り切る」こと。バランスよく振り切ることができると、プロゴルファーのように片足立ちになります。

あなたのフィニッシュの形はどうなっていますか?

もし打ち終わった後に、前方に倒れたり、後方によろけたりしているなら…ヘッドの加速、体の回転、正しいスイング軌道などがうまく出来ていない可能性があります。

今回は、最後の形を改善することでドライバーをもっとうまく打てるようになるコツをご紹介します。ぜひナイスショットの参考にしてみください。

ドライバーを上手く打つためのポイント

ドライバーショットのNG例

インパクト~フォロースルーでは、ゴルファーに強い遠心力がかかり体がブレやすくなります。

しかし、体重移動や回転がスムーズにできてリラックスした状態でクラブを振る事ができれば、ブレないフォームのままフィニッシュを迎えることができます。

もしもあなたのドライバーの振り終わりがこのように↓なっているなら…

後方に倒れる

後方にあとずさりするような形です。

バランスが後ろに行き過ぎた結果起こります。パワーが伝わりにくく、不安定なスイングになるので上手く打つことが出来ずに、さまざまなミスショットの原因や飛距離低下に繋がります。

前方に倒れる

振り終わったあとに前方に倒れこむパターンです。

バランスがつま先側にありすぎ、手打ちで最後まで回転できなかったりすると起こります。後方に倒れるのと同じで、スイングの再現性やパワーが失われます。

理想のフィニッシュの形とは‥?

その場で静止した状態でフィニッシュできるのが理想です。

インパクト前後の動きはとても素早いので、どれだけ良い動きをしようと思っても自分で確認することは困難です。ゴルフ初心者含め、ショットが安定しない方はまず、この形で終われるようにイメージすることを心掛けてください。

振り終わりを正しく設定してから動作することで自然と理想的なスイングで上手く打つことが出来るでしょう。

ドライバーを上手く打つためのポイント

バランスよくフィニッシュするためのポイントが「力みを取る」ことです。

とくに男性アマチュアゴルファーの多くは腕も肩もガチガチになっていることがあります。

リラックスして振るには「グリップを握り過ぎない」ということが効果的ですが、あまりにもやさしく握りすぎると、テイクバックがうまく出来なかったり、インパクトの衝撃に負けてチーピンやプッシュアウトになってしまいます

最大に握った時を10割とした場合、ドライバーで5割くらいだと抜き過ぎている可能性があります。今野プロのおすすめは7~8割くらいの強さで握ることです。

↓↓↓ボール位置でスライスは止まる!ドライバー理想のボール位置とは‥?

下半身をしっかり踏ん張ろう!

ドライバーショットのときは、グリップを7~8割くらいの強さで握ってガチガチにならないようにしましょう。そして上半身はリラックスした状態で、下半身を踏ん張ってください。

しっかりと足を踏ん張ることで、ドライバーのスイングに負けない土台を作ることができます。アマチュアの場合、下が弱くて上が強い状態になっていることが多々あります。

理想は、上よりも下が強い状態です。上手く打つためにぜひ練習で試してみてください。

↓↓↓ドライバー飛距離を大きく上げるための下半身の使い方について知りたい方はこちら

まとめ

アマチュアゴルファーがもっとも気をつけなければいけないポイントが「力み過ぎ」です。

グリップをガチガチに持ってしまうのはNGです。しかし、脱力のし過ぎもミスショットに繋がるので注意してください。

ドライバーでは7~8割程度で握ることで理想的なスイングをすることが出来るでしょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×