ゴルファボ TOP上達法パターのストローク中に上半身の軸を安定させる方法

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

パターのストローク中に上半身の軸を安定させる方法

パターのストロークを安定させるには上半身が動き過ぎないことが大切です。ティーを1本使った練習を行うことで、自分では分かりにくかった上半身の動きや体の流れを簡単に把握することが出来ます。ボールを確実にミートしてカップイン率を上げる方法です。

5メートルのロングパットが入ったかと思えば50㎝のショートパットを外してしまう・・・

パターには方向性や距離感が重要です。その再現性を高めるにはストロークの安定が欠かせません。そしてそのストロークには上半身の軸がブレないことが重要となります。上体の動きが不規則になると末端のクラブヘッドも不安定になり距離感や方向性が合わなくなりパターが上達しなくなってしまいます。

今回はストローク中に上半身の軸を安定させるドリルをご紹介します。パターマットさえあれば自宅でも簡単に出来る練習ドリルなので是非チャレンジしてみてください。

パターのストローク上達ドリル|上半身の軸

上半身の軸が不安定になる原因とは?

パターのストロークを一定にさせるには下半身の動きを抑える事にプラスして上半身の軸を固定することが大事です。しかし自分では気付いていないうちにバックスイングやダウンスイングで軸はブレてしまいがちです。原因は「顔の移動」にあります。人体の構造上、顔の動きに体は付いていくようになっています。顔の移動を抑える事が上体のブレの軽減に繋がります。

上半身の軸を安定させても、手だけでパッティングしてしまうと距離感や方向性がなかなか思うようにいきません。パターは基本的に肩の回転のみで行いましょう。下半身のフラつきにも注意しながら肩の回転を使って打つことで、再現性の高いパターのショットが可能になります。

上半身の軸がブレてしまう原因

パターが安定しない大きな原因に、顔の流れによって起こる上半身の軸のブレがあります。

アドレスの時点で顔はボールの方向を向いていますが、バックスイングと共に後ろに流れ、ダウンスイングでターゲット方向に流れて左を向き過ぎてしまうとその動きに合わせて体も移動してしまい、結果的に上体が不安定になってしまいます。

ストローク中に向きを一定にすることが出来れば上半身の軸が安定しパッティングそのものが良くなります。また目線も一定に保つことが出来るのでボールを最後までしっかり見て捉える事が出来るので、パターの芯でしっかりボールを捉える事が出来るようになります。

プロ選手のパターの打ち方は?

プロゴルファーのパッティングは終始頭の位置が動きません。秘訣は「目」にあります。アマチュアゴルファーの多くはパターのクラブ軌道やボールを顔で追ってしまいがちですが、プロゴルファーは顔ではなく目で追います。目でクラブやボールを追うことで頭の移動に伴う上体のブレを防ぐことが出来ます。

特に大事なパターの場面ではボールの行方が気になりすぎて打った後すぐ顔を上げてしまいがちです。確実にショットした後なら問題ないのですが、この意識が強すぎるとインパクト前にヘッドアップしてしまい確実にボールを捉えられなくなります。プロの様に自分の視界からボールが消えるまで顔を動かさないくらいの意識を持ってパッティングしましょう。

プロも行っているパター練習法はこちらをご覧ください。

実践!パターのストローク上達ドリル

①ティーを用意する

ティーの形や素材はなんでも良いですが、ショートティーよりはロングティーの方が効果が分かりやすいので長めのティーをご用意ください。

②口にくわえる

ティーを口にくわえてください。ティーを口にくわえることでアドレスを構えた時に視界にティーが入るかと思います。

【ここがポイント!】

視野の中に入ったティーが動かないように。左右に触れたり位置を変えないようにする事を意識しながらストロークしましょう。

③ティーをくわえたまま打つ

アドレスからバックスイング、ダウンスイング、フォローまで視界に入ったティーの先端が動かないようにして打つことで一定したストロークが完成します。

まとめ

今回の練習ドリルは普段の練習やラウンド前のパター練習だけでなく、ラウンド中にパターの調子が悪くなってきたときに行っても効果的です。前の組の待ち時間などを利用して、シャドースイングでも良いのでティーが動かないように意識して振る事で、理想的なパターのイメージが体に定着するでしょう。是非試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

特集一覧