ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法クラブ選択で攻略!左足下がりアプローチのコツ

上達法

クラブ選択で攻略!左足下がりアプローチのコツ

ピンまであと十数ヤード。ラフ・左足下がり・アプローチ、困難なシチュエーションが重なります。攻め方としては、「上げる」か「転がす」か。2つの攻略法を選択するときに守らなければいけないポイントをご紹介します。ぜひグリーン周りで参考にしてみてください。

グリーン周りではラフ+傾斜の状況から打つ機会が多く訪れます。ピンまであと十数ヤード。特に左足下がりからは非常に難しいショットですよね。

打ち損じるとラフから出られなかったり、逆にオーバーしてしまって反対側のグリーン外に出てしまった経験があるかたも多いのではないでしょうか。

左足が下がった状況でボールを上げてピンを攻めるべきなのか、それとも転がして攻めるべきなのか攻略に悩むポイントでもあります。今回は、上げて攻める方法と転がして攻める方法の2パターンをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

左足下がりアプローチ2つの攻略法

クラブ選択で攻める!アプローチのコツ

まずは状況の特徴を明確にしましょう。

左足下がりのライからはグリーンをオーバーしがちです。そこで攻める方法は2つあります。まずは…

①サンドウェッジで上げてグリーンにダイレクトに落として寄せる方法

②アプローチウェッジでカラーに落として転がして寄せる方法

2つの方法どちらで攻めるかはゴルファーの戦略に任されます。自分の得意なショットで攻める方法もありますが、ボールの状況で選ぶこともベタピンするためのコツです。

上げてグリーンに落とす

このショットを選択するときには、ボールが芝で浮いている必要があります。ラフに埋まっているときはミスしやすくなるので転がす方がおすすめです。

アドレスはオープン、フェースも少し開きます。肩も傾斜にあわせて若干斜めにして左足体重をキープします。そして傾斜に沿って打ちましょう。

ボールをふわっと上げたいので打ち込まないようにスイングしてください。少しすくい打ちのイメージでもOKです。

カラーに落として転がす

転がしアプローチのときはボールを上げたくないので、アドレスをクローズスタンスにしましょう。転がすので打ち込む意識でOKです。左足体重のまま低くフォローを出す意識で打ってください。

↓↓↓転がしアプローチについてもっと詳しく知りたい方はこちら

鎌田プロのおすすめは…

サンドウェッジで上げると距離感を掴まなければ大けがをする可能性があるので、アプローチウェッジを使用してカラーから転がしてピンを攻めるのがおすすめです。

ラフから打つときはしっかりショット出来るか不安ですが、スイングを弱めてインパクトしないように心がけてください。スイングを弱めるとダフリやトップに繋がるので注意です。

どちらのショットを選択するにせよ、ボールの状況を把握してから打ちましょう。

↓↓↓ゴルフスイングの基本を総まとめしました。初心者はまずこれをチェック!

まとめ

左足下がりのアプローチでは、上げるか転がすか悩むところです。

ポイントは芝の状況です。ボールが埋まっているか否か。もしも埋まっていた場合は転がしたほうが◎。逆にボールが浮いていた場合は上げてダイレクトにピンを攻めるのも良いでしょう。

シチュエーションごとに最適な攻略法を選んでみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×