ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法バンカーショットの距離感を身につけるための2ポイント

上達法

バンカーショットの距離感を身につけるための2ポイント

何打打っても砂地から出せない…、逆に思い切って打ったらボールは遥か彼方へ‥。そんな最悪な事態を避けるためのバンカーショット打ち方の基本をご紹介します。距離感が身に付けば大ケガすることなくグリーンを攻めることが出来るでしょう。

砂地からピンまで、残りのヤード数がある場合と、それほどない場合。確実に寄せるにはいくつかのコツがあります。

しかし、打ち方自体をあれこれ変えて打とうとするとなかなかうまく行きません…。

ちょっとしか飛ばずに砂地から出せなかったり、反対にグリーンをオーバーしてOBになってしまった経験ありませんか?

今回は、アドレスを少し変えるだけでバンカーショットの距離感を打ち分けられる方法をご紹介します。初心者でもすぐに実践できるスキルなので、ぜひ参考にしてみてください。

バンカーショットの距離感を身につける方法

ピンまで近いバンカーショットの攻め方

近いバンカーショットの場合は重心を下げましょう

重心を下げることで左右への体重移動がし辛くなり、しっかり振ってもパワーが出にくいので、ゴルフボールを高く上げつつ、近い場所に落とすことができます。

アドレスの時点でスタンス幅を広くして、膝を曲げて重心を低くしてください。残りのヤード数によって高さを調整することでかんたんにヤード数を減らすことができます。

ピンまで遠いバンカーショットの場合

ピンまで遠いバンカーショットの時は重心をそれほど下げないで打ちましょう

ある程度高い位置にすることで、左右の体の動きが使えるので、パワーが出しやすくなります。

スタンスを狭くすれば振り抜きやすくなり、同じ振りでもより遠くへ飛ばすことができます。スタンスを狭くして、高い位置を保った後はいつものバンカーショットと同じように打ってください。

距離感を調整するその他の方法

その他にも、ゴルフクラブ(SW)を短く持つことで調節することができます

まずは、親指1~2本分くらい空けて持ってみてください。あまり短く持つと前傾角度やスイングイメージが変わり過ぎてしまうので、まずは1~2本分程度からショットして自分なりに調節してください。

クラブを短く持つと振りやすくなります。しかし、スイングが速くなり過ぎたり、打ち急いでしまう傾向があるので、リズムに注意して振り抜いてください。

バンカーショットの注意点

砂地から失敗してしまう原因の一つに、スイングを弱めてしまう事があります。

ゴルフ初心者の頃は、オーバーが怖くてなかなか振り抜けないかと思いますが、サンドウェッジはロフト角も大きく、フェースを開いて打つので当たったとしても遠くへは飛びは出ません。

サンドウェッジウェッジは自動的にボールを上げてくれる設計になっているので、砂を薄く削るイメージで思い切って振り抜きましょう

もう一点、58度のサンドウェッジなどはロフト角が大きいのでそれほどフェースを開いて打つ必要はありません。あまり開かずに打っても球は上がります。

>>>バンカーショットの構え方・打ち方の基本はこちらで解説いたします↓↓↓

まとめ

バンカーショットの距離感の基本を身につけるには、アドレスの上下で調節することがおすすめです。

アドレスの時点である程度、飛ぶ・飛ばないを決めておくことで、スイング中にあれこれ変える必要なく残りを調節することができます。

グリーン周りで必ず訪れるシーンですので、ぜひ基本をマスターして思い通りの寄せを実現してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。