Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法ミスの原因は「目線」にあり!傾斜に惑わされない打ち方

上達法

ミスの原因は「目線」にあり!傾斜に惑わされない打ち方

コース上ではあなたが気付かないうちに、ミスショットを誘発してしまうことが多々あります。

特に、打ち下ろしや打ち上げなどの傾斜では 目線が上下に行きがち

目線が上を向いてしまうと自然と左肩が上がってしまいます。テイクバックもしにくくなり、回転も窮屈になります。

どんなコースでも思い通りの場所に打つには、「目線」に注目してみましょう。スイングを改善する必要も、体力を上げる必要もありません。初心者でもかんたんに精度を上げるためのコツをご紹介します。

目線で変わる!うまくショットするコツ

目線が上がると…

打ち上げホールで目線が上がってしまうと、自然と左肩が上がってしまいます。

左肩が上がると…バックスイングがうまく上げられなくなるので、右足に体重が乗りません。

その結果、いつもよりスイングが浅くなりパワーが下がってしまいます。当然普段のようにスイングできないので、再現性も低くなりミスショットも増加します。

打ち上げホールなどで、なぜか低い球が出る。そんな場合は、最初から目線が上がっている可能性があります。

目線が下がると…

打ち下ろしホールで目線が下がってしまうと、自然と左肩が下がってしまいます。

左肩が下がると…右肩が前に出てきやすくなります。スイング軌道もアウトサイド(外側)から下りてきてしまうので、スライス球になります。

また、左肩が下がった分、クラブも上から下りてきてしまうので低い球しか出なくなります。

ターゲットに対して平行を心掛けよう

傾斜のあるホールでも、目、肩、腰、膝を平行にするように気を付けましょう。

まずは、クラブフェースを先に飛球線にあわせてからアドレスすることで、ミスを防ぐことができます。

あわせるときの手も右手でクラブを持ってから左手を合わせましょう。左手からスタートしてしまうと、目標よりも右を向いてしまう可能性が高くなります。

>>>初心者必見!まずはスイングの基本をしっかりマスターしましょう。

まとめ

ゴルフ場は傾斜や景観が、ショットに大きな影響を与えます。

自分ではまっすぐ構えているつもりでも、いつのまにか肩が上がっていたり、右を向いていたりすることが多々あります。

なぜかミスショットが連発してしまう…そんなときはちょっと目線を変えてみてください。正確に構えることができれば、思い通りの場所へ飛ばすことが出来るでしょう。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわか …

【2021年版】おすすめドライバー30選と正しい選び方のポイントを徹底解説いたします!新品・中古、新・旧モデル含めてどんなドライバー ...
  • 知識
  • 117

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 55

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

特集一覧