Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP上達法ドライバーの飛距離を上げる捻転の正しい作り方

上達法

ドライバーの飛距離を上げる捻転の正しい作り方

ドライバーの捻転は飛距離アップに欠かせないポイントです。

しかし、自分では捻っているつもりでも捻転が作れていなかったり、逆に捻り過ぎて体の軸がブレたりするので難しいですよね。

そこで今回は、飛距離アップのための正しい捻転の作り方をご紹介します。バックスイング~ダウンスイングでどんなポイントに注意すれば、理想の捻転が作れるか分かりますので、ぜひ最後までご覧ください!

ドライバーの飛距離を上げる捻転の作り方

バックスイングのやり方

ゴルフで飛距離アップするためにはバックスイングで溜めた右サイドの力をボールに伝える必要があります。右サイドが捻転していない=パワーが溜まっていないことになります。

上半身と下半身の捻転差を作ることが重要ですが、いまいち回転がうまくいかないという方も多いのではないでしょうか。体が固いからと思っている方も多いですが…

実は、上半身というのは下半身をしっかり回さないと、十分な捻転が出来ません。上体だけで回そうとすると、体の構造上無理が生じるのでうまく回転できないのです。

バックスイングの注意点

バックスイングのときは、股関節に重心を持っていって、体の前面を一つの面だと思って移動させるようにしましょう。

腕だけで上げるのではなく、体全体を一面だと思って上げることで強い捻転を作ることができます。

具体的にはグリップエンドがボールに向くまでねじるのが理想です。捻じりが足りないとパワー不足になりますが、回転しすぎもパワーロスや軸のブレに繋がります。

前傾を保ったままグリップエンドがボールを挿すまで回してください。

捻転を作るおすすめ練習法

まず、胸の間にシャフトを抱えます。そのまま左側のグリップがボールを向くまでねじってください。

この練習を繰り返すことでスムーズに回転するイメージを体に覚えさせることができます。

クラブを後ろに担いで回す方もいますが、後ろに持ってしまうと実際のスイングよりも胸が広がった状態になってスイングしてしまいます。

胸の前に持つことで実際のスイングを同じようなイメージで回転することができます。

▶バックスイングがうまくできたら、ダウンスイングのコツをご覧になってください↓

まとめ

スイングの捻転を作るには、バックスイングでしっかり肩を回しましょう。

そして、ダウンスイングで捻転の力を一気に開放するには、トップ位置から左手で右腰を持って思い切り引っ張ってみてください。

強い捻転スイングをするためのイメージがつかめると思います。

この記事を書いたライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2204

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 384

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ15選!失敗しないための選び方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が当たってしまうことで体力を奪われてプレー中の集中力が低下してし ...
  • 雑学
  • 392

特集一覧