Loadingファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP上達法アイアンをダウンブローに打つために”上半身を右側に傾ける”べき理由とは?

上達法

アイアンをダウンブローに打つために”上半身を右側に傾ける”べき理由とは?

アイアンをダウンブローで打つには上半身の軸を右側に傾けましょう!軸が右に傾いたままインパクトすることで、ハンドファーストで強く精度の高い球を打つことができます!アイアンのミスに悩んでいるゴルファーのほとんどが手首がすぐに解けてヘッドファーストになっています。理想のハンドファーストで思い通りアイアンを飛ばすためのコツをご紹介します!

アイアンをうまく打つにはダウンブローが欠かせません。

ダウンブローに打つにはインパクトまで手首の角度をキープする必要があります。

ダウンスイングで、手首の角度がすぐに解けてしまうとアッパー気味に当たってしまいます。ボールの手前をすくって打つような形になるのでダフりの大きな原因になります。

手首の角度をキープするには、上半身を右側に傾ける動作が効果的です。手首の解けは上半身の傾きの対角線上にあります。重要なポイントと習得のコツをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

アイアンをダウンブローに打つための方法

なぜ?ダウンブローに打つべき理由

アイアンは基本的に地面の上にあるボールを打つことが多いので、クリーンに打つにはボールの手前を叩かないことが最重要ポイントです。

理想は、ダウンブローで緩やかに上からヘッドを入れること。アイアンの性能を最大限生かして確実にミートして飛ばすことができます。

ダウンブローで打つには上記画像のようにヘッドよりも手元が前(ターゲット方向)にある形「ハンドファースト」を作ることが重要です。

インパクトぎりぎりまで手首の角度を保つことでハンドファーストで打つことができます。

手元が前にあることで力も入れやすくなり、強くて正確な球を飛ばすことができます。飛距離・方向性の高いボールを打つための必須スキルといえるでしょう。

しかし、多くのアマチュアはダウンスイングですぐに手首が解けてしまい、ハンドファーストで当てられません。

早い段階で手首が解けてしまうと、手元をヘッドが追い越してしまい(ヘッドファースト)ボールの手前に当たってダフってしまいます。

アイアンのミスが起こるもっとも大きな原因の一つがこの手首の解けによる、ヘッドファーストになっていることにあります。

手首の角度が解ける理由とは?

手首の角度が解ける理由は色々ありますが、要因の一つとして「上半身の前傾角度」にあります。

なぜなら、手首の解ける位置は上半身の軸の対角線上にあるからです。

ダウンスイングで上体が流れたり、頭がつっこんだりすると軸が左(ターゲット側)に傾きます。そうなると画像のように手首も体の右側で解けます。

手よりもヘッドが先に進んでしまう、ヘッドファーストの状態では絶対にダウンブローでは打てません。

軸を右に傾けよう!ダウンブロー習得方法

上半身を右に傾けることでリリースポイントを体の左側に持ってくることができます。リリースポイントは上半身の延長線上で解けます。

結果的にハンドファーストかつダウンブローで当てることが出来るので、ダフリがなくなるだけでなく飛距離も大きく伸びます。

プロ含め上級者のインパクトは必ずこの形になっているので、必ず習得したいスイングのポイントです。

軸を右に傾けるとダフるんじゃないの?と思った方もいると思いますが、それは違います。次の章で解説いたします。

注意!右に傾いても頭は下げない

体を右に傾けようとして、頭ごと下がってしまうとダフリに繋がってしまいます。

ポイントは腰です。頭の高さを変えずに腰を先行して移動させてください。体が逆くの字のようになることで、ハンドファーストで振ることができます。

>>>7番アイアンを打つためのコツとおすすめの練習法をご紹介します。

まとめ

アイアンをうまく打つにはダウンブロ-=ハンドファーストで打つことが重要です。

そしてハンドファーストをキープするためには、上半身を右に傾けた状態で振ることがポイント。

手首をリリースするポイントは上半身の傾きの延長線上にあるので、右軸をしっかりキープすることでインパクトぎりぎりまで角度をキープしてハンドファースでショットできるでしょう。

アイアンがダフる、方向性が不安定、とお悩みの方はぜひ参考にして練習に取り入れてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールBEST7をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんな ...
  • 雑学
  • 159

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!名門トーナメン …

宮崎フェニックスカントリークラブ開場50周年!ということで日本が世界に誇る名門トーナメントコースをプレーしてきました!なぜ長年にわた ...
  • その他
  • 126

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフで”日焼け止め”使うべき?できる男の肌ケア術!

いま、【日焼け止め】を使う男性ゴルファーが増えているようです!絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアを ...
  • 雑学
  • 60

ゴルフ保険まとめ!補償内容とおすすめ商品BEST4

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。手 ...
  • 雑学
  • 576

飲み過ぎゴルファーへ!お酒を翌日ラウンドまで残さないためのサ …

楽しいゴルフが二日酔いで辛い…!そんなあなたのお酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回 ...
  • 雑学
  • 88

特集一覧

- Official Sponcer -

OfficialSponcer

OfficialSponcer