ゴルファボ TOP上達法距離のあるバンカーショットを打つ時のスイングのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

距離のあるバンカーショットを打つ時のスイングのコツ

「バンカーのアゴに当たる」「きれいに砂を爆発させて打ったのにグリーンまで届かない」というアマチュアゴルファー必見です!今回、距離のあるバンカーショット時のスイングのコツをご紹介します。4つのポイントを意識するだけで打つことができます。

30y以上の距離のあるバンカーショットは、ゴルフの中で最も難易度が高いとされています。プロ選手でも、グリーンにオンするのは難しいといいます。

100y以上あるフェアウェイバンカーは、フルショットしてボールを打っていくことはできるのですが、中途半端な30y・40y・50yといったような距離のあるバンカーからの一打が苦手な方はたくさんいると思います。

今回は、難易度の高い30y以上の距離のあるバンカーからの攻略法をご紹介します。中途半端な距離のバンカーショットが打てれば、スコアの大崩れもなくなりますので、ぜひご紹介する打ち方を試してみてください。

距離のあるバンカーショットの打ち方

距離のあるバンカーで注意すること!

最初に決めないといけないのは、グリーンを…

・直接狙うのか

・ただ出すだけなのか

を決める必要があります。中途半端な判断のまま攻めていくと大叩きをする可能性があります。決める判断の中で、もっとも重要なことは、ボールとカップの飛球線上にある、アゴの高さがどれくらいあるのかを見なければいけません。

バンカーのアゴの見極め方

グリーンを狙うときのバンカーのアゴの高さの目安として、グリップの半分(約13cm)より高い場合は狙わないでください。グリップの半分より低い場合は、グリーンを狙ってもOKです。

アゴが高い場合はプロでも狙いません。スコアを崩さないためには1打を犠牲にしてでも抜け出さないといけません。参考にどうぞ!↓↓↓

砂を爆発させてはいけない…

距離のあるバンカーからグリーンを狙うときは、エクスプロージョンで砂を爆発させてショットしてはいけません。エクスプロージョンだけでは、距離が足りず届かないので、普通と同じように球を直接打ちます。

直接打つと球が低くなってしまいますので、前述したアゴ高さはしっかりと確認しましょう。

実践!習得ドリル

バンカーではクリーンに球を打つことが難しくなります。“出来て当たり前”というのではなくて、“ミスしても仕方ない”という気持ちで打ってみてください。

ボールの位置を右足寄りに置く

右足側に置くとクリーンにヒットしやすくなります。

少しだけフェース面を開いて構える

右足に置くと、クラブのロフトが立ちます。ロフトが立つと球が低くなってしまいますので、フェース面を開いてボールに高さを出していきます。

足をオープンに構えてアドレスを取る

フェースを少し開いた分、スタンスもオープンに構えます。フェースだけ開くと右方向に飛んでいきますので、スタンスも開いてターゲットに飛んでいくようにします。

直接ボールを打つ

通常のグリーンサイドのバンカーのように、エクスプロージョンの爆発で打つと、距離のあるバンカーの場合は届きませんので、普通のショットのように直接ボールに当てていきます。

通常バンカーの攻略法はこちらです。一発で脱出できるようになります。参考にどうぞ!↓↓↓

まとめ

距離のあるバンカーショットの時は、“出来て当たり前”ではなくて「ミスしても仕方ない」という気持ちでトライしてください。

・バンカーのアゴの高さを確認する

(アゴの高さを確認してグリップの半分(約13cm)より高い場合は直接狙わない)

グリーンを狙う時は、

・ボールの位置を右足寄りに置く

・少しだけフェース面を開いて構える

・足をオープンに構えてアドレスを取る

・ボールを直接打つ

砂を爆発させるエクスプロージョンではなく、普通のショットのように球を直接打ちます。次のゴルフで、距離のあるバンカーから打たなければならない時には、今回ご紹介したことを意識して試してみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧