プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法アイアンにおける正しいライ角について

アイアンにおける正しいライ角について

上達法

  • 動画あり
  • 218

耳にはしたことがあるけど、イマイチ良く分からないアイアンのライ角

 

今回は『アイアンの正しいライ角』についてご紹介します。

 

ライ角とはクラブを地面に平行に付けた時、地面とシャフトの間に出来る角度の事です。

 

各アイアンごとにライ角は違いますが、その決められた角度に限りなく近い形でインパクトを迎えることが出来るとナイスショットが生まれるという仕組みになっています。

 

ゴルファーによって、腕の長さやスイングのタイプやスピード、回転のしかたなど異なってくるので一概にどの角度がベストとは言えないのですが、精度の高いアイアンショットを目指すのであれば、自分に合ったアイアンのライ角調整は避けて通れない道となります。

 

ですが、初心者や一般のアマチュア選手であればそこまでこだわる必要がないのも事実で、完全にスイングが安定しない限りいくらライ角調整を行ってもアイアンの精度は上がりません。

理想的なアイアンのライ角

ライ角によるメリット

①クラブの芯(スイートスポット)に当たりやすくなる
ライ角が正しければインパクトの瞬間クラブの芯に当たる確率が増えます。芯でボールを打つことが出来れば飛距離アップやショットの安定性も大幅に向上します。

 

②打感が良くなる
スイートスポットに当たると何とも言えない気持ちの良い打感を味わえます。
打感なんてあまり関係ないと思うかもしれませんが、良い打感はゴルフのリズムを良くしスコアUPや練習へのモチベーションにも繋がる大事な要素です。

 

③弾道がよくなる
ボールをしっかり捉えることが出来るようになるので、プロゴルファーの糸を引いたようなキレイな弾道や風にも負けない弾道を描けるようになります。

 

アイアンのライ角による弾道の違い

冒頭でもお伝えしましたが、人それぞれ適正なライ角は違います。

 

画像は少し大げさに表していますが、アップライトが強くなるとボールは左(フック)に行きやすくなり、フラットになると右(スライス)に行きやすくなります。

 

【例】
スイングが安定してきたのに、どうしてもボールがフックしてしまうゴルファーは適正よりもアップライトな可能性がある

 

アドレス時に気を付けるポイント

インパクトの瞬間、正しいライ角で打てるように、アドレスから地面にクラブヘッドのソール(底)をペタッとくっつけてから打てば良いのではないか?

 

そんな疑問も浮かんできますが、これは絶対にやってはいけません

 

アドレス時とインパクトの瞬間では、腰の回転の度合いやグリップの位置も違うので、最初からソール(底)をペタッとくっつけるとミスショットになってしまいます。

アドレス時には必ずクラブヘッドのトゥの部分を持ち上げてから、構えるようにしましょう。

 

そうすることでインパクトでは正しい角度でショットすることが出来ます。

 

まとめ

 

・ライ角は地面とシャフトの作り出す角度

・アドレス時にはクラブヘッドのトゥ部分を持ち上げる

・ゴルファーによって適正な角度は違う

 

自分に合ったライ角がトゥ側なのかヒール側なのか、現在使用しているアイアンの底を見てみましょう。どちら側に多く傷がついているでしょうか?

 

ヒール側に傷が多くついていれば、そのアイアンはあなたにとってアップライトが強い傾向にあるという事です。

 

それを踏まえて、更なるレベルアップを目指すならば自分のライ角に合ったアイアンの調整をすることをおすすめします。

 

ライ角調整は、専門の機械が必要ですし、ゴルファーの体形やスイングなど数えきれないほど複雑な要素が絡んできます。

 

アイアン調整の際は是非ゴルフショップなどに相談してみましょう。

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。