ゴルファボ TOP上達法クローズスタンスで飛距離アップ!ドロー回転をかける秘訣とは?

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

クローズスタンスで飛距離アップ!ドロー回転をかける秘訣とは?

女性でも…力のない方でも…クローズスタンスに変えるだけでドライバーの飛距離がアップする方法が話題です!風の強い日のゴルフはお手上げ状態だと思いますが、ご紹介する方法を使うと、距離を落とすことなく打てるようになります!ぜひ試してみてください!

クローズスタンスで構えるちょっとしたコツで、女性や力のない方でももっと飛ばせるはずです!

飛距離をアップするには、ボールにドロー回転をかける必要があります。球にドロー回転がかかると遠くに飛び、地面に落ちても転がるので、ランも稼ぐことができます。今回は、クローズスタンスで飛ばす方法をご紹介します。

クローズスタンスでゴルフクラブを振ると、テークバックからトップにかけて体が回しやすくなります。ダウンスイングでもインサイドからヘッドを入れやすいので、ドローが簡単に打てるようになります。ドライバーに限らずアイアンも伸びてきます。ぜひ、コツを習得してゴルフの上達につなげてください。

ゴルフでは、フォロースルーを大きくすると飛びます。今回のクローズスタンスと併せて取り組むと相乗効果が期待できます!レッスン動画です。参考にどうぞ!

女性でもドライバー飛距離アップ<クローズスタンス編>

クローズスタンスでドローボール…?

今回は、女性でも力のない方でもできる飛ばす方法、クローズスタンスで打つ方法をご紹介します。

クローズスタンスとは?

アドレスを構えた時、両足のつま先を直線で結んだラインが右方向を向きます。クローズスタンスの形としては、右足が後ろ、左足が前になります。ターゲットに対して体を閉じているように見えます。球がつかまりやすく、ドロー回転がかかりやすくなります。

目標よりも足が右に向いているとクローズスタンスということになります。

足が右を向くことによって

「体が回りやすくなる」

「インサイドからアウトサイドに出る軌道で振りやすくなる」

2つの動きがしやすくなるのでおすすめです。

ドローボールが打てるということは…

①ランが出るようになる

②風にも負けない強いボールが打てるようになる

③女性でも球を捕まえやすく飛距離が出るようになる

いつもより、ドライバーやアイアンも飛ぶということになります。ティーショットで稼げると、セカンド、サード地点からグリーンまでが近くなるので、短いクラブを持つことができます。ピンに寄せられるとスコアもまとまってきます。

クローズスタンスにする時の注意点

クローズスタンスで構えるときには、注意点が1つあります!

それは、腰も肩も一緒に右に向けないことです。足がクローズスタンスになっているのに、一緒に向いてしまうと、右方向にスクエアに構えているだけですので、そのままプッシュして林に打ってしまったり、手を返し過ぎてひっかけになったりする可能性が出てきます。こういう癖がついてしまうと、コースではOBになってしまうので、気をつけましょう。

肩のラインと腰のラインは右に向けずに、目標に対してスクエアであることが理想です。風の強い日でも距離が落ちることがありません。ぜひ、試してみてください。

↓↓↓飛距離が稼げてスイングも安定する!ドローボールの基本とメリットについて詳しくまとめました!

↓↓↓両足の幅を大きくすると下半身が安定して、体重移動、回転、遠心力が使えてきます!参考にどうぞ!

まとめ

クローズスタンスで打つ場合は「腰と肩のラインはターゲットにスクエアにする」ことが大切です。ドローが打てるようになると、

①ランが出るようになる

②風にも負けない強いボールが打てるようになる

③女性でも球を捕まえやすく飛距離が出るようになる

クローズスタンスは、あなたのゴルフにとてもよい武器になってくれるでしょう!ぜひ、試してみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧