ゴルファボ TOP上達法左足下がりアプローチ攻略ポイント①守るべき3つの掟

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

左足下がりアプローチ攻略ポイント①守るべき3つの掟

トップやダフリが出やすい、左足下がりのライから打つには3つのコツがあります。これを押さえてスイングをすれば、ミスも防げて寄る可能性の高いアプローチが打てるようになります。左足下がりから打つときに必ず覚えておきたい攻略ポイントを紹介します。

左足下がりの傾斜から打つのは難しいですよね。トップやダフリが出て、なかなかグリーンまで近づけず、ますます焦ってミスが続くなんてことも…。

難易度が高い左足下がりからのアプローチですが、これをモノにするとピンに寄せられる可能性が高くなり、余計にスコアを増やすことも防げます。苦手なシチュエーションを一つ一つつぶしていけば、ゴルフもますます楽しくなっていきます。

今回は左足下がりからのアプローチで守るべき3つの掟について解説します。それぞれのポイントを押さえて左足下がりからのショットをぜひマスターしてください。難しい状況からでもきっちり寄せて1パットで決めちゃいましょう。

左足下がりアプローチ攻略のコツ

 

左足下がりの状況からクリーンに打つためには3つのポイントがあります。

左足下がりのアプローチが苦手だというゴルファーが非常に多くいます。実際にこの状況は難易度が高い、ということは事実です。

左足下がりのライからだと強く打ち過ぎてオーバーしてしまう、というのが典型的なミスショットです。これは地面がグリーンに向かって下がっていることで起きてしまうミスです。左足下がりからは、軽く浮かせるボールが打てないとカップに寄らずにオーバーしてしまいがちです。

ただし、左足下がりのアプローチでは、高く上がるふわっとした球を打つこと自体が難しいです。芝が長めでライの状態がかなりよくないと、高い球は打てません。ですから、最初から高く上がる球は狙わないという方向で考えていきます。

解説!3つの掟

まずはアドレスの注意点です。構えたときにボールの位置はいつもよりも少し右足寄りに置きます。右足寄りに置くことで、球をクリーンに打ちやすくなります。

右足寄りに球を置くことにより、弾道が低くなりすぎてしまうことがあるので、フェース面を少し開きます。開くことによって高い弾道が出やすくなります。

その状態からハンドファーストに構えます。こうしてスイングすることによって、適度に浮いたボールで、奥まで行き過ぎないショットができます。

この打ち方でまだ高さが足りないという場合は、クラブのフェースを開く度合いをさらに強くしてみてください。そのときに、クリーンに打たなくてはいけないので右足寄りに球を置く、ということは変えないようにしましょう。

左足下がりのアプローチショットで守るべき3つの掟
(1)ボールの位置は少し右足寄り
(2)フェース面を少し開く
(3)ハンドファーストに構える

この3つを押さえて、ぜひこの左足下がりからのアプローチの方法を試してみてください。

↓↓↓アプローチできっちりと寄せるために守るべき4つの掟をご紹介、ぜひチェックしてみてください。

左足下がりからの打ち方の注意点

さらに左足下がりのライからスイングをするときに注意したい2つのポイントがあります。

左足下がりの場所では、ボールの右側が高くなっているためにとてもダフリやすくなっています。そしてボールを高く上げようという意識を持ってしまうと、どうしてもすくい打ちになってしまって、その結果トップやダフリが多発してしまうことになります。

まずは斜面と同じ角度でアドレスをすることが必要です。また、すくうようにクラブを振るのではなく、斜面と同じような角度で、インパクトからフォロースルーまではヘッドも低く打ち出すようなイメージを持ちます。

低く打ち出して飛距離も出にくいので、一つ上の番手で余裕をもってショットをするのがベターです。

コースに出ると、さまざまな傾斜から打つことになります。左足下がりの状況についても、守るべきポイントをつかんでぜひ上達につなげていってください。

↓↓↓傾斜からの打ち方、4つのパターンについてのレッスンです。初心者からベテランのゴルファーまでぜひマスターしてください!

↓↓↓ゴルフスイングの基本を総まとめしました。練習に行く前やラウンドの前に一度、要点を確認してみてください!

まとめ

左足下がりは傾斜の中でも苦手にしているゴルファーがとても多いシチュエーションです。いざコースに出ると、さまざまな状況からショットをすること、その精度が試されます。傾斜の中でもあなたが得意な状況が一つでも多く作っていけると気持ちに断然、余裕が生まれます。今回紹介した3つの掟を普段の練習やコースでのプレーに生かしていってください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧