ゴルファボ TOP上達法ゴルフ真っ直ぐスタンスするための3つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

上達法

ゴルフ真っ直ぐスタンスするための3つのポイント

思い通りのところに飛ばない原因…それはそもそもの構えの向きにあるかもしれません。ゴルフ初心者だけでなく多くのプロゴルファーも右を向きすぎて構える傾向があるそうです。あなたのアドレスは大丈夫ですか?正しく構えるためのコツをご紹介します。

ゴルフでは真っ直ぐスタンスするという事が何よりも大事です。

どれだけ正確なスイングが出来ても、正しく構えていなければボールは狙い通りのところには飛びません。ゴルフ初心者だけでなく多くのアマチュアゴルファーのミスショットの原因はスイング的な要素だけでなく、まず真っ直ぐ構えられていないことにあるようです。

一言でスタンスと言っても正しくセットすることはなかなか難しいです。ゴルフ場ではコースの傾斜や景観で斜めに見えているコースが実は平行だったりすることが多々あります。

では、どうすればスクエアにアドレスすることが出来るのでしょうか。プロゴルファーの多くが実践している方法をご紹介します。ぜひ参考にして、いつでも狙い通りのところに打てるように練習してみてください!

コース上で真っ直ぐスタンスする方法

真っ直ぐアドレスできない原因

アマチュアやプロ含めてターゲットに対して右を向いて立ちやすい傾向があります。

ゴルフスイングでは後ろの手が(右打ちの場合右手)がグリップの下を握るので、何もきにしなければ自然と身体が目標に対して若干開いた状態になります。なので、無意識にターゲットに対して右を向いて構えることで調整しようとゴルファー自身が反応してしまうようです。

そうしてセットした状態で、肩・腰などを調整してしまうと、打つ前からすでに右を向いた状態になってしまいます。それが真っ直ぐにセット出来ない原因になっている可能性が高いです。

👇プロは必ずアライメントスティックを使って練習をしているそうです。

真っ直ぐ構えるためのコツ

右打ちの場合、後方からターゲットを確認し、右手でフェース面をボールに合わせましょう。


①アドレスに入るときは目標の後方から確認しましょう。

横から見てセットすると目線も斜めになるので、正確な情報を把握することができません。後方から目標を確認することがポイントです。

②ボールに合わせる時は右手でクラブのフェース面をあわせましょう。
左手で合わせてしまうと、肩が入り過ぎてしまう可能性があります。肩が入りすぎてしまう右を向きすぎて構えてしまい、正しくアライメント出来ない可能性が高くなります。右手で合わせて、問題なければそこから左手を合わせます。

プロゴルファーの試合を見ていると、ほとんどの選手が右手でクラブを合わせてからライン決めを始めていることがわかります。

ボール位置のポイント

ドライバーの時は左足かかと内側の直線状に球をセットして構えましょう。そうすることで、肩・腰・足のラインが閉じ過ぎずに正しく構えやすくなります。

ボール位置が左側に来るとどうしても体が開きやすくなります。球の位置が変わっても肩のラインに注意して構えましょう。

👉ナイスショットには正しいグリップが欠かせません。基本をチェックしましょう!

まとめ

カラダの方向が右を向いているということは、実際のターゲットは左側にあるということです。そのまま打つと、カラダは無意識に目標方向にあわせようとしてひっかけるようにショットしてしまいます。

もしも、あなたがラウンドでスライスや引っ掛けなどのミスショットが多いとしたら、原因はそもそものカラダの向きかもしれません。一度後方からスマホなどを使って撮影してみてください。ゴルフのスタンスはプロも常に注意するほど難しいポイントです。ぜひ、今回のポイントを参考にしていただき、ターゲットに対して正しく構えられるようにトレーニングしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

花粉症ゴルファー必見!乳酸菌を取り入れて春ラウンドを快適に楽 …

花粉症ゴルファーに辛い季節が今年もやってきます。せっかく暖かくなってきたのに花粉症でゴルフは無理!そんな方も多いのではないでしょうか ...
  • 雑学
  • 66

いま話題!銀座PGMの最新インドアゴルフを体験取材

銀座に新しくオープンしたインドアゴルフ施設『PGMゴルフアカデミー銀座』を取材してまいりました。都心で楽しめるワンランク上のゴルフ施 ...
  • 雑学
  • 64

予算500円以内!ゴルフの打球事故リスクを減らす保険を調査

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 411

ゴルフシャフトの作り方!クラブ選びが上達する4ステップ

なぜ色々なシャフトメーカーやモデルがあるのか。市場にはたくさんの製品が流通していますが、いったいなにが違うのでしょうか?気になったの ...
  • 雑学
  • 157

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

特集一覧