ゴルファボ TOP上達法フォロースルーでヘッドスピードをあげる練習ドリル

上達法

フォロースルーでヘッドスピードをあげる練習ドリル

ドライバーの飛距離アップにはヘッドスピードが欠かせません。

しかし、ただ力いっぱい振ってもヘッドスピードは上がらずミスショットする確率だけが上がってしまいます。

ポイントはフォロースルーです。

インパクト前後からフォロースルーにかけてスイングを加速させることで、ヘッドスピードが上がり飛距離を伸ばすことができます。最もやってはいけない事はインパクト前にスイングスピードの最大値を迎えてしまうことです。

スピードをUPさせるにはいくつかコツがありますが、今回はその中でも特に重要な「加速」を身につける為の方法をご紹介します。

ドライバーの飛距離をアップさせる方法

なぜヘッドスピードを加速させる必要があるの?

なぜ加速させる必要があるのか?

それはボールに最大限の衝撃を与えて遠くに飛ばすためには、インパクトからフォロースルーにかけてクラブが加速した状態でボールをミートする必要があるからです。

ドライバーの飛距離アップにはインパクト直前から直後にかけてスイングを加速出来ることが理想的です。インパクトの直前でヘッドスピードがマックスになってしまうとスイングが失速した状態でボールを打つことになるので飛距離が出せません。

インパクト前にスイングが失速してしまうと、どれだけパワーのあるゴルファーでも飛距離の伸びは期待できません。狙ったポイントでヘッドスピードをマックスにさせる技術が非常に大事になってきます。

ヘッドスピードが遅いといわれるゴルファーの原因にはこのフォロースルーにかけてのスイングの失速が関係しています。

あなたのスイングタイプをチェック!

ヘッドスピードがどこで最大を迎えているか簡単に判断できる方法があります。それは「音のなる位置」を見つける事です。

通常のアドレスから素振りを行い、クラブが加速し「ビュッ」と音が鳴る位置を確認します。この時に体の右側で鳴っているか、左側で鳴っているかチェックしてください。

理想は自分の体よりも左側で音が鳴ることが理想的です。

左側で音が鳴るという事はインパクト前後からフォロースルーにかけてヘッドスピードがしっかり加速しているということになるのでとても理想的な状態で振れているという事になります。

もしも体の右側で音が鳴っていた場合は、インパクト前にヘッドスピードがマックスになり失速した状態でボールを打っているので、力をロスしているということになります。

理想的なフォロースルーで加速するスイングを作るためのドリルを実践しましょう。既に左側で鳴る方でも更に加速出来るイメージを習得するために効果的です。

実践!ヘッドスピードを加速させる練習ドリル

①クラブを逆に持つ
グリップを下にして反対に持ってください。クラブを逆にして持つと先端に何もないので非常に軽く感じると思います。実はこの軽い状態の方がインパクトからフォロースルーにかけてクラブが加速するイメージを作りやすくなります。

②素振りをする
その状態で素振りをしながら体の左側で音が鳴るように意識してください。クラブを軽く振れるので左側に意識を持っていきやすくなると思います。出来るだけ左側で音を鳴らすように振ってください。

最初の方は少し大げさなくらいでよいので、しっかりフォロースルーで音が鳴るようにすることがヘッドスピードを上げるコツです。

③クラブを戻して振る
フォロースルーにかけて加速する感覚が掴めてきたらクラブを元に戻して通常のスイングをしましょう。先ほどの余韻を残しながら体の左側で音が鳴るように心掛けることでヘッドスピード加速し飛距離を伸ばすことができます。

ヘッドスピードを速くするイメージ

ヘッドスピードを上げて、ボールを強く叩くためのイメージをご紹介します。

「金槌」をイメージしてみてください。
強く打ち付けてくださいと言われた場合、あなたはどう打つでしょうか?

まずは金槌を振り上げますよね。その振り上げたトップのポイントからいきなり思いきり力を入れるでしょうか?そうはしないと思います。強く打つためには軽くスナップを効かし振り下ろしてインパクトの直前にグッと力を入れるはずです。

その状態が加速です。すなわち金槌のヘッドスピードを加速させているのです。この場合もフォロースルーの方に力が入って打っているはずです。

この感覚はゴルフでも同じです。クラブが長くて重いのでどうしても腕を使い過ぎてしまったり、強く振る意識が力を入れ過ぎてしまいますが、理論的にはこの金槌の様にインパクトにかけてグッ!と力を入れる方が衝撃度は強くなります。

同時にリラックスした状態でグリップも軽めに握ることでクラブの重みを利用してヘッドスピードをあげることが可能となります。

まとめ

フォロースルーにかけてスイングを加速させることでドライバーの飛距離は大きく伸びます。力を抜いてリラックスした状態から体の左側で「ビュッ!」と音を鳴らすことでヘッドスピードが加速した状態を作ることが出来ます。

このドリルは普段の練習やラウンドのショット前に行うと非常に効果的ですので是非試してみてください。

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。