ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者ドライバーの選び方で失敗しない4ポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者ドライバーの選び方で失敗しない4ポイント

『ドライバーの選び方を失敗したくない!』ゴルフ初心者に向けて絶対に失敗しないポイントをご紹介します。ゴルフクラブの中で一番飛距離が出るので、2打目からが楽になります。知らないではスコアを損しますので、ぜひチェックしてみてください!

出典:タイトリスト

ゴルフを始めたばかりの初心者は、ドライバーの選び方なんてよくわからないですよね。ボールを芯で捉えられることも少ないし、そもそも使っているクラブが自分に合っているのかどうかもわからず不安になることもあると思います。

そこで今回は、ゴルフの初心者でも失敗しない選び方を紹介します。特徴やモデルを知ることで、自身の打ち方に合うものを見つけ出すことができます。

基本を押さえれば失敗することもなくなります。ゴルフのドライバーは第1打目で使うことがほとんどですので、気に入ったものでないと、信頼せずに振り抜くことができないので真っ直ぐとばすことができません。ぜひ一読していただき、あなたに合う1本を探してみてください!

ゴルフのドライバーとは…

ゴルフクラブの中で一番長くて軽く、全番手の中でもっとも飛距離が出ます。アイアンと比べて長尺なので扱いにくいですが、ゴルフコースでは第1打目によく使われます。

ショットするときは、木製やプラスチップでできたティーという道具にゴルフボールを乗せて打ちます。打つと飛距離が出ますが、芯に当てるのが難しく、なかなかコントロールすることができません。特に初心者は打った球がよく曲がります。

ドライバーの役割

ゴルフは18ホール回りますが、パー3を除く14ホールのティーショット(第1打目)で使う率の高いクラブです。そして飛距離が一番に出ます。でもしっかり使いこなせないとスライスになりOBをたくさん打つ場合もあります。

ゴルファーを悩ます原因No.1『スライス』初心者から経験者まで、ありとあらゆる人々を悩ませ続けて心をへし折りますが…意外な解決法があります。参考にどうぞ!

ドライバーの使い方

毎回ティーグランドからティーを刺して、好きな場所(ティーマーカーの区域内に限る)にゴルフボールをセットして、良い状態から打つことが出来ます。好きな所から打てるからこそ、絶対に失敗はしたくないですよね。

1Wを上達させるための秘訣は、自分に合った性能や特性を持ったドライバーを使うことです。それだけに自分にあったモデルを手にしたいですよね!決して安くない買い物ですから、ゴルフ初心者は後悔しない選び方をしたいところです。

ドライバーの基礎知識

ロフト角

ロフト角とはゴルフクラブのフェース面の角度の事で、球の高さ(弾道)に影響を与えます。

選び方としては、ゴルフ初心者であれば10.5°~11°程度であればOKです。スイングスピードやスイングタイプで違ってきますが、ロフト角が立てば立つほど、ゴルフボールを高く上げるのが難しく、パワーのあるゴルファー向けです。

経験を積んでいくうちにスイングスピードが上がり、ボールの弾道が高すぎて、飛距離が出ないと感じた場合は、9.5°〜8°程度のロフト角の少ないものに変更することをおすすめします。

ドライバーの重さと長さ

重さは年齢や体力に関係します。若くて力のある人が軽すぎるゴルフクラブを使うと、クラブの軌道が狂ったり、力をロスしたりします。

反対に力のない人が重いゴルフクラブを使うと、重さで振り回されてしまいスイングスピードが出ずに飛距離が出ません。選び方の基本は、総重量(ヘッド+シャフト+グリップ)300gを基本として、力のあまりない初心者は300g以下、パワーのある人は300g以上がベストです。

長さは、45.5インチ位を基準して、振りの速さで飛ばしたいゴルファーは45インチ前後、リズムで飛ばしたい場合はルール上限の46インチがおすすめです。

フレックス(シャフトの硬さ)

ゴルフのシャフトは、柔らかい順番からL・A・R・SR・S・Xといったフレックスという表記で表されます。

ヘッドスピードが速くない人は柔らかくしなって飛ばせるRやSR、速い人は固いSやXのシャフトを使うことで、シャフトの性能を100%生かすことができます。これは、どの硬さのシャフトが良いというわけではなく、自分の体力やスイング傾向に合わせた選び方が重要です。L・Aは、初心者のレディスにおすすめです。

シャフトの素材は基本的にカーボンを使用しています。ドライバーのヘッドが科学技術の発達で軽くて大きくなっているので、シャフトも軽くて丈夫なカーボンシャフトが主流になっています。

調整機能

出典:Amazon

ヘッドに付けられた「ウエイト(おもり)の位置」でフェースローテーションの具合が変わり、スライスしやすくしたり、フックしやすくしたりといった変化を自在にできます。

調整機能が付いているゴルフ用品は価格が高めですが、安く抑えたい初心者はフェースの角度を見てみましょう。構えたときにフェースがかぶっているもの(クローズ)、スクエア(真っ直ぐ)、少し開いているもの(オープン)があります。かぶっていると球がつかまりやすく、開いているとつかまりにくくなります。

選び方は、右に曲がるゴルファーは、かぶっているものがスライスしにくく、反対にボールが左にフックする人は左に飛びにくいフェースが開いているものを選ぶほうがよいでしょう。

今お手持ちの1Wに調整機能が付いていなければ、鉛を貼る事で調整できます。気軽に買えて自分好みのギアに仕上げることができます!

ドライバー|失敗しない選び方4ポイント

見た目(ヘッドの形)

各ゴルフメーカーによってデザインが大きく変わります。

構えた時、「形が好き!」「構えやすい!」「うまく打てそう!」と思えることがナイスショットには欠かせません。それには大きさ、色、などが関係してきますが、ポイントとしては直感的に「いいな」と思ったものがいいでしょう。

ゴルフ初心者は、ヘッドが大き目なものであれば当たりそうな感じがすると思います。

スイングのタイプを知る

ゴルフ初心者は、まだスイング軌道が安定していないので、飛んでいくボールの球筋に合わせたものを選びましょう。

その日のラウンドや練習によって違ってきますが、一般的には、アウトサイド軌道(外から入ってくる)のときは、スライスしやすくなるのでフック気味に飛んでいくフェース面がかぶっているのがいいでしょう。

インサイド軌道(内側から入ってくる)の人は、フェースが返りやすいので、少しフェースが開いているタイプのものがいいでしょう。

プレースタイルから選ぶ

飛距離が出るなら、パワーも十分にあると思いますので、パワーヒッター系のドライバーから探していくのもいいでしょう。

ゴルフは「飛ばすより方向性が大切だ!」という人は、操作性の良い大きめのほうがミスをしても真っ直ぐ飛んでくれるのでおすすめです。飛距離はいらないのに思ったより飛んでしまうと、コースマネジメントができなくなってしまいます。

クラブフィッティングをする

「自分に合うものに変えたらスライスが無くなった」なんてビックリするような話もあります。もっともマッチしたクラブを選んでくれるのがクラブフィッティングです。

あなたのゴルフスイング傾向、体力、体のバランスなどありとあらゆるデータを採取し、もっとも適切な機能を持ったクラブを提案してくれます。

フィッティングルームには数えきれないほどたくさんのクラブが常備されていて、その中から最も適切なクラブを店員(クラブフィッター)から選んでもらい、試すことが出来ます。

あなたの感覚に合うものと、店員さんのおすすめをすり合わせて決めていくことがポイントです。

フィッティングについてもっと知って選び方を失敗したくないゴルフ初心者はこちらをどうぞ!詳しく説明しています。

選び方の失敗事例

試打をしなかった

ゴルフでは、見た目やフィーリングで見つけても実際に打ってみないとどのような球筋がでるのかわかりません。

中古や譲り受けたものならいいのですが、ドライバーは結構高価なので、試打をしないと損をしていまします。ショップによっては「合わなければ下取りします!」というところもありますが手間がかかります。

また、ゴルフ広告のキャッチコピーを見て「俺に合うのはこれだ!」という選び方も危険です。惑わされずにしっかりと自分のスタイルに合わせて探しましょう。

パワーを過信しない

野球経験者やパワーがあるゴルフ初心者に人に多いのですが、「力」があるからといって、上級者レベルのスペック(硬いシャフト、ロフト角度の少ないヘッド)を使ってしまうと、技術が追いついていないので、かえってスイングを壊す原因になります。

上達に合わせて徐々に1Wもバージョンアップしていきましょう。

ゴルフをプレーする上で基本になるのがグリップです。握りかたひとつでボールの飛距離や方向性が大きく変わります。ゴルフ初心者必見です!

ゴルフ初心者におすすめのドライバー

■ヤマハRMX

出典:Amazon

ゴルフでスライスする人におすすめ!460ccでボールも上がりやすく、ミスヒットに強いです。「つかまえて飛ばす」をコンセプトとし、右に飛んでいくミスを抑え、より遠くに飛ばすための性能と球のつかまりやすさの両面を追求しています。

芯を外しても打ち出す方向が変わりにくく、ゴルフ初心者から支持を得ていますが、上手くなっても使い続けられます。

ヤマハRMXについてもっと詳しく知りたいかたはこちら!👉ヤマハゴルフ『RMX218』ドライバーの評価と音へのこだわりとは

キャロウェイ ローグスター

出典:Amazon

フェースを軽くし、ヘッド内部の2本柱構造を進化させてゴルフボールの初速を向上、初心者が遠くまで飛ばせます。

ソールのヒール側に重心を持ってくることで、インパクトにかけてフェースがスクエア(真っすぐ)になりやすくなり、スライスを押さえることができます。球がつかまるので、簡単に飛距離アップが期待できます。

シャフトはあなたのヘッドスピードに応じて変更可能です。クラブにサポートをしてもらいながら遠くまで飛ばしたいあなたにおすすめです。

ローグスターについてもっと詳しく知りたい方はこちら!👉キャロウェイ:ローグスタードライバーの評価を体験試打レポート

PING G400MAX

出典:Amazon

大慣性モーメントと反発力で真っすぐ飛ばせるタイプです。460ccのフルサイズで、上下左右のミスに強く、芯を外してもボールが真っすぐに飛んでくれて、初心者が叩いても曲がらない設計になっています。

ヘッド上部が非常に軽く、低・深重心化を実現したことによって、芯が大きくなり、スピンもかかりやすく高い弾道が打てるようになっています。重量も軽く、ゴルフスイングしたときにとても振り抜きやすいのも特徴です。

PING G400MAXについてもっと詳しく知りたい方はこちら!👉PINGピン『G400MAX』ドライバーの評価と直進性MAXのメカニズム

まとめ

今回はゴルフ初心者に向けてドライバーの基本的な選び方と、おすすめをご紹介しました。モデルの数が多過ぎて最初は大変かもしれませんが、自分のスイングスタイルや癖を知り、ボールをとらえる感覚や体の使い方が分かると選びやすくなります。

これからゴルフを続けていく上でも選び方のベースになります。最初にこうした基礎的をもの押さえておくことができると、最高の1本に出会うこともできます。ぜひご紹介した方法を試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧