ゴルファボ TOP初心者ゴルフの基本姿勢はこれ!ミスを防ぐ構え方と注意点

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフの基本姿勢はこれ!ミスを防ぐ構え方と注意点

正しいスイングやアドレスは、正しい姿勢を取れていてこそ成立します。トップやダフり、フックやスライスといったゴルフの悩みのほとんどは、姿勢を正しくすることで改善されます。ゴルフの基本を今一度、見直してみましょう。

ゴルフを始める際、誰もが「ゴルフって、最初にどんな姿勢(ポスチャー)で構えればいいの?」と、頭を悩ませるはずです。

ゴルフの基本を知らず、自己流のままフォームを覚えてしまうと、どこまでも自己流のゴルフがつきまとい、壁に当たった際に、乗り越えることがとても困難となります。

逆にいうと、どうしようもできない壁に当たった時は、今一度、スイングの基本に立ち返り、自身のゴルフを見直すことで、壁を乗り越えることができる可能性があります。思ったようにショットできない…そう感じているならぜひ今回ご紹介する方法を試してみてください。

正しいゴルフの姿勢で、脱ミスショット!

ゴルフの基本はドライバー、アイアンを問わず、狙った地点にボールを運ぶことです。それには正しクラブの握り方(グリップ)と、正しい姿勢(ポスチャー)が不可欠になります。クラブの握り方について詳しく知りたいかたはこちらをご覧ください。↓↓↓

一度、間違ったポスチャーを身に付けてしまうと、矯正には時間がかかってしまいます。初心者のうちに、基本となる正しいゴルフの姿勢を覚え、最短で100切りやシングルハンデを目指しましょう。

ミスショット原因「間違ったポスチャー」

ゴルフのスイングは、正しいポスチャーができていることを前提としています。正しいポスチャーが基本にあってこそ、テイクバックやインパクトといったスイングが機能し、コントロールが安定します。

ゴルフ中、あるいは練習で、どうしてもスライスやフック、ダブり、トップといったミスショットが続くようなら、まずは基本となるポスチャーを見直してみましょう。

ボールとターゲットに対して並行に立つ

ボールを落としたい場所と、現在のボールとを直線で結び、両足がこの線に平行になるよう立ちます。基本となる左右の足幅は、肩幅程度です。

練習場ならばマットにラインが記されているので、楽に並行に立つことができます。ゴルフ中の場合、運びたい場所とボールとを結んだ線上にある目印を見つけ、頭の中でラインを描く必要があります。

並行に立っているつもりでも、いきなりアドレスを構えると多くの場合、並行に立てていません。ゴルフではショット毎に後ろに立ち、きちんと落としたい場所までの線を引いてから、足の位置を決めましょう。

足のラインに、肩のラインをあわせる

足の位置を決めたら、両肩を結ぶラインが、左右の足を結ぶラインと並行になるよう立ちます。

ゴルフのアドレスに入った後、再びターゲット方向を見て両肩を結ぶラインを並行に合わせようとすると、人間の体の構造上、間違った方向を向いてしまいます。最初に決めた足のラインが並行であることを信じ、目で見た情報で後から修正することは絶対に避けましょう。

股関節で体重を感じよう

正しい前傾を作る際は背筋を伸ばし、まず股関節だけを曲げて体を前に傾けます。次第に重心が前方に移動し、前に倒れそうになるので、股関節に体重を感じながらヒザを曲げます。曲げたヒザは前に出ないよう、お尻を突き出してバランスを取ります。

ゴルフでお尻を突き出すのは格好悪いと、基本のポスチャーを嫌がるゴルファーもいます。しかしお尻を突き出さないと適正な前傾を取ることができません。

お尻が出ていないと体がフラフラと動いて重心が定まらず、ショットの度にヒザの角度が変化してしまいます。こうなるといくら練習を重ねても、コントロールは向上しません。

↓↓↓アイアンの方向性をアップさせるバックスイングの秘訣を大公開!

両腕を垂らしてクラブを握る

力を抜き、肩から腕を垂らした状態でクラブを持ちます。

ヘッドのソールが地面と平行になるようヒザの角度と、股間の角度(前傾の角度)を調整して、正しいゴルフの姿勢は完成します。

ゴルフの基本姿勢はクラブによって変化する

ご存じの通り、ゴルフクラブは番手によりシャフトの長さが変わります。フィッテングによりオリジナルの調整をしていなければ、シャフトはドライバーが一番長く、番手が増えるにつれて短くなります。

シャフト長の変化には、ヒザの角度と、股間の角度(前傾の角度)を変えて対処します。

9番アイアンや各種ウェッジといった、シャフトの短い番手ほど、前傾は強くなり、ヒザも多く曲がります。バランスを取るため、必然的にお尻も大きく突き出すことになります。

姿勢で変わるゴルフボールの位置の正解は?

ゴルフボールの位置は、左足股関節の延長上を6~7番アイアンの位置とし、シャフトの長さが長くなるほど前方(左足より)に移動させ、逆に短くなるほど後方(右足より)に移動させるとされています。

しかしヘッドの重さやシャフトの硬度、また体の関節の柔らかさが違えば、スイングは変化し、ボールの適正位置も異なります。打ちにくいボールを無理に打つ必要はありません。

ゴルフの基本となるポスチャーを体が覚えたら、ほんのちょっとずつボールの位置を変え、打ちやすい位置を見つけましょう。

ミスショット原因「疲れ」の対策法

スタート前にポスチャーを確認し、ショットの調子も良かった。しかし午後になって、ゴルフがガタガタに崩れてしまった……。

よくある話ですがゴルフのラウンドも後半になると、溜まった疲れから頭の俯きや背筋の曲がり、ヒザの曲がりが大きくなってしまいがちです。また気の緩みにより、両足や両肩のラインの確認も、疎かになってしまいます。

一つ一つの間違いは、些細な程度かもしれません。しかし全ての要素で狂いが出ると、ミスショットの連発に繋がります。

体に疲れを感じたら簡単なストレッチを行い、正しいポスチャーを維持するようつとめましょう。疲労回復にも効果的なゴルフ専用のストレッチはこちらで簡単解説いたします。↓↓↓

↓↓↓初心者が気を付けるべきアドレスのポイントとは?

まとめ

ゴルフでミスショットが続き、どうしてもその原因が分からない。そのような場合、知らず身についてしまったクセが、基本となるゴルフの姿勢を崩してしまっていることが考えられます。

両足のラインはボールと、ターゲットを結んだラインと並行か?基本となる両足の位置を決めた後、目で見た情報を元に、肩のラインを修正していないか?背筋は伸びているか?お尻は突き出ているか?ヒザが前に出ていないか?股関節で体重を感じているか?

基本に立ち返り、自身のゴルフを見直すことで、ミスショットの原因となる身についてしまったクセを発見し、修正することができるようになります。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボール知っておくべき2つの性能とおすすめの選び方

あなたのパフォーマンスを最大限引き出す『ゴルフボール』は一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧