ゴルファボ TOP初心者ゴルフ初心者のフォームを正す4つのポイントとは?

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフ初心者のフォームを正す4つのポイントとは?

ボールを真っ直ぐ飛ばす為には正しいフォームが必要です。しかし初心者のうちはなかなか正しいスイングを毎回することが出来ずにミスショットばかりかと思います。しかし、いくつかのポイントを押さえて練習をすることでだんだんと球筋は安定していきます。今回は初心者にオススメする4つのスイング方法のご紹介です。

プロゴルファーのフォームを見ていると本当にスムーズできれいでボールが真っすぐ飛んでいきますよね。

自分でも簡単に出来そうな気がするのですが、プロのイメージを持って振った自分のフォームを動画で見てみると、似ても似つかない不格好だったりします。筆者も打ちっぱなしに行くたびにスイングフォームを撮影していますが、その度に絶望を感じています。特に初心者のうちは修正箇所が多すぎてどこをどうすればいいのかわかりませんよね。

ゴルフが上手くなるためには、いろんな人のフォームを真似てみたり、DVDで見た情報を実践したりと色々な試行錯誤を繰り返すことが大事です。しかし、さまざまなスイング改善方法があるなかで、とても初心者には向かない理論や、まったくの間違いといった理論も多数存在します。

今回はたくさんあるゴルフのフォームの理論で4つのテーマに絞って、初心者にとってそれが正解なのか否か?をご紹介します。

ゴルフフォームの正解「コック」

コックを使った方が飛ぶ。よく耳にする言葉ですね。現にプロゴルファーのフォームを見ると、コックを使っていますよね。コックは手首を曲げる位置とタイミングが大事です。手前に倒したりせずクラブヘッドの方向に曲げることがポイントです。

しかしこの「コック」は手首という非常に細かな動きが出来る部位を使うので、ちょっと角度を間違えただけでミスショットしてしまいます。必要以上に使い過ぎてしまいショットがまったく安定しないといった原因にもなります。実際の所、アマチュアでもコックを使わなくても男子では230ヤード以上、女子でも180ヤード以上の飛距離は十分出ます。

必ず使う必要はありません。初心者の正解は「必要以上にコックは使わない」ことです。

ゴルフフォームの正解「トップの位置」

大きく振りかぶった方が飛距離が出そうですよね?

しかしそれは間違いです。例えば思いっきりパンチすることを想像してください。地面に着くくらい大きく振りかぶってパンチしたとしたらどうでしょう。まったく力が入らないパンチになるはずです。余計な動きが加われば加わるほど、インパクトまでに力が分散されてしまいます。

それはゴルフのフォームでも同じです。上までクラブを上げ過ぎないコンパクトなバックスイングを心掛けましょう。コンパクトなスイングは方向性だけでなく飛距離も出せます。初心者の正解は「トップはコンパクトなスイング」です。

↓↓↓初心者におすすめのアドレスのコツを詳しく紹介しています。

ゴルフフォームの正解「テンポ」

ゴルフ初心者のほとんどがスイングのテンポが早いという傾向があります。

自分はそんなつもりはなくても、動画や他人から見るとあきらかに早かったりします。早すぎるテンポは、十分な体の回転を妨げる原因になります。方向性や飛距離が安定しない場合は自分が思ったよりゆったりとした大きなフォームでスイングしてみましょう。初心者が見習うべき、良いサンプルとして女子プロゴルファーのフォームが参考になります。

初心者の正解は「テンポは遅め」です。

ゴルフフォームの正解「9割スイング」

力いっぱい振った方が飛ぶ!

そう思いますが、これも間違いです。なぜ力いっぱい振るのに飛ばないのか。それは緊張すればするほど、力を入れれば入れるほど筋肉は固くなるからです。力をガチガチにいれた筋肉は俊敏性に欠けるのでゴルフクラブを鞭のようにしなやかに扱うことが出来ません。

おもいっきりボールを飛ばすコツはインパクトの瞬間に力を込めることです。

野球やボクシング、サッカーなどインパクトが必要となるスポーツでは全てこの理論です。ポイントはやはりリラックスです。ダウンスイングの始動からガチガチにならないよう気を付けましょう。

初心者の正解は「マン振りはしない」です。

↓↓↓スイング作りのために重要なグリップについて解説しています。

↓↓↓ゴルフスイングの基本を総まとめしました。明日のプレーにも役立ちます!

まとめ

ゴルフのフォームに正解はない分、いつまでも可能性を求めて改善していく楽しさがあります。

目先のスコアを優先するか、後々のレベルアップを考えて一旦スイングをバラすかはゴルファーならではの悩みですよね。

初心者のうちは出来るだけ難易度の高いフォームの理論は避けて、ある程度のレベルに達してから様々なことにトライすることをオススメします。

 

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

センスがいい人と言われるためのポロシャツコーデ3つの鉄則

ゴルフ場の服装でとても恥ずかしい思いをしてしまいました。なんとなく選んだポロシャツが○○だったんです…。ワンランク上の洒落た大人ゴル ...
  • 雑学
  • 201

今治タオルで快適ゴルフ!大人気おすすめアイテムを調査

ゴルフに欠かせないアイテムがタオルです。いまゴルファーの間で『今治タオル』が人気なの知ってました?ラウンド中の不快な汗を、さっぱりと ...
  • 雑学
  • 115

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

パークゴルフとは?親子3世代で楽しめるスポーツ特集

今じわじわと競技人口を増やしているスポーツ。それが『パークゴルフ』です。親子3世代で楽しめて、初心者でもかんたんにプレイできところが ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧