ゴルファボ TOP初心者【初心者必見】ゴルフで中古クラブは実際どうなの!?徹底検証

初心者

【初心者必見】ゴルフで中古クラブは実際どうなの!?徹底検証

せっかく買うなら新品で良いのがほしいけど、まだそんなに上手じゃないし途中で辞めたらもったいないしなぁ・・・そう思っていませんか?

そんな初心者のあなたには中古クラブがおすすめです。

中古ショップには新品に近いものからビンテージのものまで様々なモデルがあります。お宝探しのような要素もあり「こんなモノがこの値段で?!」といった一本を見つける楽しみもあります。

しかし初心者ゴルファーにとっては、中古と新品は何が違うの?中古って良くないんじゃないの?といった疑問もあるかと思います。

今回は中古クラブは実際どうなのか。購入する際には何に気を付ければ良いのかをご紹介します。

中古のゴルフクラブってどこで売っているの?

中古クラブはゴルフショップなどの実店舗、もしくはインターネットで購入することが出来ます。お店によっては実店舗とオンライン店舗両方をもっているので、オンラインだけだとちょっと心配・・・という初心者ゴルファーはインターネットで見てから実際に店舗で手に取って購入をおすすめします。

~オススメのゴルフショップ~

実店舗とオンラインショップの両方を展開しています。種類や品数も豊富で全国展開しているので安心して購入できます。中古はもちろん新品も数多く取り扱っており、販売だけでなく買取りも行っています。

■ゴルフパートナー
http://www.golfpartner.jp/index.html

■つるやゴルフ
https://ec.tsuruyagolf.co.jp/

■二木ゴルフオンライン
https://www.nikigolf.jp/product/ProductTop.aspx

ヤフオクなどのオークションは個人対個人の取引なのでゴルフショップなどで購入するより安く変える可能性がありますが、商品の状態が詳しく分からなかったり、購入後の補償などがないので初心者には注意が必要です。しかし中にはビンテージ物などの掘り出し物や非常に状態の良いものが出品されていたりします。

買取りはゴルフショップに直接持ち込むか郵送するかを選べます。その際汚れなどを落としキレイにすることで査定額に差が出るので覚えておきましょう。

中古のゴルフクラブの性能は?

中古といっても10年前のモデルから1年前のモデルまで様々です。しかし10年前のモデルだから使えないといったことは無く、十分パフォーマンスを発揮できるレベルにあります。初心者ゴルファーがもっとも注意すべきは劣化の度合いです。

あまりにもダメージを受けたものはあなたのパフォーマンスを100%発揮してくれない可能性があります。多少のダメージであればボールはしっかり飛んでくれるのでそこまで神経質にならなくても良いでしょう

初心者ゴルファーも中古クラブでいいの?

中古の良いところは新品よりも格段に安く購入できることにあります。アイアンセットの場合2~4万円前後で購入できるので、初期投資を抑えたい方や、初ラウンドに向けてとりあえず購入しようかなと思っている初心者ゴルファーにはとてもオススメです。

アイアンを購入する場合は単品ではなくセットで購入しましょう。初心者ゴルファーがバラバラにアイアンを購入してしまうと番手ごとの飛距離が合わせにくくなり打ち分けが困難になってしまいます。

すぐ悪くなるんじゃないの?

ゴルフクラブは消耗品ですが消耗が早い所とそうでない所が分かれます。

ヘッド部分

消耗に強く余程の事がない限りゴルフのパフォーマンスに影響はありません。多少の傷が付いていても問題なく使用できます。

シャフト

カーボンのシャフトはスチールに比べてダメージを受けやすく、大きな傷があれば性能自体に問題が起こってしまいます。購入の時には大きな傷等がないか確認しましょう。とはいえカーボンもスチールも長年ショットの衝撃を受けていれば「しなり」にくくなったり反発の力が衰えていったりします。購入価格やどれほど使い込まれているのかを吟味して購入する必要があります。

グリップ

中古でもっとも消耗しているであろうポイントがグリップです。グリップが劣化していればスイングの際に余計な力が入りすぎミスショットが増えるなどの影響が出てきます。購入の際にグリップの劣化が目立つ場合は交換をお奨めします。グリップ自体は1000円~2000円程度で購入できます。取り付けの費用はだいたい400円前後。店舗によってはクラブもしくはグリップを購入すれば無料で交換してくれます。

中古のゴルフクラブで見るべきポイント

値段

同じメーカーやモデル、使用頻度でも店舗によって若干値段が違う場合があります。最安値で購入したい場合は色々なゴルフショップで実店舗、オンライン含めてチェックしてみましょう。基本的に他のものと比べて安いものは劣化の度合いが強い、モデルが古いものになっています。

メーカー

メーカーによる上達スピードや飛距離に大きな違いなどはありません。多くのプロゴルファーが様々なメーカーを使用していることからも分かります。自分の好きなメーカーや構えてみてしっくりくるモノを使用しましょう。

番手

フェアウェイウッド、ユーティリティ―、ウェッジなどを単品で購入する場合はそのゴルフクラブにどういった性能があるのかを確認しましょう。自分が現在使用しているものと似たような性能のモノを買ってしまうとラウンドで効果的な使い方が出来ない可能性があります。

シャフトの固さ

シャフトの硬さには「X・S・SR・R」があります。Xは非常に固いシャフトでスイングスピードが速いゴルファー向けのシャフトです。そこからS→SR→Rとなるにつれシャフトが柔らかくなります。スイングスピードに合わせたシャフトを選ぶことで飛距離や安定性は向上します。

力のあるゴルファーがRなどの柔らかいシャフトを使用すると振り遅れや力が伝わらない原因となります。逆に力のないゴルファーがXなどの固いシャフトを使用すると「しなり」を上手く使えず飛距離がでません。

一般的に初心者のうちはXは避けたほうが良いでしょう。

ヘッド

ヘッドの形によってショットは大きく変わります。初心者であればドライバーはフェイスが大きく構えやすいものを選びましょう。アイアンはハーフキャビティー、もしくはキャビティーがオススメです。ミスに強く作られているので初心者ゴルファーにもオススメです。ユーティリティーはウッドタイプとアイアンタイプがありますが、あなたが打ち易いと思った方で問題ありません。

まとめ

いかがだったでしょうか?中古品は、スコアUPや自身のレベルアップのために新しいモノを試してみたい時の大きな助けとなります。ゴルフショップでは買取も充実しているので中古を上手く活用して自分に最適な一本を見つけましょう。

シェアする

♥ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。