ゴルファボ TOP初心者ゴルフの持ち物が一目でわかる!かんたん早見表

ファボる (お気に入りへ追加)

初心者

ゴルフの持ち物が一目でわかる!かんたん早見表

ゴルフに行くときに何を持っていったらいいかわからない…そんなゴルフ初心者のために、ラウンドに持っていくものリストをまとめました。最低限必要なもの、便利なものなどを紹介します。準備をしっかり整えて、不安なく楽しい気持ちで当日を迎えてください。

待ちに待ったゴルフ場でのラウンド、あなたの準備は万全ですか?ゴルフ場でのプレーは普段の打ちっぱなしでの練習とはまったく違います。いろいろな道具が必要になり、季節によっても持っていった方がいいものは変わってきます。

特に初心者の方は何を持っていけばいいのか、用意したもので大丈夫なのか不安になったり、心配になることもありますよね。今回はゴルフでラウンドするときに必要な持ち物についてまとめます。

いざ、前日などに見てチェック漏れや忘れ物がないように、チェックリストも作りました!ゴルフ場に行くときにはこのリストも活用して、準備万端で当日を迎えてください。

必ず持っていく持ち物

ゴルフに行くときには忘れてはいけないもののリストです。ゴルフ場につくとキャディバッグは預ける形になります。プレーをするために必要なものはキャディバッグに、それ以外の着替えなどはボストンバッグに入れて区別します。

キャディバッグに入れるもの

間違いを防ぐために、ネームプレートは必ずつけるようにしましょう。コースに出て使うものを入れておきます。

・ゴルフクラブ
最大14本まで持っていけますが、初心者はウッド2本、アイアン5本程度とパターという構成でも十分でしょう。
・ボール
なくしやすいので最初のうちは多めに。1ダース持っていけば安心です。
・グローブ
練習でも使い慣れたものを。汗をかきやすい人は交換用のグローブも持っていきます。
・ティー
ドライバー用とアイアン用でそれぞれ5本ほど用意しておきます。
・マーカー
グリーンで目印として使うものです。
・グリーンフォーク
ゴルフのラウンド中に、グリーンを直すものです。マナーとして持っていきましょう。
・タオル
汗ふき用と、クラブをきれいにするもの、2枚を準備します。
・ポーチ
ティーやボールなど細かいものも多いので、ポーチや小さなかばんなどを使うときれいに整頓できて便利です。

ボストンバッグに入れるもの

出典:amazon

ボストンバッグにはラウンドの前後のタイミングで使うものを入れていきます。夏場に行くときや、汗をかく人は着替えも多く持っていきましょう。

・ゴルフウェア
マナーとして襟のあるシャツを着ること、ジャージやTシャツはNGなので注意。ゴルフ場ごとにドレスコードが決まっているので、行く前にはどんなスタイルがふさわしいのか事前にチェックするか一緒に行く人に確認をしておきましょう。
・ゴルフシューズ
長く歩くことになるのでできるだけ履きなれたものを持っていきます。
・帽子
夏場の日差しが強い時期は必須。クラブハウスに入るときはマナーとして脱ぎましょう。
・着替え
終了後に身につけるもののほか、暑い時期はシャツや靴下の替えなどがあると重宝します。
・女性の場合
メイク用品に加えてスキンケア用品や制汗スプレーなども準備を。シャンプーなど特にこだわりの女性はその用意もしておきましょう。

場合によって必要な持ち物

季節やその日の天候によって準備する持ち物は変わってきますが、比較的、よく使うものもあるのでチェックしてみてください。

出典:amazon

・レインウェア
少々の雨であればプレーをすることになるので天気予報をチェック、必要そうであれば持っていきましょう。
・ウインドブレーカー
ゴルフ場は意外と風が強かったりすることもあります。ずっと外にいると冷えてくるので、1枚羽織るものがあると安心です。レインウェアと兼用でもOK。
・リップクリーム
長く外にいると肌は乾燥しがちです。風が吹いている日や冬場は持っていくと安心です。
・スコアカウンター
特にゴルフ初心者は打って走ってと必死になってスコアを忘れがち。シンプルなものでも持ち物に入れておくと「今、何打目だっけ?」と困らずに済みます。

↓ゴルフスイングの基礎がわかる超入門編、ビギナーにもわかりやすく図解で解説していますのでぜひご覧ください。

寒い日(冬)にあるといい持ち物

冬のプレーは防寒と着脱できる上着がポイントです。特に動いて汗をかいてきたら脱いで体温を調節できる格好をしておくと快適にゴルフが楽しめます。

出典:amazon

・使い捨てカイロ
特に寒いときは手や腰などに当てているとだいぶ体感温度が違います。寒がりの人はいくつか用意しておくと心配がありません。
・ニット帽
耳まで覆えるものだと温かさがかなり違います。普通の帽子よりも格段に寒さを押さえられます。
・ネックウォーマー
首回りを保護できると温かさが増します。スイングの邪魔にならずすぐに着脱できるのでゴルフには向いています。
・ハンドクリーム
寒くて乾燥していると肌も荒れがちになります。こまめな保湿で対策しましょう。

暑い日(夏)にあるといい持ち物

たくさん汗をかく季節です。熱中症予防のために飲み物は必ず持っていきましょう。またコールドスプレーや冷えピタなどのグッズも検討してみてください。

出典:amazon

・冷やした飲み物
ペットボトルはすぐにぬるくなってしまいます。保温機能のあるものに氷を入れておく、ペットボトルであれば凍らせていくなどすると長く冷たいものが飲めます。
・虫よけスプレー
気が付いたら刺されていた、というかゆい思いをしないためにラウンド前などにひと吹きしておきましょう。
・日焼け止め
夏は1日中外にいると、焼けて真っ赤になることも…。夏は持ち物に必ず入れておきましょう。痛くならないように、あらかじめ対策をしておくのが吉です。
・サングラス
まぶしくて打球が見えないときもあります。適度に日差しを遮ってくれるので日中のプレーも快適になります。

便利なグッズ

備えておくと何かと便利な持ち物を紹介します。

出典:amazon

・多機能ポーチ
ゴルフボールやティーなどの小物のほかにペットボトルや日焼け止めなども収まるものがあると重宝します。小さいトートバッグなどでもOK。ポケットがふくらんだりしないのでスマートにプレーができます。
・ブラシ
特にアイアンは芝や砂で汚れがちです。バンカーショットなどのあとすぐに専用のブラシで対応ができると、フェースもきれいに保てます。
・ペットボトルホルダー
ポーチに入れるのもいいですが、頻繁に飲むゴルファーには携行できるホルダーがおすすめ。比較的、安い価格で買えるので気になる方はぜひどうぞ。

かんたん早見表

忘れ物がないかラウンド前日にチェックしましょう!

<キャディバッグ>
ゴルフクラブ
ボール(1ダース)
グローブ
ティー(5本から10本)
マーカー
グリーンフォーク
タオル(2枚以上)
ポーチ
<ボストンバッグ>
ゴルフウェア
ゴルフシューズ
帽子
着替え
<場合によっては必要なもの>
レインウェア
ウインドブレーカー
リップクリーム
スコアカウンター
<夏に必要なもの>
冷やした飲み物
虫よけスプレー
日焼け止め
サングラス
<冬に必要なもの>
使い捨てカイロ
ニット帽
ネックウォーマー
ハンドクリーム

↓ゴルフの便利グッズをまとめました。コース上で役立つもの、整理整頓に重宝するものなどおすすめのアイテムを紹介しますのでぜひご覧ください。

↓ビギナーにもわかりやすくドライバーの構え方について解説します。ポイントを絞った記事なので参考にしてみてください。

まとめ

今回はゴルフ初心者でもすぐにわかる持ち物リストをまとめました。暑さ寒さの感じ方は人によってさまざまなので、時期によって1枚多めに上着を持つなど、調整をしてください。

ゴルフ場でラウンドするときには一緒に行く人の持ち物もチェックしてみてください。便利そうだと思ったものは教えてもらうのもいいですね。快適なプレーのために、役立つものはいろいろあります。気になるものは試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧