ゴルファボ TOP知識インターロッキンググリップに変えて分かった2つのメリット

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

インターロッキンググリップに変えて分かった2つのメリット

スライスやフックが直らない、飛距離が出ない…。そんなゴルファーにぜひ試していただきたいことがあります。それは「インターロッキンググリップ」です。腕とクラブの一体感が増してスイングを安定させるのにとても効果があります。ぜひ試してみてください!

ドライバーで遠くに飛ばしたい、ボールが左右にブレる癖を何とかしたい…。そんなあなたにはグリップをインターロッキングに変えてみることをおすすめします。

ドライバーが飛ばない、アイアンでミスが出る場合、その原因はスイングと握り方が合っていないことが考えられます。最初は違和感を覚えますが、ゴルフクラブの持ち方を見直すだけで、振りがスムーズになったというゴルファーもたくさんいます。

今回の記事は、ゴルフのグリップ「インターロッキング」についてご紹介します。この持ち方に変えると2つのメリットがあります。ぜひ、チェックして次の練習で試してみてください。

インターロッキングの握り方

インターロッキングとは、左手の人差し指と右手の小指を絡ませてゴルフクラブをにぎります。両手の一体感が出て飛ばし屋に人気があります。それぞれ握る方法について解説します。

左手

親指の置く場所ひとつでフィーリングや球筋が変わってきます。いろいろ試してみてあなたにしっくりくるところを選んでみてください。

<ロングサム>

ロングサムとは親指をクラブに沿って長くのばして握る形です。操作性は下がりますが、スイング中のゴルフクラブのぶれや余分な動きがなくなります。スライスが出やすい人やドライバーの距離を伸ばしたいゴルファーにはロングサムが向いています。

<ショートサム>

ショートサムとは親指を縮める形です。付け根が浮きます。グリップと手の一体感を得やすく、クラブの操作性が高まります。また手元も比較的しっかり握れます。方向性を重視したいゴルファーにはショートサムが向いています。

<ストロング>

ストロングになると、力がなくてもボールはつかまりやすくなります。アドレスを構えたときにナックルが3個ほど見えるのはストロングな状態です。インターロッキングをストロングで握れば、一体感がさらに増しますので、初心者におすすめです。

ちなみに1個のナックルだけ見えるのがウィーク、2個目が見えるのがスクエアの形になります。

右手

インターロッキングでは、左手の人差し指と中指の間に右手の小指をクロスして絡めてにぎります。最初は違和感があると思いますが、素振りやショットの練習で少しずつ慣れていきましょう。

グリップを握る強さ

インターロッキングで、力いっぱい握ってスイングをすると飛びそうな感じがしますが、それは間違ったイメージです。球を遠くまで飛ばすためには、スイングスピードが大切です。いくら強く握ったところで、スピードアップにはつながりません。

早いヘッドスピードでゴルフボールを叩くためには、手がその動きを邪魔することなく、シャフトやヘッドなどがスムーズに動く必要があります。

そのためには力の入れすぎは厳禁です。ギュッと握ったときよりも3割もしくは4割程度の強さを心掛けましょう。インターロッキングでは、軽く握ってもすっぽ抜けることはありません。

手の使いかた

インターロッキングの両手ともフィンガーでグリップすることをおすすめします。フィンガーというのは、手のひらではなく指をメインに持ちます。

浅く握って両手の小指、薬指、中指の3本で支えるように持ちます。手のひらは軽く触れる程度です。浅く握るインターロッキングは、コックが使いやすくなり飛距離アップやスライスが出にくくなります。

ゴルフをプレーする上で基本になるグリップについてまとめました。握り方ひとつでボールの方向性や飛距離が大きく変わります。意外と忘れているポイントがあるかもしれません。初心者は、ぜひチェックしてみてください。

インターロッキング|2つのメリット

ゴルフ情報サイト「Golfista」の調査結果によりますと、約56%のアマチュアゴルファーが、オーバーラッピンのグリップで握っているそうです。

しかし、ゴルフ史上に名を残している世界的に有名なプロ、タイガー・ウッズ、”帝王”ジャッククラウス、バッバ・ワトソン、ルーク・ドナルド、石川遼、松山英樹、今平周吾など名だたる選手がインターロッキングを採用しています。

アマチュアの主流のオーバーラッピングに比べて、インターロッキングにはどのようメリットがあるのでしょうか?

両手・クラブの一体感が出る

インターロッキングは、指を絡めて組み合わせていきますので、両手に一体感が出やすくなります。オーバーラッピングだと、インパクトで滑ってしまう可能性もありますが、絡めていることでしっかりと握れるのでクラブがずれる心配がありません。

またインターロッキングは、右の手首の動きに制約をかけられるので、素直に振る動きにつなげられ、クラブの特性をうまく生かすことができます。

タイガー・ウッズは、帝王ジャック・ニクラウスの真似をしたと言っています。石川遼はタイガー・ウッズの真似をしたと語っています。スター選手に脈々と受け継がれているグリップです。良いものは取り入れて試してみましょう!

タイガーのショットです!力みのないスイングはアマチュアゴルフにとても参考になります!

非力な人・手の小さい人でも握りやすい

インターロッキングは、指でロックする形になるので、手が小さくてもしっかり握れます。非力の方や手の小さいジュニアゴルファー、女性に向いています。

インターロッキングのデメリット

フックを誘発

インターロッキングは、右手主導で打てることが利点の1つですが、逆に右手の働きが強すぎてフックボールにつながってしまう可能性があります。

手首の動きを使って、スイングの調整をしたいゴルファーにはあまり向いていない持ち方です。

左手主導には向かない

インターロッキングは右主導で振りやすいので、左腕を主体にスイングを作っているゴルファーに少し振りにくくなります。

ただ、スライスが多くなった場合やトラブルショットでインテンショナルフックを打つときにはこのグリップでミスを減らすことができるかもしれません。

インターロッキングの注意点|小指の痛み

インターロッキングのグリップは、指を絡めて握ります。組み合わせて握るので一体感が生まれてきますが、スイング中は2本の指に負荷がかかってきます。

擦れてマメができたり、関節に痛みを感じたりします。特にダフったり、トップしたりするとさらに衝撃が伝わります。インターロッキングで痛みが生じたら無理は禁物です。アプローチショットの練習に切り替えるのもいいでしょう。

👇オーバーラッピングの利点と欠点はこちらの記事で詳しく解説いたします。ボールへのインパクトはどちらのほうが優れているのか?あなたにマッチしたほうを採用してみてください。

まとめ

インターロッキングに向いているゴルファー

・スライスが出る
・非力の方や手の小さいジュニアゴルファー、女性
・右手の感覚を活かしたい

オーバーラッピンだとしっくりこない、ボールがスライスする、右手の動きを効かせたい方にはおすすめです。

インターロッキングは、今もっとも注目を浴びているグリップです。ゴルフの名プレーヤーはこの握り方をしています。結果を残しているこの方法がもしかしたら、あなたのスコアアップ、スキルアップ向上の起爆剤になるのではないでしょうか。ぜひ、一度試してみてください!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧