ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ膝の正しい使い方!アマチュアのミスを徹底調査

知識

ゴルフ膝の正しい使い方!アマチュアのミスを徹底調査

アマチュアが飛距離をロスしている大きな原因の一つが膝の使い方です。効率的に強いインパクトをするためのポイントを解説します。ゴルフでもう少し遠くまで飛ばしたい、そんなあなたはぜひチェックしてみてください。

練習を続けていても、ゴルフでなかなか飛距離が伸びない…。飛ばそうとして思い切り振ってもスライスやチョロなどのミスになってしまう、そんな悩みはありませんか。

ゴルフでクラブの性能を生かして飛ばしていくためには、膝の使い方が大切です。これがマスターできると上半身の動きをうまく力に変えてボールに伝えることができます。ロスなく球をインパクトできると、飛距離もアップします。

今回はゴルフの動作で大切な膝の動作について解説します。アマチュアの方によくある動きとその改善法についても紹介しますのでぜひご覧ください。

アドレスの膝の使い方

ゴルフでアドレスをとるときには両膝を軽く曲げます。前傾姿勢を保って、再現性の高い動作をするためには適度に曲げておくことが大切です。ただ、そのときにベストな角度はゴルファーによって変わってきます。

深く曲げた方がいいのか、それほど曲げなくてもいいのか。それは、荷重がつま先側にかかる傾向にあるのか、それともかかと側にあるのかで判断することができます。

自分のタイプを知る方法

重心の位置がわかる簡単な方法を紹介します。

壁にもたれて頭と背中、かかとをぴったりとつけてまっすぐ立ちます。その状態からつま先で立ってみてください。あまり意識せずにすっと上に伸びてみるのがコツです。

後頭部が壁から離れることなく立てる方は「つま先タイプ」です。こちらのゴルファーは、膝を緩やかに、前に出ないように構えることでスムーズに振ることができます。

また、後頭部が壁から離れて、頭が前のほうへ動いた人は「かかとタイプ」です。こちらのゴルファーは膝を深く前に出るような形に曲げて構えると動きも安定します。ぜひテストをした上で試してみてください。

↓ゴルフでアドレスをするときのポイントを7つ、まとめました。真っすぐな弾道を打つためにぜひこちらのレッスンもチェックしてみてください!

クラブを使うときのコツ

ゴルフのスイングをチェックしたときに、アマチュアによく見られる傾向があります。注意すべきポイントを紹介します。

右ひざの使い方

特にゴルフのバックスイングで重要になります。ゴルフでは、トップまでの動きで上体をできるだけひねってパワーをためて、それを一気に解放すること遠くに飛ばすことができます。

ただ、右ひざが大きく外に動いてしまうとこの力が逃げてゴルフボールに伝わらなくなってしまいます。そういう状態でなんとか飛ばそうと力んでしまうと、腕や手に頼った振り方になり、飛ばないだけでなくスライスなどのミスも増える原因になります。

バックスイングのときにはパワーを逃がさないようにして、股関節に体重が乗るように意識をします。

テイクバックのときに脚の内側の部分を意識して力を入れておくと、右側に逃げにくくなります。一連のゴルフの動作を試しながら、股関節にしっかりと体重が乗っているかどうか確認してみましょう。

使い方が身につくドリル

右足が逃げないようにするには、少し内またに構える方法が効果的です。右のつま先をやや内側に向けた状態でスタンスをとって振ってみてください。

クローズ気味になっているスタンスなのでボールもつかまえやすくなりますし、パワーがたまる感覚もつかめると思います。試してみてください。

左ひざを使うコツ

左足の動作には2つのポイントがあります。

一つはバックスイングのときです。ゴルフクラブを上げていくと右方向に身体が回転していくので、左のかかとがそれに伴って上がろうとします。

かかとが上がってしまうとクラブがインサイドに引けてしまったり、トップが高くなりすぎてしまいます。ひざを使ってそれを押さえることが必要です。うまく抑えることで、ゴルフでは再現性の高いショットができてミスも防ぐことができます。

また、インパクトの直前には左ひざが止まっていることが必要です。それができると遠心力が生まれて強い衝撃を球に伝えることができます。止められずにターゲット方向に流れると、パワーがロスして飛距離も落ちてしまいます。

トップのときにはターゲットとは逆の方向に左ひざが動いていきます。踏み込みながらそれを元の位置に戻し、自分から見て正面を向くようにして止めていきます。そうすると下半身のリードで大きくクラブを振ることができます。

動きを身につける練習法

バックスイングのコツを身につけるためには左足裏にボールを置いて素振りをしてみましょう。浮き上がらずに我慢しておく感覚がつかめると思います。

また、膝を止めるタイミングを実感するためには、ボールを挟んだこの足裏を切り返しのときにぐっと踏み込むような動作を繰り返してみてください。

上半身でリードしてダウンに移行するのではなく、踏み込むことがクラブを振り下ろすきっかけになる、というイメージです。何度か素振りで感覚をつかむ練習をしてから実際に打ってみましょう。

↓ゴルフの基本、グリップについてのレッスンです。初心者から上級者の方まで、改めてチェックしてみてください。

↓ゴルフの基本動作についてまとめたレッスンです。ドライバーからウェッジまでその振り方を徹底解説、スコアアップのためにもぜひご覧ください!

まとめ

今回はゴルフで飛距離アップにつながる膝の動きについてご紹介しました。ボールを打つ動作は一瞬のことなのでどうなっているかわかりにくい面もあると思います。打ちっぱなしで鏡などを使って確認したり、ゆっくりとした素振りでイメージをつかむなどしていってください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。