Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP知識トップの間の作り方!正しい方法と3つのおすすめ練習法

知識

トップの間の作り方!正しい方法と3つのおすすめ練習法

ゴルフで「トップの間」という言葉を聞いたことがありますか?

プロゴルファーの身体の使い方で見たことがある方もいると思いますが、クラブを上げて切り返すときに一瞬だけ止まる状態になることがあります。このことを言います。

プロがやっているんだから真似してみようと思いますよね。でも実際に自分でやってみようと思うと、うまくできなかったりします…。

ただ、この動きを取り入れることによってクラブを振るときのリズムが安定してミスを減らすことができるんです。

今回はゴルフの「トップの間」の意味と効果、そしてアマチュアゴルファーがイメージをつかめる練習法についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

トップの間とは?

ダウンスイングに移行するときに一瞬、止まる時間のことを言います。ほんのわずかに止まるようなプロゴルファーの動きを見たことがある方もいるでしょう。アメリカのPGAツアーで活躍する松山英樹選手はとてもわかりやすいと思います。

↓動画でご覧ください。

これはダメ!間違ったやり方

ゴルフでトップの間を作ろうとして、ただ動きを止める、というのはほとんど効果がありません。というのも、クラブが動いているときに単にそれを止めると、振り上げて得た反動が使えなくなってしまいます。

途中から始動するような形になってパワーが落ち、飛距離が伸びなくなってしまいます。

止まる時間が生まれる仕組み

止まって見える理由は、上半身がまだ力をためている最中に、下半身が力を開放していくからです。

腕や肩がまだ右回転をしているタイミングで、腰から下は左に回転をし始めている状態です。いわゆる「下半身主導」のゴルフの動きをしているということになります。

これができると上半身と下半身が反発して引っ張り合うようになり「捻転差」ができてより強いパワーが生まれ、ゴルフではボールを遠くに飛ばすことができます。特にドライバーでは取り入れたいですよね。

タイミングをとるコツ

ゴルフでトップの間を作るには体を順番通りにスムーズに動かすことが必要です。

まずスタートは肩の回転からです。腰から動いたり手でゴルフクラブを持ち上げるような動作はNG。そうなると動作が安定せずにミスの原因になります。

ダウンスイングでは腰が先に動きます。手や肩が先に動く軌道がアウトサイドインになります。これがスライスやトップなどにつながります。腰が先に左回りに動いて、上半身がまだ右回りの状態で、反発しあって止まったような状態になるということです。

↓ゴルフの左肩の使い方を詳しくレッスンします。最近、ミスが多いと感じているゴルファーはぜひチェックしてみてください。

リズムを整える

トップの間を作ってミスの少ないショットをするにはリズムを一定にすることも大切です。ゆっくり始動しているのに飛ばそうと意識しすぎるあまり、振り下ろすときだけ速くなったりすると、打点やスイングプレーンもズレてしまいます。

大切なのはいつも同じテンポでヘッドを大きく使って振ること。ゴルフではゆっくりと振っても飛距離は出すことができます。

おすすめの練習法

トップの間を作るには体を動かしていく順番を調整すること、そして振るときのテンポを一定にすることが必要です。そのイメージがつかめる練習法を3つご紹介します。

高い位置から振っていく

バックスイングを入れずに、トップで間を作った状態から振ってみてください。こうするとまず手や肩だけではうまくシャフトを振り下ろしてくることができません。ゴルフでは下半身が主導することでスムーズに体を使うことができます。

この練習方法では腰から下を上手く使って振っていくイメージをつかむことができます。最初はうまくいかないことも多いと思います。何度か素振りで試してみて、感覚をつかんでいってください。

バスタオルを使う

先を結んでヘッドに見立てたバスタオルを使って、ゴルフクラブを使うときと同じように振っていってください。振り上げていき、切り返しのタイミングでは一瞬の「待ち」を入れます。これによってタオルが体に巻き付きます。この待つ瞬間こそが理想的なイメージです。

ゆっくりと振っていって「待ち」のタイミングをつかんでみましょう。家でも簡単にできるメニューなのでちょっとした時間でぜひ試してみてください。

リズムを一定にする

振るリズムが一定にならないというゴルファーは、メトロノームを使った練習が効果的です。最近ではわざわざ買わなくてもスマホのアプリなどもあるので便利です。

目安としては1分間に70拍。最初の「ピッ」で始動をし、次の音で切り返し、3回目の「ピッ」でインパクトをします。これだとリズムが一定になります。番手や種類が違っても速さを変える必要はありません。いつも同じスピードでできるように意識します。

少し筋力がある人は80拍、パワーが弱い人や女性は60拍を目安に調整するといいでしょう。同じテンポで振ることができるとタメも作りやすくなります。

↓ゴルフでもっとも大切なポイントの一つがグリップです。基本の握り方についてもう一度、チェックしてみてください。

↓ゴルフの基本について徹底解説!ドライバーからウェッジまで真っすぐ飛ばすためのコツと使い方についてご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

プロゴルファーの動作はテレビで見ていてもきれいで参考になることも多いですよね。特にトップの間は取り入れたいポイントの一つです。

すぐにできるという方は少ないと思いますが、クラブを振る動作を一定にして、飛距離アップや方向性の安定が期待できます。ぜひ今回の記事を参考にチャレンジしてみてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 110

大阪のゴルフレッスンおすすめ10選!スクールの特徴や口コミ・ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 266

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST30選 …

レーザー距離計はどれを選べばいいの?どんな機能がある?平均価格は?そんな疑問をお持ちのあなたへ!レーザー距離計選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 2204

【東京都内】ゴルフスクールおすすめ10選!レッスン初心者に人 …

東京都内おすすめのゴルフスクール9選をご紹介します!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなた ...
  • 雑学
  • 384

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所・短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 134

ゴルフ【日焼け止め】おすすめ15選!失敗しないための選び方と …

夏ゴルフに日焼け止めは必須です!肌へのダメージ防止はもちろん、紫外線が当たってしまうことで体力を奪われてプレー中の集中力が低下してし ...
  • 雑学
  • 392

特集一覧