ゴルファボ TOP知識グリップエンドの向きでショットの精度を2倍にする方法

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

グリップエンドの向きでショットの精度を2倍にする方法

ゴルフではヘッドの動きに集中してしまいがちですが、グリップエンドの向きに注目するとクラブの使い方のコツがわかります。ではそのポイントとは?方向性がアップしてパワーも得られる方法を紹介しますのでぜひご覧ください。

タメの効いた強いスイングをするための1つのポイントが、グリップエンドの「向き」です。

ダウンスイング時は、しっかりとインパクトするためにクラブヘッドに意識が行きがちですが、グリップエンドの向き次第で、ヘッドの入射角度やインパクトの強弱が大きく変わります。

しかし、ダウンスイングというのは一瞬のことなので、実際はどう動いているのか、なぜそうなるのか、仕組みがいまいち把握しにくいという難点もあります。

そこで今回はゴルフの理想的なグリップエンドの向きについて詳しく解説します。正しいクラブの動かし方や仕組みを理解して、練習などでも意識して取り入れていってみてください。

グリップエンドとは?

クラブを握る先端部分のことを言います。

クラブを振るときにはいろいろなことを考えますよね。ボールの位置、アドレスの取り方から、頭の位置や肩の動かし方などなど…。

ヘッドやシャフトのことは意識しても逆にある部分の向きはあまり意識したことがないゴルファーの方もいると思います。この向きを確認することで正しい軌道を習得することができます。

動かし方のコツ

ゴルフの動作の中でも、グリップエンドの動かし方が特に大切なのはダウンスイングのときです。

アドレスをしたときにはまだ自分のほうを向いています。始動をすると徐々に下を向いていき、トップの位置ではやや斜め下を向くようになります。このときはどちらかというと握っているのではなく支えている感覚を持つといいでしょう。

そしてダウンスイングが始まったときグリップエンドがボールを指すように意識をします。そしてシャフトと腕を真下に落としていくようなイメージで動かしていきます。

3つのメリット

ボールを指すようにダウンスイングをすると、3つのメリットがあります。

手打ちを防ぐ

第一に腕から振りにいって手打ちになるのを防ぐことができます。ゴルフでは腕を使うと、いくら力を入れて振っていっても飛ばず、球が曲がる原因になってしまいます。

ヘッドの軌道はアウトサイドインになるためにスライスも出やすくなります。真っすぐにボールに力が伝わらず、ますます飛ばない原因になってしまいます。

インサイド軌道を作れる

球の方向を指すようにすることで、軌道はインサイドから出てきやすくなります。これによってゴルフではパワーが生まれインパクトのときに力がボールに伝わりやすくなります。

右手先行を予防する

右手がかぶるのを防ぐこともできます。右利きのゴルファーは特に右手に力が入りがちになります。そうなると、振り下ろしてくるときも右手が先行して動いてしまうミスが出やすくなります。

右手が先に動いてくると右脇があいてしまいます。その結果、アウトサイドから振り下ろしてくることになってしまいます。右手の力を押さえて左手主導で打つことができるとインパクトも安定して、方向性もアップするというメリットがあります。

動きを身につけるドリル

下に引きおろす感覚は素振りなどでも試すことができます。

ただゴルフクラブは比較的、軽いので力のある方などはその動かし方が実感しにくい部分もあるかもしれません。

そんなときは1リットルのペットボトルを両手で持つドリルが効果的です。まずペットボトルに水を入れます。

ゴルフクラブの代わりに両手でペットボトルを持って、トップからインパクトまで動かすように体の正面に下ろしていきます。重みのあるペットボトルを使うことで振り下ろしていく感覚を身につけることができます。

いきなり反動をつけてやると体を痛める可能性もあるので、最初はゆっくり、動きの流れをつかんでいくようにしていってください。慣れてきたら、下に向けてややスピードをつけて下ろしてみます。

フィーリングがつかめたら実際にゴルフクラブを持って素振りなどで同じような動作をしてみましょう。

↓ゴルフの打ち方で基本となる7番アイアンについて紹介します。構えからアドレス、グリップまで総まとめしていますのでぜひ読んでみてください。

インパクト後の動き

ゴルフではインパクトのタイミングのときに、グリップエンドはアドレスと同じ位置に戻ります。そして打った後は再び地面のほうを指すようになります。振り抜いたあとは、真下を指すようなイメージを持っていくと、フェースをしっかりと返してゴルフボールをとらえることができます。

ゴルフで実際に打っていくときは、どうしてもヘッドの軌道や弾道などに集中してしまいがちです。そこで改めて逆を意識してみると今までわからなかった動かし方がつかめることもあります。ぜひ試してみてください。

↓ゴルフの基本を徹底解説!ドライバーからウェッジまで使い方を総まとめしたレッスンです。ぜひ参考にしてみてください!

↓飛距離の出る打ち方に共通する3つのポイントとは?ゴルフで遠くまで飛ばす秘訣を紹介していますので、チェックしていつもの練習に役立ててください!

まとめ

今回はゴルフでダウンスイングするときのグリップエンドの向きについて解説しました。実際に打つときには一瞬のことなのでなかなか感覚や動かし方のコツがつかみにくいところもあると思います。紹介したペットボトルのドリルなども試してみながら、振り下ろしてくるときのコツを確かめてみてください。

自分の映像などを撮ってみるとこうした動きはよくわかります。ぜひ参考にしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

忘年会・新年会で疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 58

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 83

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる3つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 342

ゴルフのレーザー距離計を使い倒す!4メーカー徹底調査

レーザー距離計でゴルフは変わるのか徹底調査!正しいヤード数が分かることにどんなメリットがあるの?使い心地は?どんなものを選べばいいの ...
  • 雑学
  • 349

ゴルフボールの選び方指南!2つの種類と性能を完全解説

あなたのパフォーマンスを最大限引き出すゴルフボールは一体どのメーカー?どのシリーズ?飛距離性能やスピン量を参考に選び方のポイント、お ...
  • 雑学
  • 150

『マーク&ロナ』特集!いま女子ウケNo.1の人気ブランドを徹 …

いま大人ゴルファーに大人気の「マーク&ロナ」を大特集!おしゃれなポロシャツから、グローブ、バッグまで、デザインに優れ機能性も ...
  • 雑学
  • 16

特集一覧