ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識アイアンの弾道(球)が上がらない原因と改善練習法3選

知識

アイアンの弾道(球)が上がらない原因と改善練習法3選

アイアンで球が上がらないと飛距離も出ず、スコアが加算されるだけで何のメリットもありません。そんなミスを減らすための原因と改善法をご紹介します。初心者やベテランゴルファーでも簡単に取り組める高弾道が打てる練習法も併せてお伝えします。

アイアンショットで、高いボールを打ってグリーンで”ピタッ”と止めたり、バックスピンがかかったりする打ち方がしたいですよね!

でも、あげようとすればするほどダフったり、トップしたり、上がらない…そんな経験ありあませんか?飛べない鳥のように低空飛行で飛距離も出ずに、チョロチョロとアイアンを打つのはとても悲しくなります。

低くなる原因はいろいろありますが、アマチュアのミスは主に2つあります。今回は、球が上がらない原因の動きと、改善のための練習法をご紹介します。

記事を読んで、高弾道のアイアンショットが打てるよう参考にしてみてください。アイアンの切れが増すとゴルフ場でのバーディチャンスが増え、スコアを減らすことにもつながります。

なぜ、アイアンでボールが上がらない?

アイアンで上がらない原因は、フェースの芯に当たっていないからです。そうなってしまうのは2つの理由があります。

スイング軸が安定しない

アマチュアゴルファーは、右足体重でインパクトを迎えやすいので、軸が右側にずれてヘッドが手前から入り、ダフったり、それを回避しようと体が起きあがるとトップしたりとミスが出てしまいます。

また、アイアンでダウンブローを意識するあまり、上体が突っ込んでしまい、ロフトが通常よりも立ってしまうので、ボールが上がらない低い弾道で飛んでいきます。突っ込みがひどいとフックになったり、シャンクになったりします。

アイアンのロフト通りに打ち出せれば、簡単に高弾道が打てるようになります。

アイアンが合っていない

もう一つの原因は、クラブが自分に合っていないことです。ボールをあげるには、バックスピン量を多くしないといけません。それを可能にするにはある程度のヘッドスピードが必要になります。

しかし、重いアイアンや自分合わない硬いシャフトを使うと思うように振ることができないので、ヘッドスピードがアップせず、スピン量も増えないため高くあがることはありません。

アイアンは、軽すぎても、柔らかすぎてもダメですが、自分の振りや体力に合うクラブを使うことで楽にショットを打つことができます。

クラブフィッティングの記事です。アイアンに限らずドライバーなども自分に合うものを使うと飛距離もアップします。参考にどうぞ!

 ゴルファボ
ゴルファボ
https://pro-golfacademy.com/zatsugaku/2069/%20スイング改善練習法
プロが動画で教えるゴルフメディア

1個分左に寄せる

アドレスをした時のボールの位置を、飛球方向に1個分左に寄せます。そうすることで、アイアンヘッドの最下点を前に持っていく意識ができるので、ダフリやトップを予防することができて上がらない要因を無くしてくれます。

注意点として、上体の突っ込みに気をつけましょう。突っ込まないようにするためには、背筋を伸ばして構え、しっかりと腰から体重移動し、トップの切り返しからの手首の角度をキープして打つことが大切になります。

これができるとインパクトゾーンが長くなるので、フェース面にボールが乗り、方向性もよくなります。

切り返しでアゴを右側に向ける

アイアンショットで上がらない原因の多くは、ダウンスイングで上体が突っ込んで前に動いてしまっているからです。

意識することは、ダウンスイングで頭を動かさないようにすることで、上体が前に行かずにしっかりと軸回転できるようになりますので、スイング軸が安定します。

頭を動かさないようにするためのコツとして、切り返してからのダウンスイングのときに、アゴを右に向けていくイメージで振ります。そうすると頭が動かず、軸が残るのでアイアンで球が高くあがり、飛距離も出てきます。

レベルブローに振る

アイアンは、「ダウンブロー」で打てとよく聞きますが、アマチュアにはとても難しいショットになります。また、現在のクラブは、ヘッドの重心を低くして高くあがるように設計されているので、無理に打ち込むと芯を外れ余計に上がらないようになります。

いまどきのアイアンを打つには、払い打ちのようにレベルブローで打ったほうがよりボールの弾道が高くなります。

レベルで打つには、ゴルフボールを地球に見立ててください。レベルブローは地球の真右を打っていきます。赤道部分を払うようなイメージで、南半球の部分にアイアンフェースの下部を入れていきます。

トップの切り返しで出来た右手の角度をキープしたまま下ろしてインパクトを迎えるとレベルに打ちやすくなります。

打ち方の動画はこちらです。プロの世界では「ターフを取らない」が主流となりつつあります。ぜひ、試してみてしてください!

アイアンが自分に合っているか…チェックしよう!

アイアンヘッドの種類

出典:Amazon


タイトリストMB タイトリスト716 AP2 本間ゴルフ

<コントロール系(上級者)>
ロフトを立てながら打っていくタイプです。いわいるダウンブローで打っていって高くあがっていきます。スピンがかかり、よく止まります。

<安定系(中級者)>
緩やかなレベルブローで打っていきます。打ち込む必要がなく横から払い打つ感覚でしっかりと飛んでいきます。

<飛び系(初心者)>
高くが上がらないゴルファーは、ソール(ヘッドの底の部分)が広くなっているアイアンがおすすめです。低重心で、芯も広く、あがりやすくてミスショットが少なくなります。

ソールが大きいモデルはヘッドがぶれにくく、曲がりにくいようにできています。ダフっても、大きなソールが滑ってくれるので、しっかりと芯にヒットしてくれます。

シャフトの重さ

重いアイアンを振ると、体に負担がかかり余計な力が入るのでスイング軸がぶれてきますので、球は上がらないし方向性もバラバラになります。

スチールを使っているならカーボンまたは軽量スチールに変更すると、とても振りやすくなりますので、ヘッドスピードもアップしてくるでしょう。

シャフトの硬さ

自分合わない硬いシャフトを使うと球は上がりませんが、柔らかいと高弾道になりやすくなります。

いまお持ちのアイアンが振りにくいのであれば、重さ、硬さが合っていないかもしれません。一度、ゴルフショップに足を運び、軽くて柔らかいクラブを試してみるのも1つの方法です。

一般的には、非力なゴルファーは柔らかいもの、パワーがあってヘッドスピードが速い人は硬いものを選んでいます。

キックポイント

キックポイントとは、クラブを振ったときにシャフトがしなる部分になります。どこがしなるかによって弾道が変わってきます。

<先調子>
クラブの近い先端部分がしなります。ヘッドが走りやすくて、つかまりやすく打ち出しが高くなります。アイアンで球の上がらないゴルファーにおすすめです。
<元調子>
グリップ寄りの部分がしなります。ダウンスイングで自然とタメができ、ダウンブローのようにインパクトでロフトが立って降りてきます。
<中調子>
シャフトの中間部分がしなります。ストレートに近い安定したショットをしたい人におすすめです。

ゴルフの上達の鍵を握っているグリップ。間違った方法で握るとボールの飛距離や方向性が大きく変わります。ぜひ、チェックしてみてください!

まとめ

今回は、アイアンの球が上がらない要因とその改善、練習法についてご紹介しました。

ゴルフではアイアンでスコアを作っていきますので、飛距離も出て、グリーンでスピンが”キュッ”とかかると、最高の気分になり、ゴルフ場でのプレーがいつも以上に楽しくなります。なかなか高く飛んでくれないというゴルファーはご紹介した練習法を試してみて、ゴルフの上達につなげてください!

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×

新着特集

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

ライザップゴルフ体験取材!スコアップ2つの秘訣を調査

結果にコミットのライザップゴルフ。一度は行ってみたいと思ったことありませんか?これまでのレッスンプログラムといったい何が違うのか?ど ...
  • 雑学
  • 114

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 87

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

シーモアパターが初心者でもまっすぐ打てる2つの理由

パターをまっすぐ打つのは簡単そうで実は難しい。それはコースの景観やグリーンの傾斜、体調などで同じようにアドレスしてスイングすることは ...
  • 雑学
  • 629

特集一覧