ファボる (お気に入りへ追加)

ゴルファボ TOP知識ゴルフ|スパットの見つけ方がうまくなる3つのポイント

知識

ゴルフ|スパットの見つけ方がうまくなる3つのポイント

ゴルフでスパット(アドレスの基準となる目印)通りに構えられるとナイスショットの確率が上がります。しかし、ただ漠然とアドレスを取っているゴルファーの何と多いことか…今回は基準となる印の見つけ方をご紹介します。右に飛び出す傾向のある人は必見!

ナイスショットしたときに限って右方向に飛んでいくとガッカリしますよね。

実はこれはゴルフコースの罠。プロアマ問わず、アドレスで漠然と目標に構えると右を向いてしまいやすいんです。

正しく目標方向に構えるためには、ゴルフボールの飛球線方向に目じるしを探して、それに合わせることが必須になります。

今回は、スパットの見つけ方が上手くなる3つのポイントをご紹介します。せっかくのナイスショットを無駄にしないために、ぜひチェックしてみてください。ゴルフで狙いとおりのところに運ぶことができたら、スコアアップは間違いありません!

ターゲットを見ずにスパットを探そう

ゴルフでは、方向性が悪いとペナルティが増えてスコアを落としてしまいます。

方向性の悪さをショットに求めるゴルファーが多いですが、実は正確に目標に立てていないことがほとんどです。特にアマチュアは右に向く傾向が強いですので、ナイスショットを打っても右サイドに飛んでいく球が多いかと思います。

そこで、打ちたいところに構えるには目じるしを定めることがポイントになります。ゴルフ上級者やプロは必ずこの方法をとっていますので、アマチュアゴルファーもぜひ試してみてください。

スパットとは、目標方向に正確に構えるための基準になる目印です。ゴルフボールと印を結ぶ線と平行にアドレスを取ることで、コースに惑わされずに正確にターゲットに向くことができます。

ゴルフスイングを良くするにはグリップの握り方がとても大切です!基本と2つのチェックポイントをご覧ください。

スパットの見つけ方|3つのポイント

ボールの後ろに立つ

ゴルフの正しいスパットの見つけ方は、球の後方に立ち、目標(飛球線)を定めます。プロのトーナメントでも、後ろに立っているのを見た事があると思います。うしろに立つことで正しく確認することができます。

注意点として、立つ場所がゴルフボールから近いと、焦点短すぎてラインがズレる可能性が出てきますので、3~5歩くらい下がってから確認してください。

ディボット跡や枯葉などでOK

見つけ方で問題となるのは、印を何にするかということです。

ゴルフのルールではターゲットにあたる前方に、正しいアドレスをとるために置いた物であればストローク前に取り除かないと2打罰のペナルティを受けてしまいますが、もともとあった自然物(芝が枯れた箇所、落ち葉、小石)であれば問題ありませんので、「目標→スパット→球」が一直線になるような自然物を選びます。

注意点として、風などで飛ばされやすいものは気をつけてください。クラブフェースを合わせている最中に動いたり、無くなったりしますので、フィニッシュまで動かないものを選んでください。

ゴルフクラブで照準を合わせると簡単

せっかく探しても、ターゲットに照準されていないと見当違いのところに飛んでいく可能性があります。

線で結ぶためのコツは、ゴルフクラブを立てて重ねることです。重ね合わせることで、簡単に一直線に合わすことができます。そしてすぐにイメージが出るので、スタンスが取りやすくなります。

スパットに正確に構えられるコツ

これまで、飛球線を見て漠然と構えているのが通常でしたら、印に対して正しく合わせると、まったく違うところを向いているような違和感が起こることがあります。

それは、普段から正しく向いていない証拠になりますので、これから違和感がないように役に立つゴルフの練習方法をご紹介します。

練習場のマットを利用する

マットは長方形で飛球線に向いてセットされています。練習する前に後方に立ち、どちらを向いているかを確認します。ヤード表示なのか、グリーンの右端なのか、奥の右から3番目の鉄柱など目標を定めたら、スパットを探してセッティングします。

そうすることで、ターゲットを意識してショットが打てるのでとても効果の上がる練習になります。慣れてきたら、より実践的にするために、少し左や右にターゲットをずらして打ってみます。ラインに惑わされず打てれば、ちゃんと構えられていることになります。

この場合でも、スパットの見つけ方は後方に立ってさがします。10球に1回、クラブを変えたら必ず後方から見てから打つくせ付け(ルーティンワーク)をすることで、ゴルフコースに出ても自然とできるようになります。

アライメントスティックまたはゴルフクラブを足元に置くことによって、精度の高いスイングができるようになります。レッスンの参考にどうぞ!

スパットを2個探す

ゴルフボールの前方に1つ、後方に1つさがします。2つにすることでラインが長くなるので、アドレスが取りやすくなります。また、後ろにあることでクラブが引きやすくなり、インパクトでもヘッドの通る軌道がイメージしやすくなります。

アドレス時の注意点として、肩、腰、足のラインをすべて平行であることを確認してください。ゴルフスイングしている時は自分でチェックすることが難しいと思いますので、スマートフォンなどで動画撮影をするか、ゴルフ仲間に見てもらってください。客観的に自分のスイングを見ることで上達も早くなります。

ゴルフスイングを撮影するときのテクニックとコツ、そして便利なアイテムやアプリをご紹介!

パッティングでのスパットの見つけ方

パットで一番大切なことは、正確にヘッドを出してインパクトをすることです。その際、球の近くに印をみつけて、それに向かって打ち出すことで正しいストロークができるようになります。

小さな穴や色の違う芝でOK

ショットの時と同じく、見つけ方は小さな穴や枯芝、色の違う所などを探します。注意点として、球から離れて設定すると、顔の向きを動かしたり、上体が動いたりするので気をつけましょう。

目線が少しだけ移動するように近くに設定することによって、ストロークがスムーズになりますので、打点も安定しカップインの確率が上がります。

穴や枯芝をみつけられても、ゴルフのパットでは正しく打ち出すことができないとカップインは望めません。パターの打ち方と4つのレッスン法をご紹介します。

まとめ

ゴルフのスパットの見つけ方が上手くなる3つのポイントはいかがだったでしょうか。ショットの打ち出しが右に行きやすい、読んだライン通りにパターが打てないなどの症状がある場合、ターゲットを向いていない恐れがあります。

それを解消してくれるのが基準になる目じるしです。ご紹介した方法を参考にしていただき、正確無比なショットにつなげてください。イメージ通りにボールが運べたら、余計な打数を減らすことができますので、大幅なスコアアップは間違いなしです。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。
×
×

新着特集

ライザップ【ゴルフ力診断】を体験レポ!分析でわかった長所と短 …

ライザップのゴルフ力診断とは?体験レッスンで受けられるスイング解析がいま人気になっています。あなたのスイング傾向や、ゴルファーとして ...
  • 雑学
  • 117

ゴルフの日焼け止め特集!できる男の肌ケア方法まとめ

絶対に焼きたくない人も、キレイに焼きたい人も、できる男はみんな肌ケアをしてる!いま、日焼け止めを使う男性ゴルファーが増えているようで ...
  • 雑学
  • 60

東京都内のゴルフレッスン!おすすめスクール BEST7

東京都内おすすめのゴルフスクールを大特集!レッスンを受けてみたいけど、何を基準にどこを選べばいいか分からない…そんなあなたのために選 ...
  • 雑学
  • 40

楽天ゴルフ保険がお得!月額たった230円で充実サポート

待ちに待った楽しいゴルフ!しかし、まさかの打球事故に遭遇…。あなたが困ったときに、強力にサポートしてくれるゴルフ保険を紹介します。月 ...
  • 雑学
  • 576

飲み会続きで疲れたゴルファーへ!肝臓サポートで元気を取り戻す …

お酒を飲む前、飲んだ後におすすめのサプリメントと選び方をご紹介します。肝臓は常にフル回転しています。しっかりサポートしてあげないと、 ...
  • 雑学
  • 88

ゴルフ旅行におすすめの人気スポット特集in小淵沢

ゴルフに行ったついでにこんなに楽しめる場所があったなんて!仲間や家族との最高の思い出作りにおすすめのスポットをご紹介します。ゴルフつ ...
  • 雑学
  • 197

特集一覧