ゴルファボ TOP知識ドライバーのスライス対策振り遅れを防ぐ5つの掟

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ドライバーのスライス対策振り遅れを防ぐ5つの掟

ドライバーがスライスしてしまう大きな原因の一つが「振り遅れ」です。今回はこの振り遅れを防ぐための5つの掟をご紹介します。ティーショットでOBを出さないための効果的な方法を取り入れて、振り遅れを改善しヘッドの走ったスイングを手に入れましょう!

ドライバーショットの「スライス」は多くのゴルファーの悩みですよね。

いろいろな方法を試したけどまったくダメだった。近頃はもっとひどくなってきている・・・との声もよく聞きます。スライスの原因の1つに「振り遅れ」というものがあります。

テークバックで開いたドライバーのフェースが、インパクトを迎えるまでにフェースが閉じず、開いたままインパクトしてしまいます。

また、振り遅れるとコックが解けやすくなるので、ダフりやテンプラなどのミスの原因にもなります。今回は、zドライバーのスライスの原因になっている振り遅れを直すコツをご紹介します。1つずつしっかり改善することで、曲がりも改善されていくでしょう。ベストスコア更新のためにも是非トライしてみてください!

なぜ、振り遅れるのでしょうか?

それは、ドライバーのヘッドが身体の回転より遅くなった状態でボールに当たってしまうことです。

主な原因を作り出しているのは、、、

ドライバーをインサイドから下ろしすぎ

ドライバーがアウトサイド軌道になってしまうとスライスになってしまいますが、反対に無理にインサイドから下ろし過ぎても、グリップが身体から離れドライバーのヘッドも開いたまま下りてくるので、そのまま右にプッシュし曲がってしまいます。

スイングが早過ぎる

ドライバーを早く振ろうと思えば思うほど、腕だけの力に頼りがちです。腕だけで振ろうとすると、まず、体が突っ込みます。体の突っ込みをインパクトで修正しようとして上体を反らすことで、肩が開き、ドライバーのヘッドが垂れた状態でインパクトを迎えます。体が突っ込んでクラブが下りてくると、どうしてもアウトサイドの軌道になります。

体重移動ができていない

体重移動が上手くいかないとドライバーは真っ直ぐ飛びませんし、飛距離も出ません。トップでは右、フォローでは左へ、という形が正しい体重移動です。(右打ちの場合。左打ちは逆)しかし、リバース・ピボット(ぎったんばっこん)のようなスイングやインパクトで右足に体重を残してしまうクセのある場合は、どうしても軸がぶれてしまう場合が多いので、ドライバーのスライスがひどくなるケースがあります。

振り遅れを直す“5つの掟”

直すポイントは5つあります。5つの掟を1〜5の順に守ればしっかりと防げるので、ドライバーの曲がりもなくなるでしょう。

1.腕と胸の前の三角形を崩さない

ドライバーで多く見られるのが、腰が左にスエーする動きです。この時に気をつけるのは上半身です。アドレス時の「腕と胸の前にできる三角形」をバックスイング、インパクト、フォロースルーとキープすることで、腕と身体が一体になるので、振り遅れのスライスを防止します。

2.上体を突っ込まない

前述しましたが、上体が突っ込むとインパクトで修正しようとして上体を反らす動きがでてきますので、どうしてもヘッド遅く出てきてスライスなります。それを防ぐには、しっかりとトップで間を取ることが大切です。

トップの間がないと切り返しも雑になり、特にドライバーは飛ばしたい気持ちが先走り、体が突っ込みやすくなりますので注意しましょう。ここでの注意点は、間は止めることではありません。トップからダウンスイングに移る動作と動作の間の一瞬の止まったような動きです。止めてしまうとテークバックからのパワーをロスしてしまい、体の突っ込みの原因にもなります。

↓↓↓禁断の飛距離アップ法はコレ!絶対にマネしないでくださいね

3.リズムよく振る

ドライバーはシャフトが長いので、テークバックからトップ、インパクト、フォローまで打ち急がず、リズムよくスイングしましょう。特に飛ばしたい時は早く振ると手打ちにもなり、体も突っ込みやすくなりますので、昔ゴルフ漫画であった「チャ〜、シュ〜、メン」のように、自分にあったリズムの取り方を作ればリズム良く振れます。これオススメです。

ちなみに「よ〜い、ドン!」「いち、に〜の、さん」などもあります。リズムが良くなると体重移動もスムーズになりますので、ぜひ試してみてください。

4.無理にインサイド軌道に振らない

ドライバーを無理にインサイドから入れようと思うと、極端なインサイドアウトの形になってプッシュしてスライスしてしまう恐れもありますので、「腕と胸」の前にできた三角形をしっかりキープさせ、上体と下半身を連動させてスイングしましょう。上半身、下半身がしっかりと回れば、軌道は自然にインサイド軌道になります。

5.グリップをストロンググリップにする

どうしても、ドライバーが振り遅れる場合は、グリップをウィークグリップからストロンググリップにするのもいいでしょう。力が入りやすいのでスムーズにクラブを振ることができると思います。特に女性や初心者の方は、ストロンググリップにするとクラブを“ギュッ”と握れますので、安定したドライバーのスイングができるでしょう。

↓↓↓ドライバーを真っ直ぐ飛ばすための4つのポイント

↓↓↓実践!ドライバーの方向性をアップさせる練習ドリル

まとめ

ドライバーの曲がりは、百害あって一利なしです。初心者の方はもちろん、長年ゴルフをやってきたベテランの方でもドライバーのスライスに悩まされることは多いと思います。振り遅れに心当たりがある方は、ここでご紹介した5つの掟を実践して、ドライバーのスライスを撲滅していきましょう!

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧