ゴルファボ TOP知識ドライバーのスイングを安定させる7つのポイント

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ドライバーのスイングを安定させる7つのポイント

「ドライバーを安定させたいけど、どうしたらいいのかわからない…」もしかしてやみくもにスイングしていませんか?今回はドライバーを安定させるための7つのポイントをご紹介します。OBを出さないためのドライバーショットを手に入れましょう!

バランスの良いスイングでドライバーを打ちたいけど上手くいかない・・

ドライバーで毎回ナイスショットを打って、気持ち良くセカンドショットを打てたら最高ですよね。

ドライバーが安定しないと、OBや林の中、ラフなどにいってしまい、大叩きにつながってしまいます。 ペナルティーなしでこれを実現することは、スコアアップに欠かせないことです。ドライバーはクラブの中でも一番長く一番飛びますが、ボールが曲がりやすく多くの方が安定させにくいと感じていると思います。

今回は、飛距離アップ、スコアアップ出来る、ドライバーを真っ直ぐ飛ばす7つのポイントをご紹介します。

ドライバーのスイングを安定させる7つのポイント

ドライバーを安定させるポイントは7つあります。

・グリップ

・アドレスの重心位置

・ベタ足で打つ

・アゴを下に向けたまま打つ

・リズム一定に

・大振りをしない。コンパクトを心がける

・左手リード

この7つを意識すれば曲がりは確実になくなっていきます。基本的な要素ですのできちんと意識してドライバーショットしましょう。

グリップ

グリップはドライバーの要です。ストロンググリップで握りましょう。左手の小指、薬指、中指の3本はしっかり握り、あとの指は軽く握ります。ストロンググリップの方がテークバックしやすく力も入りやすいのでオススメです。

両手ともに親指と人指し指を軽く締めた時にできたV字が右肩を指していればOKです!

アドレスの重心位置

ドライバーを安定させるには、アドレスの重心位置が重要になってきます。では、どこに重心をかけたらいいのでしょうか?

それは、「拇指球」です。

かかと体重になってしまうと体重が後ろになっているので、アッパースイングになります。また、重心が前過ぎても、体が突っ込んだりするので、ドライバーのスライスが出やすくなります。拇指球に重心があると風の強い日でも安定したアドレスが取れます。

アドレスにおいて重心の位置を「拇指球」にすることは、重要なポイントですので覚えておいてください。

ベタ足で打つ

ベタ足で打つコツは、テークバックをコンパクトにして、下半身を動かしすぎないことです。特に初心者の方は、テークバックで右のお尻を後ろに引こうとする傾向があります。お尻を後ろに引いてしまうと、軸がズレてしまうため、足元の動きが不安定になってしまいます。

右のお尻は、動かすのではなくて、上半身を回すための軸にしてテークバックからトップ、ダウンスイングを作っていくと、下半身のバランスが良くなります。現在、日本女子ツアーを席巻している韓国女子プロ選手のほとんどがベタ足でドライバー打っています。

アゴを下に向けたまま打つ

ドライバーが上手くいかないのは、ボールと頭の距離が変わることです。上体が伸びれば、コックが解けてダブりの原因になります。大切なのは、頭とボールの距離をキープすることです。

その時に意識するのがアゴの向きです。アゴを地面に向けたまま振れば、上体が伸び上がらずにスイングができます。アゴが上がらないようにアゴを引いてボールを上目で見るとスイングしやすくなります。アゴは多少動きますが、固定するイメージで振りましょう。

注意点として、アゴを引き過ぎるのもよくありません。トップでは左肩、フォローでは右肩が入るくらいのアゴの間隔は残しておきましょう。

大振りをしない。コンパクトを心がける

ドライバーを安定させるためには、“大振り”をしないことです。軸が傾いたり腰がスエーしたりします。ドライバーはコンパクトに振ることが大切です。軸がブレにくくなり、軌道が良くなります。

リズムを一定に

ドライバーが上手くいかない原因は、もちろんスイング軌道にもありますが、打ち急ぎなどのリズムが一定しないことがあります。練習場ではミスをしない人が本番のコースではOB連発してしまう人はリズムが早くなってしまっていることが原因ではないでしょうか?

アマチュアゴルファーに多いのが、トップからの切り返しで急にリズムが早くなることです。それは一番安定しなくなるパターンです。テークバックの時に「イチ」、トップで「ニ」、インパクトで「サン」というリズムで振ってみたらどうでしょうか。この時に大事なのが、トップでの「ニ」です。「ニ〜」と一拍の間を作ることです。

リズムがしっかり取れれば、ドライバーの打ち急ぎがなくなります。

左手リード

左手リードを意識することは、飛んで曲がらないドライバーショットを手に入れるのにとても重要です。打ち急ぎからくる振り遅れの予防にも効果抜群です。ポイント1でお伝えした左手グリップの小指、薬指、中指の3本の指をしっかりとグリップするように意識してください。それだけでも左手リードの感覚になります。画像のようにインパクトで左手を離す素振りを数回すると、左手リードのイメージが湧くと思います。

左手リードの理想的なスイング方法はこちらをご覧ください。

まとめ

この7つのポイントを実践し、反復練習することで、バランスの良いスイングが作られていきます。
結果、ドライバーのミート率が上がって飛距離も出ますので、必ずスコアアップに役立ちます。

ぜひ、参考にしていただきたいと思います。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。