ゴルファボ TOP知識目線を変えればスイングが変わる!意外すぎる内容を公開

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

目線を変えればスイングが変わる!意外すぎる内容を公開

ゴルフクラブを構えたら目線はどこにおけばいいのだろうか?今回は、見方を変えるだけで劇的にゴルフのスイングが変わる方法をご紹介します。視線を変えるだけで飛距離もスコアもまだまだ伸びるかも…!?

ゴルフのスイングにおいて目線はとても大切です。目の向きでクラブの振りが大幅に変わるとも言われています。あなたはアドレスをした時、どこに合わせていますか?ボールですか?それともクラブヘッドですか?

目線一つで、ゴルフの上達に大きく差が出ることもあるとか…同じ人間なのにプロゴルファーとアマチュアゴルファーの目線が違います。その違いがスコアの差になっているのかもしれません。

今回は、目線について意外すぎる内容を公開いたします。視線を変えるだけで、ゴルフのスイングが変わればゴルフも楽しくなりますので、ぜひ試してみてください。

ゴルフの「球をよく見ろ」は正しいのか?

構えたら「ボールをよく見て振れ」とよく言われると思います。それには2つ理由があります。

・前傾姿勢の維持

・ヘッドアップの矯正

前傾姿勢の維持

ゴルフでは、前傾姿勢が維持できずにインパクトの時に頭の位置が動いたり、球との距離がアドレスの時より変化したりすると、ゴルフクラブの芯で捉えることは難しくなってきます。

目の位置が変わらないということは、前傾姿勢が維持できているということになりますので、テークバックからインパクトまで球を見続けることができているということになります。

ヘッドアップの矯正

ゴルフのラウンド中で最も悲しくなるのが、トップとダフリです。そのミスを誘発するのはヘッドアップです。インパクト直前に目を反らすと、体が起き上がったり、突っ込んだりしてミスショットになってしまいます。

できれば、フォロースルーに向かうまでは球を見続けられたら理想的です。

フォローで頭が起き上がりにくいのは、ビハインザボールの形です。トップやダフリのミスが無くなるだけでなく、フォローでヘッドが走るので、飛距離アップにもつながります。

ビハインザボールの形はこちらで詳しく説明しています。頭が起き上がりにくくなりますので、ぜひご覧ください。

ゴルフで大切なのは、ボールの見方です!

球の見方で変わります。つまり、安定しないゴルフのスイングも目線を少しズラすだけで、劇的に変化します。

アマチュアゴルファーの場合

アマチュアゴルファーの多くは、うまく当たるか、ちゃんと前に飛んでフェアウェイにいってくれるのかが不安なので、ボールの正面をずっと見ています。そして不安なので、インパクト後はすぐにヘッドアップして打球を追ってしまいます。

ブロゴルファーの場合

逆にゴルフ上級者やプロゴルファーは、打つ方向が明確に決まっているので、ずっと見つめることなく球の右側付近をぼんやりと見ています。右側を見ることにより、インパクトを迎えても頭が残り、ビハインドザボールの形になりヘッドアップがしにくくなります。

ミスショットを無くすには…

あなたのショットがダフリ気味であれば、ボールの左側に目線を合わせてみましょう。そうすることによって、少し左軸になるのであまりダフらないようになります。

逆に体がいつも突っ込み気味のであれば、右側に目線を合わせてみましょう。軸が右側に移るので、体が突っ込まないようになるでしょう。

番外編:目をつぶって打ってみる

目をつぶって打ってみると意外な発見があり、とても良い練習になります。

やり方は、普段どおりのアドレスをしてください。そして目をつぶって打ってみてください。

自分がどうやって振っているかが手に取るようにわかります。体が十分に回っていないとか、クラブがインサイド、もしくはアウトサイドに上がっているとか、右や左に重心がかかり過ぎているのがわかります。特に上下の動きです。自分がどれだけ上下の動きのあるスイングをしていることがわかります。

目を開けている時との違いに驚くと思います。最初は怖くて空振りしたり、ダフったり、トップしたりしますが、慣れてきたらしっかり振れるようになります。

注意点として、最初から思いきり振らないでください。バランスを崩して倒れてしまいます。とくにゴルフ練習場の2階、3階席の場合は階下に落ちる恐れがありますので、まずはアプローチから行ってください。それから徐々に大きくしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目線の使い方でスイングの良し悪しが変わることが分かったと思います。ぜひ、試していただき、スコアアップに繋げていただきたいと思います。絶不調のゴルフでも目線を変えれば、ショットも安定するので、ダフリやトップ、シャンク、チョロなど大きなミスもなくなりスコアをまとめられるでしょう。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧