Loadingお気に入りへ追加

ゴルファボ TOP知識スイングがうまくなる!手首の使い方をマスター出来る2つのコツ

知識

スイングがうまくなる!手首の使い方をマスター出来る2つのコツ

ゴルフスイングが安定しない、あるいは打球の方向が一定にならないと悩んではいませんか?

多くの方々が悩んでいるその原因が、実は「手首」にあるかもしれません。

使い方が正しくないとうまく飛ばなかったり、ミスにつながったりしてしまいます。逆に言えば、手首を上手に使えるようになると、すぐに飛距離が伸びたり方向性が安定します。

今回は打球の飛距離や方向性に大きく影響を与えるゴルフスイングの手首の動きについて解説いたします。それぞれのチェックポイントを参照してみて、あなたのゴルフスイングと比較してみてください。

手首の重要性

ゴルフスイングで思い通りのボールを打つためには、手首(リスト)が重要。肘などに比べるとこの部分はかなり自由に動かせる関節です。

しかし、ゴルフスイングでは話は別。手首が自由に動きすぎるとミスにつながります

それは、リストの角度によってはクラブのフェースが閉じたり開いたりしてボールに当たってしまうからです。

器用な関節であるがゆえの弱点です。ですから、フォロースルーからインパクト、そしてフィニッシュに至るまでゴルフスイングでは注意を払う必要があります。

逆にリストの角度を意識して修正することでゴルフスイングがスムーズになり、飛距離が上がり、方向性も安定します。

ゴルフスイングは体幹を使って大きな動きでクラブを振ることで、ヘッドのスピードを高めることでより遠くへ飛びます。手首をうまく使うとさらにヘッドスピードが上がり、飛距離につながります。

↓↓↓ドライバーからアイアンまでゴルフスイングの基本について詳しくまとめています!

左手の正しい使い方

ゴルフスイングのリストで、もっとも注意すべきなのは左手の使い方です。

この動き次第でゴルフスイングではフェースの開閉が起こってしまい、弾道がスライスしたりフックしたりというミスにつながってしまいます。

スライス・フックを調整

ゴルフスイングでは始動からトップにかけて、左手は手の平側や手の甲側に動かさないようにします。

トップの位置でリストが手の甲側に折れるとフェースが地面に対して垂直になります。そうすると開いてスライスにつながってしまいます。

逆にトップの位置で手のひら側に折れるとフェースが地面に対して平行に近い角度になります。そうなると閉じた状態になりフックにつながります。

ゴルフスイングではアドレスのときに作った手首の形でインパクトできればボールは真っすぐに飛びます。

コックのタイミング

ゴルフスイングの左手の動きの中で最重要なのはコックです。

コックとは手首が親指側や小指側など縦に動くことです。縦方向に動けばフェースの向きは変わりません。スクエアな状態を保ってかつ、クラブの大きな動作をさらにアシストすることになります。

ゴルフスイングの始動直後にはまだコックは入りません。そこで動いてしまうと余分な挙動をしていることになり、フェースの角度が変わってしまいます。

基本的には左腕が地面と平行になるタイミングで入れていきます。そのタイミングで左手首を親指側に傾けてシャフトは真上に向く形になります。

できるだけ角度をキープしたままインパクトを迎える意識を持ってフィニッシュまでいきましょう。

ゴルフスイングの中で速いタイミングでコックが解けると「アーリーリリース」といってフェースが開いたり、すくい打ちになったりしてミスが出てしまいます。

なお、コックは人によって入れやすいタイミングが異なってきます。

左腕が地面と平行になるタイミングが基準ですが、できるだけゴルフスイングの動作の中でも自然に入れられるほうがベターです。無理に合わせるのではなくあなたの感覚で調整してみてください。

右手の正しい使い方は?

右手についても左手と連動して動く部分であり、ゴルフスイングの中でもとても大切です。

テイクバックからクラブが水平になるタイミングまでは左手と同じく動くことはありません。そののちに左手のコックと同様のタイミングで右手が甲側に折れます。これがヒンジングという動きです。

ヒンジングの角度もインパクトまでできるだけ保ち続けるようにイメージして、ゴルフスイングのフィニッシュまでつなげていきます。そうすることでクラブのパワーがさらにボールに強く伝わりやすくなります。

アプローチでは使わない

ドライバーやアイアンの時とは異なり、アプローチの場合は基本的に手首を使うことはありません。

短い距離で使ってしまうと、すくい打ちになってしまい、方向性や距離が安定しなくなってしまいます。始動のときと同じ角度に保ったままショットをしていきましょう。

ハンドファーストで振ることができれば緩やかなダウンブローにもつながり、ボールにしっかり回転がかかるアプローチができます。

↓アプローチを寄せるためにぜひ押さえておきたいポイントについて解説しています!

パターで手首は使う?使わない?

パターを使うときも通常は手首を使うことはありません。

パターで手首を使いすぎてしまうと不安定なパッティングにつながってしまうからです。ぱってぃんのときは肩の動作で打っていくのが基本です。その中で距離感などのイメージもしっかり合わせていくようにしましょう。

↓↓↓パターの打ち方の基本とイメージを確認できる練習法についてのレッスンです!

まとめ

手首は器用に動かせる分、動きすぎに注意しましょう。

テイクバックの早い段階で手首を使ってしまうと、スライスやダフリなどさまざまなミスに繋がってしまいます。

腰の高さに上がるまでは体の回転でクラブを上げていくことを覚えておいてください。

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。「銀座ゴルフアカデミー」にて東京銀座を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。
×

新着特集

ゴルフ【ドライバー】おすすめランキング30選|初心者でもわか …

【2021年版】おすすめドライバー30選と正しい選び方のポイントを徹底解説いたします!新品・中古、新・旧モデル含めてどんなドライバー ...
  • 知識
  • 117

ゴルフの待ち時間におすすめ!いま人気の動画配信サイト10選

動画配信サービスが今人気!打ちっぱなしなどのゴルフの待ち時間には、映画、ドラマ、アニメ見放題サービスがおすすめ!スマホでもテレビの大 ...
  • 雑学
  • 55

【話題】ファイゴルフとは?自宅で本格シミュレーションゴルフが …

自宅でもゴルフが楽しめたら…そんなゴルファー達の願いを叶えたアイテム「ファイゴルフ」をご紹介します!高価なスクリーンやシステムを購入 ...
  • 雑学
  • 116

ゴルフで得するクレジットカードおすすめ7選!特典ポイントを使 …

ゴルフおすすめクレジットカードでプレーをもっとお得に楽しもう!日常のあらゆる所で貯めたポイントは、ゴルフ、旅行、ショッピングで利用す ...
  • 雑学
  • 111

大阪でゴルフレッスン!スクール初心者におすすめ10選!口コミ …

【大阪】のゴルフレッスンおすすめのスクール10選をご紹介します!レッスンに行ってみたいけど、どこに行けばいいか分からない…もっと上手 ...
  • 雑学
  • 133

ゴルフ【レーザー距離計】おすすめ人気ランキングBEST10【 …

レーザー距離計にはどんな機能があるの?どんなものを選ぶべき?平均の金額はいくら?そんな疑問をお持ちのあなたへ!選び方のポイントと人気 ...
  • 雑学
  • 929

特集一覧