ゴルファボ TOP知識柔らかすぎるシャフトはNG?プロゴルファーに聞いてみた

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

柔らかすぎるシャフトはNG?プロゴルファーに聞いてみた

柔らかすぎるシャフトを使うとダメと思われがちですが、実際はどうなの?ある男子プロが調子を崩したとき、レディース用のやわらかいゴルフクラブを使って本来の調子を戻したと聞いたことがあります…柔らかすぎるシャフトはNGなのか?プロに聞いてみました!

柔らかすぎるシャフトはNG?プロゴルファーに聞いてみた

「ボールが曲がるのはシャフトが柔らかすぎるからじゃないの?」
「硬いのに差し替えた方がもっと飛ぶよ〜」

など、ゴルフコースや練習場ではこう言った会話がよく聞こえてきます。

「シャフトでスイングが変わる」と言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?今回はシャフトの特性をご紹介しながら、柔らかすぎるのはNG?なのか、検証してみたいと思います。

柔らかすぎるのは、敬遠されがちですが、実はゴルフ上達に多大なメリットをもたらしてくれます!特にアウトサイドインの軌道のゴルファーは必見です!

硬派 VS 軟派

ゴルフクラブは、ヘッド、シャフト、グリップの3つのパーツでできています。その中でもシャフトは、あなたがスイングする上でとても大切なパーツになります。大まかに分けると「硬い」「柔らかい」になります。

硬いものを使うのか、やわらかいものを使うのかで、ショットは変わります。ご自身のクラブが最近振りにくい、もしかして自分には合っていないのかなぁと思っているのであれば、今回の記事を参考にゴルフクラブの見直しを考えてみてもいいと思います!

ゴルフクラブのフィッティングはこちら↓↓↓
最新のフィッティングをゴルファボ編集者が体験レポしています。とても参考になります!

硬いシャフト

振る速さに応じてヘッドスピードが上がります。理由は、速い動作にしなりが付いてくるからです。先端も硬いので、インパクトでロフトが増えづらくなりボールの弾道が低くなります。

硬い素材は誰でも振れるわけではありません。例えば…ヘッドスピードの遅いゴルファーが硬いXフレックスを使うと、しならないだけでなく、力みやすくなってフォームを壊しますので、パワーのない方は気をつけましょう。

フレックスの違いはこちらから↓↓↓あなたに合うものが見つかります!

メリット

・ヘッドスピードが上がる(力一杯振るので)
・球筋をコントロールしやすい
・低い弾道も打ちやすくなる

デメリット

・アウトサイドインの軌道になりやすい
・ボールが上がらない(特にドライバー)
・ダウンスイングの切り返しで打ち急ぎしやすくなる
(速く振ろうとするので)

スイングが安定しているゴルファー向き

振りが安定しているということは、軸がしっかりしていて、ある程度クラブが振れている証拠になります。トップやインパクトでの力の入れ具合も知っているので、硬めの方がコントロールしやすくなります。いろんな状況の応じたボールが打てるでしょう。

やわらかいシャフト

軽く振ってもしなるので、ゆったりとしたスイングが身につきます。タイミングが合えば飛距離も伸びます。ヘッドスピードの速いゴルファーがやわらかいものを使うと、しなりすぎて飛距離・方向性が悪くなってしまいます。パワーを出さなくても振れるのでヘッドスピードは上がり辛くなります。

メリット

・打ち急ぎを防げる
・ゆったりと振れる
・インサイドの軌道になる
・高い弾道が打ちやすくなる

デメリット

・ヘッドスピードが上がりにくい
・ヘッドをコントロールしにくい
・低い弾道が打ちづらい

スイングが不安定なゴルファー向き

まだ振りが安定していない、力があまりない、女性、などのゴルファーは、柔らかめがオススメです。ゆったり振ることによって、しなりを感じることができるので軌道が良くなってきます。

大抵のミスショットのポイントは打ち急ぎです。リズム良く振れるようになると軌道もインサイドになり、ドローボールも打てるでしょう。やわらかいものが振れるようになると、硬いものに変えても打てるようになりますので、調子が悪くなった一時期の間、やわらかいもので振るのもいいでしょう。

自分の振りや技量に合うゴルフクラブに出会えます。ゴルフ初心者もミスショットも大幅に減らせるでしょう。↓↓↓

おすすめ練習用ゴルフクラブ

ご紹介する練習用ゴルフクラブは「テンポマスター」です。テンポマスターとは、ムチのように柔らかすぎるシャフトが装着されている練習用のゴルフクラブです。実際に打てます。振るとしなりがよくわかります。

フニャフニャなので、ほとんどのアマチュアゴルファーは普段よりもゆっくりで丁寧なスイングになります。すぐに変化が出てきます。

アウトサイドインの軌道に悩まされているゴルファーは、クラブがインサイドから下りるようになります。シャフトがやわらかいと、切り返しで”間”が生まれ、クラブの軌道をインサイドに導いてくれます。ゴルフショップなどにあると思いますので、機会があれば一度振ってみてください。

ゴムホースでも代用できます。ゴムホースの素振りです。リズムが良くなりドライバーの方向性もよくなります。↓↓↓

まとめ

プロ曰く、「いつも力んでいる人」「カット軌道でスライスばかりの人」は、柔らかすぎるくらいのシャフトを強くお勧めしていました。ゆったりと丁寧に振るので、インサイドから下ろす感覚も掴みやすく、飛距離も、方向性も良くなるそうです。

あなたが「ゴルフの調子が悪い」「クラブが鉄の棒に感じる」と思っているのであれば、一度やわらかいものに変えてみてはいかがでしょうか?あなた本来のスイングを発見できるかもしれません。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧