プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル上達法バックスイングの上げ方。意識すべきはコレ!

バックスイングの上げ方。意識すべきはコレ!

上達法

ショットの良し悪しはバックスイングで決まると言われています。

 

バックスイングが正しく出来ればその後の、ダウンスイングやフォロースル―にスムーズに移行出来ます。

 

しかし、ただゴルフクラブを上げるだけのこの行為が思いのほか難しいのも事実です。

 

自分のバックスイングの上げ方になんとなく納得していないゴルファーも多いのではないでしょうか?

 

アマチュアゴルファーに多いバックスイングの上げ方の悩みには以下の様な点があります。

 

  • バックスイングすると軸がブレる
  • 体が固くて(窮屈で)上げられない
  • どこまでゴルフクラブを上げればいいの?
  • 捻転がうまく作れない

 

他にも悩みは多々あるかと思いますが、

今回はこの4つのテーマに沿って原因と解決法をご紹介いたします。

 

体の硬い人、筋力の無い人、タイミングが取れない人、どんなゴルファーでもその人にあったポイントを押さえればバックスイングの上げ方がスムーズになりショットが向上します。

 

バックスイングの上げ方「軸」

アドレスからインパクトまで顔の位置を動かさないというのはゴルファーの間では一般的に言われている理論ですよね。

 

ですが、その意識が強すぎてバックスイングでボールを見過ぎてしまうと上体が前に突っ込み過ぎてしまい軸がブレてしまいます。

 

大切なことは顔を正面に向け続ける事ではなく、ボールを凝視することでもありません。

 

ポイントは「頭の位置を動かさない」ことです。

 

頭の位置を動かさないためにはバックスイングで適度に顔を右側に向けることが効果的です。

 

適度に顔を右に向けることで体の軸が左右にブレることなく両肩を回転でき、上げ方がスムーズになります。

 

体が固くて(窮屈で)上げられない

実はゴルフのバックスイングに体の柔軟さはあまり関係ありません。

 

バックスイングの上げ方が窮屈だと感じている原因の一つに、腕だけでバックスイングしてしまっている可能性があります。

 

腕は体の両端に付いているので、ゴルフクラブをしっかり上げる為には体を回転させる必要があります。

 

腕だけの上げ方ではなく右肩を背後に移動させるイメージでバックスイングしてみましょう。

 

両肩が十分に回転すればその動きに腕も付いていくので、正しいバックスイングが可能になります。

 

しかし、注意点が一つあります。

 

正しいバックスイングの上げ方には必ず多少の窮屈さがあります。

その窮屈さが力が溜められている証拠なのです。

 

まったく窮屈さの無いバックスイングはいけません。

 

 

どこまでゴルフクラブを上げればいいの?

バックスイングのトップの位置はゴルファー自身の目では確認できないので、思っていたよりトップの位置が上がり過ぎていたり、まったく上がっていなかったりします。

 

一見すると高く腕を上げる方が飛距離が出そうですが、この上げ方はフォームが大きくなるためにミート率が下がったり、インパクトの前にヘッドが失速したりする可能性が高くなります。

 

さらに実際にボールを打つ時には力が入ってしまうので、自分が思っているよりオーバー気味にバックスイングしてしまう可能性が高くなります。

 

ミスヒットが多い方は動画などで撮影してみると、

 

「えっ!?こんなに上げているつもりなかった!」

 

と気付くと思います。

 

オススメは思っているよりコンパクトに上げてヘッドを加速させるようにフォローを大きくとる方法です。

 

上げ方のコツとしては頭の真上までグリップを上げずに、8割くらいにする意識で打てば球筋や飛距離も安定します。

 

捻転がうまく作れない

捻転が上手く作れない原因は上半身の回転につられて下半身も一緒に動いてしまっている可能性があります。

 

上半身が十分回転し、下半身はしっかり踏ん張る必要があります。

 

ポイントは右膝です。

 

右膝が後ろに流れないように踏ん張ることが大切です。

バックスイングでは右膝の崩れを死守しましょう。

 

まとめ

  • バックスイングでは顔を適度に右側に向ける
  • 右肩を背後に移動させることでスムーズになる
  • トップは高く上げ過ぎないほうが良い
  • 上半身のうごきにつられないように踏ん張る

 

ダウンスイングで意識すべきポイントはコチラ

 

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

この記事の監修者

プロゴル編集部

吉本 巧(プロゴルフコーチ)

元世界ジュニアマスターズ入賞、米ミニツアー通算3勝、ベストスコア63。
ゴルフ修行のため14歳から単身渡米。11年間アメリカでジュニア選手、アマチュア選手、学生選手、ツアープロ選手、プロコーチを経験。
日米の20年の経験から「吉本理論」を構築。日本に帰国後、99ゴルフスクールを設立。神奈川県茅ヶ崎を拠点にレッスン活動を行う。
プロ選手やアマチュア選手のスイング面のコーチングをはじめフィジカルトレーナー、プロツアーキャディー、メンタルコーチング、クラブフィッティングアドバイザーなどゴルファーを総合的にコーチング。