プロが動画で教えるゴルフメディア

プロゴル

プロゴル知識【決定版】雨の日ゴルフに必要なものはコレ!

【決定版】雨の日ゴルフに必要なものはコレ!

知識

雨の日のラウンドはお嫌いですか?

 

たしかに雨の日にベストスコアや最高のプレイを出すことはなかなか難しいと思います。

 

普段より飛ばないボールや水を含んだコースでプレイしなければならないので、考えなければいけないことが多くなります。

 

ですが、雨の日のゴルフはゴルフを上手くすると言われています。

 

普段よりも厳しい環境や状況でラウンドすることで、普段のゴルフが楽になるのです。

 

難しい状況を克服できた時が、ゴルファー至福のひとときでもあり、更に上手くなった瞬間でもあります。

 

それに雨や風、暑さなど、あるがままの自然でプレイするのもゴルフの醍醐味ですよね。

 

今回は、雨の日でも楽しくラウンドするために必要なものご紹介します!

 

雨の日のゴルフに必要なもの

 

 

 

【傘・レインコート・レインキャップ】


雨に濡れることによる体温低下と共にパフォーマンスは落ちていきます。それだけでなく濡れた体の不快感からくる集中力の欠如もゴルフのスコアを崩す大きな原因になります。

 

雨を弾いてくれる、レインコートとキャップがあればこれらのマイナス要素を大きく軽減してくれます。

 

撥水性のあるものといってもゴアテックスのような動きにくい素材だとスイングの邪魔になるので、撥水加工された柔らかい素材のものを選びましょう。

 

日本のほとんどのゴルフ場には雨用の傘がカートに常備されているので買い揃える必要はないでしょう。

 

【防水グローブ】


手元が滑るようだとクラブもまともに振れないどころか、滑って飛んでいってしまう可能性もあります。

 

普段のグローブとは別に雨に対応したグローブを用意しましょう。

 

【防水シューズ】


足元が整っていなければ、安定したスイングや落ち着いたショットが出来なくなってしまいます。防水加工されたシューズは雨の日のゴルフに欠かせないアイテムです。

 

または防水スプレーなどを使用してからラウンドしましょう。

 

【タオル】

 

タオルは何枚あっても良いでしょう。
濡れた体を拭くだけでなく、クラブやボールに付いた泥を取り除くために使えます。

 

特にクラブやボールに泥が付いていると弾道が変わってしまいますし、パッティングでは真っすぐ転がってくれない可能性があるので、しっかり拭き取りましょう。

 

雨の日のゴルフに必要な心構え

 

 

 

【足元は安定しない】


ぬかるんだ足元ではスイングを安定させることは非常に難しくなってきます。特に大振りをしてしまうとフラつきの原因となるのであまり大振りをしないよう心掛けましょう。

 

【ボール、クラブに泥が付く】


毎ショットごとに泥や草が付いてしまいます。

ゴルフクラブは毎ショットごとにタオル等で泥を取り除き、グリーンに乗ったボールは必ず拭きましょう。

 

【ボールは飛ばない】


ぬかるんだコースでは普段より確実に飛距離は出ません。
いつもより番手を1つ~2つ上げてショットしましょう。

 

【グリーン上はボールが走らない】


水を吸ったグリーンでは思ったよりも転がりません。
いつもより強めのパットを意識しましょう。

 

【バンカーは固くなる】


水を吸ったバンカーは固まっています。

いつものようにバンスを使って砂ごと打とうとすると跳ね返されてしまうので、バンスの少ないSWを使用したり、フェースをあまり開かずに打つ、などの対策が必要です。

まとめ

雨の日には雨の日のゴルフの楽しみ方がありますよね。

雨対策のグッズで快適にラウンドし、心構えをしっかり持つことで、難しい環境下でもスコアをまとめることが出来るでしょう。

1つ注意点として、ゴルフ場の足元は土なので簡単に滑ってしまいます。自分の打った球が気になっても崖の方へは絶対に行かないようにしましょう。

そんな時は、潔くOBやロストボール宣言をおすすめします。

シェアする

この記事を書いたライター

プロゴル編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。