ゴルファボ TOP知識ゴルフは肩!スムーズに回転するためのスイングのコツ

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフは肩!スムーズに回転するためのスイングのコツ

ゴルフは肩がすべて!上手いゴルファーはみんなトップでしっかりと回している。深い捻転ができるからタメが作れてボールを遠くに飛ばしてくれます。今回は、スムーズに回転するためのスイングのコツをご紹介します。これで飛距離アップ間違い無し!

ゴルフで肩をしっかりと回せると、トップで深いねん転になり、良いスイングになります。切り返しでもリズムが早くなることがなくなり、インパクトでもゴルフボールを押せるので、遠くまで飛んでいきます。

しかし、回転が浅いと腕を使ってしまい、手打ちになるので軌道が安定せず、ミスショットを誘発してしまいます。ゴルフでは上半身と下半身のねん転差ができると、飛ばしのパワーを生んでくれます。

今回は、スムーズに回すためのゴルフスイングのコツをご紹介します。楽に回わせると、リズムも良くなるので、緊張した場面でも崩れることがなくなります。コンペのスタートホールでは威力を発揮するでしょう。

肩を回転させる最大のメリットは「深いねん転」

ゴルフスイングでは、肩を回すのが大正解です!プロやゴルフ上級者は、雑巾をギュッと絞ったように身体がねじれています。ねじれていることは下半身もしっかりと踏ん張っている証拠になりますので、最大のパワーがトップポジションで溜まります。

ゴルフは、止まっているゴルフボールを打つスポーツですので、身体の動きを起こさないと球は飛んでいきませんので、しっかり回していきましょう!

しっかり回すためには、肩甲骨の柔らかさが鍵になります。一流選手のストレッチ術です。

回転が浅いと…

テイクバックで体重も右足側に乗らないので、腕でゴルフクラブを上げてしまいます。そうなるとダウンスイングで手元が前に出てしまいクラブが寝て入り、ダフリやあおり打ちの原因になります。

ゴルフボールにパワーが伝わらないので飛びません。またクラブヘッドがアウトサイドから入ってくるので、球も曲がりやすくなります。

回転が深いと…

トップで右股関節に体重が乗ってタメができるので、パワーが溜まります。十分に肩が回ると左足に体重が移動しやすので、軌道も安定して下りてきます。軌道が安定すると、ミート率も上がるのでヘッドスピードが速くななくても、芯に当たり飛距離を伸ばすことができます。

ゴルフ|回すのは「縦?」「横?」どっち!?

「縦」がいいとか、「横」いいとか、聞いたことがあると思いますが、あまり気にする必要はありません。

アドレスで、上半身の前傾角度が浅いと自然に横の回転になり、前傾角度が深いと縦になります。注意点として、横なのにトップを高くしようと手で上げたり、縦なのに腕を低く使ったりすると、スイングが崩れるので気をつけてください。

初心者ゴルファーがクラブの上げる場所がわからなくなった時、このレッスン動画が役に立ちます!

ゴルフで肩をスムーズに回転させるコツ

スタンスを狭くする

ゴルフではスタンスが広くとると、大きなパワーが溜まるのでゴルフボールは遠くに飛んでいきますが、身体が硬い人や体力がないひとは十分に回すことができません。無理すると怪我をしてしまいます。

スタンスを狭くすることで、体が回りやすくなりスムーズに回ります。練習やラウンドのとき、コスリ球が出てきたらねん転が浅い証拠になりますので、スタンスを少し狭くすることでインパクトが厚くなるでしょう。

右肩を後ろに回す

ゴルフで上体を回すとき、左肩を顎の下に入れようと必死になっている方がたくさんおります。あごの下に無理やりいれようすると、顔が動いたり、前傾角度が変わったりして、ミスショットの原因になります。あごの下に入れるのではなく、右肩を背中に回すようにすると、”スーッ”と回りますので、試してみてください。

注意点として、デンデン太鼓をイメージして背骨の軸を意識しながら回してください。軸がズレると上体が起き上がりますので気をつけてください。

トップポジションで一時停止!

トップポジションで一旦止める動きをすると、”グーッ”と慣性で肩が回り上体が捻じれます。松山英樹プロや宮里藍プロのように”間”ができるのでパワーが溜まり飛距離を伸ばすことができます。トップで止めても、慣性が働き、動いている体は急には止まれないので、ジワリとねじれタメになります。

アマチュアゴルファーは、十分に回転しきれていない状態で打ちにいくので、リズムも悪くなります。体重移動も上手くいかないのでミスショットになってしまします。

一時停止のコツを知るには松山英樹プロのフォームが参考になります!ゴルフ初心者必見です!

まとめ

ゴルフで肩をしっかりと回すことができれば、手打ちを防止することができるほか、トップポジションも決まるからスイングリズムが生まれます。毎ショット同じリズムで打つことができます。ドライバーやフェアウェイウッドなどの長いゴルフクラブだけでなく、ショートアイアンやウェッジにも影響してきます。

今回ご紹介したコツをゴルフ練習場で試していただき、飛距離アップ、スコアアップにつなげてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧