ゴルファボ TOP知識ゴルフ素振りバットの効果と飛距離アップする練習法5選

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフ素振りバットの効果と飛距離アップする練習法5選

ゴルフボールをまっすぐ遠くに飛ばすには、体全体を使って振ることが重要です。手打ちがなくなれば飛距離、方向性ともにアップします。大きなスイングをするための練習方法にゴルフ専用素振りバットが効果的!上達ポイントやおすすめアイテムをご紹介します。

もっと飛距離を出したい…もっと安定したショットが打ちたい…

今回はそんなゴルファーにオススメの「素振りバット」の効果と飛距離アップできる練習方法をご紹介いたします。

そんなもので練習して意味あるの?そうお思いの方もいるかと思います。答えは「イエス」。かなり効果があるんです。素振りバットには、遠心力で打つ感覚、速く振る感覚、体を使って大きく振る感覚を身につけるための秘訣がたくさん詰まっています。

ぜひ参考にしていただき、もっと遠くへ、もっと真っすぐ飛ばしてください。

ゴルフ素振りバットとは?

素振りバットというと野球を思い出すかもしれません。もちろん野球のバットで行ってもよいですが、効果的に上達スキルを身につけるにはゴルフ専用品がおすすめです。

ゴルフ専用の素振りバットにもいろいろな種類があります。軽いものから重いものまでありますが、基本的に重さが700g前後(通常ドライバーで300g前後)あり、腕の力だけでは上手く振れず、全身の力を使わないと振れないようになっています

力強く打つためや、速くゴルフクラブを振るためのイメージを体に覚えこませるために非常に効果的で、プロの練習器具には必ず一本入っている、ゴルフ上達には必須のアイテムです。

素振りバットの効果とメリット

飛距離が伸びない…、力がない…、そう思っているゴルファーの大半は腕だけの力でスイングしています。重いゴルフ素振り練習器具を使うことで、自分でも気づかなかった下半身や、背筋の力を総動員することになります。その力がインパクトで集約され大きな飛距離を生みます。

飛距離アップ

飛距離アップには全身を使った、大きなスイングプレーン(軌道)が欠かせません。ゴルフ素振りバットは重量があるので小さくコンパクトには触れません。大きな軌道を描いてゆっくり振る事で自然とプレーンも大きくなり飛距離アップにつながります。

フォームの安定

小手先でボールを打とうとするとフォームは安定せず、結果、インパクトもブレやすくミスショットしてしまいます。ゴルフ素振りバットは小手先で動かせません。全身を使って大きくスイングすればおのずとスイングは安定し方向性もアップします。

ゴルフではクラブを振った軌道にたまたまボールがある形が理想です。ボールを打とうと意識すればするほど、スイングは不安定になります。

ゴルフ素振りバットの使い方

使い方を間違うとケガに繋がるので注意しましょう。

まずはストレッチを行って関節や筋肉をほぐしましょう。最初は小さなスイングから初めてください。腰の高さで半円を描きながら繰り返しましょう。そしてだんだん振り幅を大きくしていってください。

早く振る必要はありません。体全体を使って大きく振る事を心掛けてください

軽い素振りバットを使う時

軽いものはゴルフで『速く振る感覚』を体に覚えさせるために効果的です。この時は速く振る事を心掛けてください。軽めの棒であればゴルフ専用でなくても代用可能です。思いものと合わせて使うことで、体全体を使って速く振る力が身につきます。

練習で意識すべきポイント

テイクバックでしっかりと体を捻っているか、ダウンスイングで上体が突っ込んでいないか、フォロースルーで左ひじが引けずに伸ばせているか、フィニッシュで体重は左側に移動して片足で立てるようになっているか、それぞれのポイントを意識しながらゆっくり振りましょう。

軸を保つ

ゴルフでは、重量のあるものを振ったり、大きな動きをすれば、回転運動で軸はぶれやすくなります。テイクバックからフォロースルーまで体が上下左右にブレないことを意識してください。背骨を中心にコマのように回るイメージを持てば軸がブレない安定したショットが打てるようになります。

コツは頭の位置を動かさない事です。踏ん張った両足と頭さえ動かなければ、基本的に軸はキープできます。

ヘッドスピードを加速させる

大きなスイング軌道、体全体を使って振る、それにプラスして『ブンッ!』と音が鳴る場所も重要です。体の左側(ターゲット方向)で音がなることが理想です。左側で鳴るということは、インパクトにかけてヘッドが加速している証拠。飛距離アップにとても効果的です。

↓↓↓ゴルフのスイングに必要な基本的ポイントはこちらで解説いたします。

おすすめのゴルフ練習素振りバット

ライト・パワフルスイングGF-100

出典:Amazon

重量:630g、長さ100㎝、ドライバーの約2倍の重さがあり、長さもあるので、ドライバーの感覚を持ちつつ体全体を使ったパワフルスイングが習得できる練習器具です。Amazonで購入する

エリートグリップ・ワンスピード

出典:Amazon

重量:330g~367g、長さ44.50~46インチまで選べます。重さ長さ共に一般のドライバーとほぼ同じですが、このゴルフ専用練習器具のよいところは、シャフトのしなりを大きく感じながら振る事ができるところにあります。Amazonで購入する

↓↓↓練習頻度が少ないゴルファーでも上手くなれる方法とは?

エリートグリップ・ヘビーヒッター用

出典:Amazon

クリアブルーの重量:610g、長さ、45インチ、シャフトのしなりを感じるためにとても効果的。重さがあるので、こちらは飛ばし屋ゴルファー向け。実際に打つ前に何回か振るだけで、ナイスショットが増えたと口コミでも絶賛!Amazonで購入する

↓↓↓自宅でかんたんにできるスイング練習法をまとめました。

まとめ

ボールを強く叩いて遠くへまっすぐ飛ばしたい…そんなゴルファーに必須のアイテムがゴルフ素振り練習器具です。普段の練習前にちょっと振るだけで、感覚が良くなり、ゴルフクラブが速く正しく大きく振れるようになります。

まだまだ球筋の安定しない方はゴルフクラブを振るよりも上達に効果的です。もしお手元にない場合はゴルフクラブを2~3本持って振るだけでも効果はあります。ぜひトライしてみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧