ゴルファボ TOP知識ゴルフのストロンググリップの特徴と2つのメリット

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ゴルフのストロンググリップの特徴と2つのメリット

スライスが直らない、飛距離がなかなか伸びない…。そんなゴルファーにぜひチャレンジしてもらいたいことがあります。それは「ストロンググリップ」。遠くまでボールを飛ばして、弾道を改善するのに大きな効果があります。詳しく解説しますのでぜひご覧ください。

ゴルフクラブの握り方は、ボールの方向性や飛距離を決める基本になるものです。

よく出るミスの原因がスイングそのものではなく、実は握り方にあった、ということもアマチュアにはよくあるようです。

スイングはそのままでも持ち方を直しただけで、狙い通りのボールが打てるようになったり、ミスを減らすことができた、という例も多くあります。

今回はゴルフのいくつかの握り方の中で、スライスなどのミスを減らすために有効なストロンググリップについて紹介します。そのメリットやデメリットについてもお伝えしますので、あなたの手の使い方もぜひチェックしてみてください。

ストロンググリップとは

ゴルフには大きく分けて3つの持ち方があります。

まずはいつも通りにクラブを持ってください。構えたときに自分の左手の指の付け根部分(ナックル)がいくつ見えていますか?

自分から見て左のナックルが2つほど見えるのがスクエアな状態です。ナックルが1個程度見えるのがウィークとなります。

そして3つ見えるのがストロンググリップと言います。スクエアに握っているゴルファーはいつもよりも少しだけ、左手を右方向に回してクラブを持つようにすると、この手の形になります。

少し左手をかぶせるように持つ方法です。左手の甲が自分から見て正面方向を向くようなイメージです。

↓ゴルフのギアはメンテナンスも大切!そのお手入れ方法について解説していますのでぜひご覧ください。

握り方を変えるメリット

大きな利点の一つが、スライス改善に効果があるということです。

ゴルフでスライスが出る原因はフェースが開いていることにあります。開いて右を向いたままインパクトを迎えるとボールには右回転がかかり、右方向へ曲がってしまいます。

今はクラブの進化もあって、フェースの開閉はそれほど重要ではなくなってきました。

というのも、以前はヘッドも小さく開閉しないと飛距離が出ない作りになっていました。ところがヘッドが大型になり、重心位置がコントロールできるようになったため、開閉をしなくてもゴルフで飛距離が伸びるようになりました。

開閉をできるだけなくすような打ち方をすることが、最近のギアの性能を引き出すうえでも重要になり、それに合っているのが今回紹介しているストロンググリップということになります。

左手を少し右にかぶせたように握るために、構えた状態からすでにフェースが閉じた状態になります。これによってロフト角が少し減り、バックスピンも減少することで遠くまで飛ばせるようになります。またフックやフェードが打ちやすくなります。

デメリット

構えた状態からすでにフェースが閉じているために、球のつかまりがよくなる傾向になります。これによってひっかけやチーピンが出やすくなるというデメリットもあります。

真っすぐ左に飛んだり、極端に左に曲がる球がでることで、体が開いたりインサイドアウトのスイング軌道になってしまうという心配もあります。

しかしこれらはメリットに比べるとかなり小さなリスクになります。それほど気にしなくてもいいでしょう。

ビギナーにもおすすめ

実際にストロンググリップにしてみると、スイングがやや窮屈だと感じるゴルファーも多いと思います。ただ、それも慣れの問題です。手首を返す動作もなくて済み、腕の動きをメインにボールを打つことができます。

スイングは体全体を動かすために複雑な動作になっていますが、手首の動き一つがなくなることで、よりシンプルになりビギナーでも早い上達が見込めるようになります。

トッププロも採用していた握り方

タイガー・ウッズもジュニア時代にはストロンググリップでゴルフを上達させていったと言います。それによってフェースがスクエアにしやすくなって飛距離も出たと、自身も語っています。

そしてスキルを伸ばして体力もついてきたころにスクエアにした、と話しています。この持ち方からゴルフを覚えていった、というプロゴルファーも多くいます。

スライスに悩む人に加えて、これからさらに上達を目指していきたいゴルファーも一度、試してみてはいかがでしょうか。

↓ゴルフで方向性を上げるためにはアドレスも重要です。ドライバーの構え方のポイントを解説しますのでぜひ読んでみてください。

↓ゴルフスイングの基本について総まとめしました。ドライバーからウェッジまで使い方を徹底解説していますのでチェックしてみてください。

まとめ

ストロンググリップは今、クラブの性能アップとともにもっとも主流になっている握り方です。方向性アップと飛距離向上などの効果も見込める、おすすめの方法となっています。今、もし違う持ち方をしているゴルファーの方もぜひ一度、試してみてください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧