ゴルファボ TOP知識ドライバーがダフる人の特徴と4つのおすすめ練習ドリル

ファボる (お気に入りへ追加)

知識

ドライバーがダフる人の特徴と4つのおすすめ練習ドリル

思い切り気持ちよく飛ばそうとしたドライバーをダフる…。情けなさを感じる瞬間です。ミスショットを繰り返さないためにも、どうしてそうなるかを確かめてスイングをチェックしてみてください。ドライバーでダフる原因と簡単にできる4つの改善法をご紹介します。

ティーショットでミスが出ると2打目の距離が残るので気持ちもへこみます。

それに、ドライバーでダフると飛ばないだけではなく、なぜかとても恥ずかしいですよね…。二度と繰り返したくないミスですが、意外と連発してしまうことありませんか?

ドライバーでそんなミスが出る人には4つの特徴があります。失敗する原因をはっきりさせることで改善法もわかって、初心者でも修正が早くできるようになります。

今回はドライバーでダフる原因とそれを修正するための練習法を紹介します。ティーショットでミスなく打つためにぜひ参考にしてみてください。

ドライバーでダフる人の特徴

ドライバーのヘッドがボールよりも手前に落ちると、地面を叩くことになります。

ドライバーで打つときにはティーアップして打ちます。ダウンスイングの軌道がぶれて構えたところよりも右手前(右利きの場合)にクラブが降りてくることでボールをヒットするよりも早く地面に当たってしまいます。

そうなるのには4つの要因があります。

身体が突っ込む

ドライバーを振り降ろしてくるときに、上半身がターゲット方向に傾いてしまうことを「突っ込む」と言います。これが要因の一つです。体が傾くことでスイングが描く軌道も斜めになって、クラブが手前を叩いてしまいます。

ドライバーを使って飛ばそうという意識が強いとこうなる場合が多くなります。スイングのときには体を1本の軸が通っているような感覚を持ちましょう。

ヘッドアップする

一つはヘッドアップしてしまうことです。ダウンスイングのときに打球の方向を早く確認しようとすると、頭の位置も上がってしまい上体も浮いてしまいます。初心者に多く、ダフる原因になります。

アドレスのときに作った前傾姿勢は保って、インパクトを迎える必要があります。背中の軸を安定させて回転するという意識を持つことも大切です。

すくって打つ

ドライバーはアイアンなどほかのクラブと違ってアッパーに打つものですが、自分でボールを上げようと考えすぎるとすくい打ちになってしまいます。右肩が下がった状態で振り抜こうとするとクラブの軌道がぶれて手前の地面を叩いてしまいます。

手首の角度が維持できない

ドライバーを振り下ろしてくるときに、腕が伸びて手首の角度が早くほどけてしまうとクラブを振る軌道も広がってしまいます。これがダフる原因になります。腰の部分までは手首の角度をしっかりキープして振っていくことが大切です。

ドライバーで真っすぐ飛ばすためには構え方も要チェックです。基本となる形をレッスンしますので、ぜひご覧ください。

おすすめの練習ドリル

4つの動きを改善するための練習ドリルを紹介します。ダフるゴルファーはぜひ試してみてください。

手を組むドリル

正しいイメージを得るのに最適な練習法をご紹介します。両手を頭の後ろで組んでアドレスの状態を作ります。そこからいつものスイングのように体を右から左に回転させていきます。このときに前傾姿勢が崩れないように意識していってください。

背中を軸に上半身を回転させるイメージがよくつかめると思います。背中周りのストレッチにもなるので、動作をスムーズにする効果もあります。

左足のかかとを意識する

クラブを振るときに身体が突っ込む場合は左足のかかとを確認してみてください。トップの位置で左足が上がっていると過剰な体重移動になり、上体が突っ込む要因になります。

ドライバーを打つときに左足のかかとを上げないようにすること、そのためにはボールを足の下に挟んで振っていくメニューが役立ちます。踏みしめたままショットすることで体重移動のし過ぎも防ぐことができます。

上体を安定させる

ドライバーで上半身が浮いてしまったりヘッドアップすることを防ぐには、お尻を固定した素振りがおすすめです。

壁にお尻をつけた状態で、素振りをしてみます。このときに上体が浮くとお尻が壁から離れるようになっています。下半身は固定したままで回転ができるような動きを繰り返します。お尻の位置が固定できれば、いすなどを当てて素振りをするやり方でもOKです。

↓プロのスイング動画をまとめました!イメージ作りなどの参考にぜひご覧ください。

手首の角度をキープする

手首の角度を維持するには、両手を離した状態で素振りをすると効果があります。普段通りにグリップを握った状態から左右の手を離して持ち直してみてください。その状態でクラブを振っていくと角度が固定して振ることができます。

ドライバーのヘッドを膝くらいまで持ち上げて振っていっても同じような感覚をつかめます。感覚がわかったら同じようなイメージでボールを打っていきましょう。

自分に合ったギア選びは上達のための鍵になります。各メーカーおすすめの1本をご紹介した記事ですのでぜひチェックしてみてください。👉ゴルフドライバーの選び方5つの基本!性能と相性を大解剖

↓ゴルフの基本、グリップについてまとめました。アイアンなどを使う場合にも重要です。ぜひあなたの握り方も確認してみてください!

まとめ

今回はドライバーでダフる原因と動きの特徴について解説しました。ヘッドが手前を叩くのがなかなか直らないと悩んでいる方はチェックしてみてください。いつでも1打目は遠くまで飛ばしたいですよね。爽快なドライバーショットのために練習ドリルもぜひ役立ててください。

シェアする

ファボる (お気に入りへ追加)

この記事を書いたライター

ライター

ゴルファボ編集部

ゴルフの上達法から雑学、業界最新ニュースまでをお届け。ゴルフ好きのあなたが「もっと上達する」情報を提供致します。

新着特集

特集一覧